kaeru.jpg

■ニュース(ソースあり) 一覧

毎日新聞の記事はこちら

 まきを背負って本を読むおなじみの二宮金次郎(尊徳)像。戦前に全国の小学校に建立されたが、老朽化などに伴い各地で撤去が進む。大津市の小学校でも3カ所で破損が見つかったが、「児童の教育方針にそぐわない」との意見もあり、市教委は補修に難色を示す。受難の時代を迎えた金次郎像だが、質素倹約や勤勉の精神を伝えると再評価する動きも一方である。

 大津市立下阪本小では昨夏、玄関前の像が倒れ、撤去した。地元自治連合会が復元を申し出たが、学校側と協議して復元するものの校長室への"隠居"が決まった。教諭の一人は「努力を尊ぶ姿勢は受け継ぎたいが、子どもが働く姿を勧めることはできない」と話す。昨年12月の復元像の除幕式では、卒業生のお年寄りから「子どもたちの前から消えるのは寂しい」と惜しむ声が漏れた。また、長等小では職員室前の戸棚に頭部だけが置かれている。壊れた理由は不明で、補修の予定はないという。

 市教委の調べでは、かつて多くの市立小にあったはずの像も、37校のうち現在残るのは9校。銅像は戦時に供出され、残った石像も70年代のベビーブームに伴う校舎の建て替えで大半が撤去されたらしい。担当者は「戦時教育の名残という指摘や『歩いて本を読むのは危険』という保護者の声もあり、補修に公費を充てるのは難しい」と話す。

 金次郎の生家に隣接する尊徳記念館(神奈川県小田原市)によると、全国的にも同様の傾向は進んでいる。一方で、同市や東京都の小学校では像を再興する動きもある。神奈川県土地家屋調査士会は10年、同県内の公立小約860校を調べ、残存する金次郎像145体を冊子にまとめて紹介。また、小田原市教委は05年、金次郎の遺徳を伝える物語を作り、児童らに配った。

 金次郎の教えが名称の由来となった報徳学園中学・高校(兵庫県西宮市)には7体の石像や銅像がある。今も教えは生徒の教育指針として伝わっており、同学園の城戸直和・報徳教育部長は「理屈より実践を尊ぶ姿勢はいつの時代にも通じる理念だ」と語る。

 尊徳記念館の小林輝夫解説員(76)は「金次郎は賢人の名言集から学び、自分にできることに全力を尽くした。少子高齢化で厳しい社会を背負うことになる今の子どもたちこそ、彼の姿勢に学ぶべきだ」と話している。

皆さんの学校には、二宮金次郎像はありましたか?
私の学校には残念ながらありません。
像がある学校は、伝統が感じられて、うらやましいなと思っていました。

二宮金次郎の本質って何だろう。
本を読み歩く悪い「手本」なのか。
子どもに労働させる悪い「手本」なのか。

子ども会で、「危ないから川遊びをさせない」というのと、底通したものを感じます。

(はっちー)

全国子ども会連合会ホームページの記事を見る

平成23年3月14日より開始いたしました募金状況をご報告いたします。

○平成23年12月20日現在

総募金金額 20,218,532円

 ○第一回送金金額(平成23年9月送金)
岩手県子連・宮城県子連・福島県子連 各200万円
仙台市子連 100万円
青森県子連 50万円
秋田県子連・山形県子連 各10万円
 計 770万円(震災以前に頂いていた国内救援募金が50万円含まれます)

 ○第二回送金金額(平成23年12月送金)
宮城県子連・福島県子連 各200万円
岩手県子連・茨城県子連・千葉県子連 各150万円
仙台市子連 100万円
青森県子連 50万円
山形県子連 20万円
秋田県子連 10万円
 計1,030万円

皆様の温かいご支援、心から感謝申し上げます。

子ども会の善意の輪で、2,000万円もの義捐金が全子連に集まったそうです。
すごい額ですね。
私のところのジュニアリーダーズクラブでも、5月に募金活動を行い、12万円集まったところでした。

東日本大震災で被災した地域の子ども会に送金されたとのこと。
普段お金を使わないように知恵をしぼりがちな子ども会で、どう使うのか思案のしどころでしょうが、有効に活用してもらいたいものです。

先日、気仙沼でジュニアリーダーたちにペープサートを教え、ジュニアリーダーさんたち自身が演じることで、心のケアを図ろうとするNPOについて記事を紹介しましたが(→記事はこちら)、
こういう活動を被災地で集中的に行うのも、いいかもしれないですね。

(はっちー)

新潟日報の記事はこちら

 東日本大震災で福島県から避難している人たちが暮らす上越市大潟区の雇用促進住宅で21日夕、並べたろうそくで文字を浮かび上がらせるイベントが行われた。地元の中高生や避難者らが中庭や通路に置かれた約300本に火をともした。

 慣れない雪国での生活に戸惑う人々を癒やそうと、同区の中高生らでつくる大潟町ジュニアリーダークラブが、昨年末から準備を進めてきた。

 午後4時半すぎに点火されると、中庭に「絆」「きぼう」の文字が浮かび、住民から「きれい」と声が上がった。通路では小さなかまくらの中にろうそくが置かれ、幼児らが珍しそうに見入っていた。

 4人の子どもと避難する南相馬市の女性(37)は「本当にきれいで、子どもの喜ぶ顔が見られて良かった」と頬を緩めた。

ジュニアリーダーが、雪を使ってキャンドルアート。
東日本大震災の避難者の方々が住むところで行う発想が、素晴らしいですね。

記事には写真が掲載されていますが、手作りな感じでとてもきれいです。

こういう地道なことが、大事なんですね。
素晴らしいイベントです。

(はっちー)

RBB TODAYの記事はこちら

 厚生労働省は12月22日、「平成21年度 全国家庭児童調査結果の概要」についてホームページで公開した。

 同調査は、全国の家庭にいる児童とその世帯の状況を把握し、児童福祉行政推進のための基礎資料を得ることを目的として、年周期で実施しているもの。全国の18歳未満の児童(平成21年12月1日現在)のいる世帯のうち、平成21年国民生活基礎調査の対象となった調査単位区から無作為に抽出した360単位区内の18歳未満の児童のいる世帯とその世帯の小学校5年生から18歳未満までの児童を対象としている。集計客体数は、保護者用調査は1,369世帯、児童用調査は1,098人。父母および保護者の状況、18歳未満の子どもたちの状況について、調査員があらかじめ配布した調査票に世帯が自ら記入し、調査員が回収する留置自計方式により実施。

(中略)

 子育てに関する事業等の利用状況をみると、「地域にある」ものは、「放課後児童クラブ」が63.0%でもっとも多く、次いで「つどいの広場や子育て支援センターなど」54.0%、「子ども会育成会」35.9%となっている。「地域にない」ものは、「病児・病後児保育事業」12.3%がもっとも多く、次いで「子育てNPO」10.2%となっている。「利用したことがある」ものでもっとも多いのは、「つどいの広場や子育て支援センターなど」で25.3%、次いで「こども会育成会」22.8%。「利用したことがない」ものでもっとも多いのは、「放課後児童クラブ」で42.4%、次いで「つどいの広場や子育て支援センターなど」で25.9%となっている。

この調査、毎年実施されているものです。
同調査の過去の推移を見ると、子ども会育成会を「利用したことがある」は、平成16年で23.0%。
5年前とそれほど変化がないことが分かります。

平成11年度までさかのぼると、「健全育成地域組織等への加入状況」として、子ども会育成会に「加入している」が26.8%。
この調査の上での子ども会の扱いが変わったのですね。

今、児童福祉の分野は、「子育て支援」という呼ばれ方をすることが多くなってきました。
市役所(福祉事務所)では、「児童福祉課」が「子育て支援課」に変わってきています。
子育てを支援しようと、「子育てサロン」のようなものが増え、多くの父母が利用しています。

そんなカテゴリーに、「子ども会育成会」が位置づけられているのです。
これは、とても興味深いことです。

これまで、子ども会の世界の人たちは、子ども会を子ども目線で捉えがちでした。
「子どもの手による子ども会」を大事にし、どちらかというと教育的視点で子ども会を見つめてきたのではないでしょうか。

それも大事なことなのですが、子ども会にはもう一つの側面があります。
それは、「地域の子どもを持つ親同士のつながりの場」ということです。

この面での子ども会について捉えなおすと、子ども会がもう一度光を浴びるかもしれませんね。

(はっちー)

なかなかうれしいブログの記事を見つけました。

「江東区 大島 子ども会 by FLORA」さんの記事を見る

実は、このO様も、ジュニアリーダーOBさんです。大島地区子ども会連合会会長がM様の時代に、江東JLC会長をなさっていたそうです。

NPO法人夢職人の理事さんも、HPによると、ジュニアリーダー経験者。

ジュニアリーダーとして積んだ経験、いろいろな人との出会いが、人と関わる仕事・地域密着型の仕事に結びついているのかなと想像します。今、ジュニアリーダーとして活動している中高生、青年部の皆さんが、どんな仕事に就くか(就いているか)わからないけれど。でも、さまざまな出会いが、実り多い人生をもたらしますように。出会う、出くわす。素敵な出会いがいっぱいありますように。瑞々しくはつらつとした活躍ぶりを拝見できますように。

実は、TBSテレビの小倉弘子アナも、江東区のジュニアリーダー経験者です。
以前は、TBSホームページに掲載されていました。

それはともかく、この記事、ジュニアリーダーの大事な部分がキラリと光っているな、と感じました。
子ども会を含め、「この活動を通して何が得られるの?」という問いがよく投げかけられます。特に保護者の方から。

物として残るもの、あまりないですね。

せいぜい、みんなで作ったTシャツ。名札。あとは、研修会の資料とか。
レクリエーションゲームで宴会のとき活躍したり、バルーンアートで遊んだり、キャンプやバーベキューで思わぬ力を発揮したり...なんてことはあるかもですが。

そんなとき、
「仲間と、仲間と過ごした経験がかけがえのないものになります。経験が、視野や考え方を広くします。」
なんて答えたりすることがあります。

このブログの筆者さんのような、温かいまなざしでジュニアリーダーを見守ってくださる方がいる。
それが、何より得がたい大切なことなのです。
これからも、ずっとお願いしますね!

(はっちー)

宮崎日日新聞の記事はこちら

 高千穂町子ども会育成連絡協議会(戸高和光会長)のジャンボカルタ大会は15日、町中央公民館であった。子どもたちは保護者と一緒に、オリジナルのジャンボカルタを作って遊んだ。

 かるた作りでは、まず読み札作りから。「り」は「りぼんとちょうちょにているね」などと、子どもたちは五十音すべての読み札の文章を自分たちで考えた。

神話の里で有名な高千穂町。
1からジャンボかるたを作ったそうです。

ジャンボかるた、一度やったことがあります。
埼玉なので、さいたま郷土かるたを拡大したものを使いましたが。
一斉にダッシュして札を取りにいくのは、本当に白熱します。
子ども会の行事として、なかなか面白いですよ。

(はっちー)

内閣府の善行青少年表彰は、毎年多くのジュニアリーダー出身者が受賞しています。
青森県の長谷川健太郎さんもその1人です。

内閣府「善行青少年及び青少年健全育成功労者表彰」の平成20年度受賞者の長谷川さんの紹介に進む

 私の子ども会のジュニアリーダーとしての活動は、平成4年、中学1年生の夏に始まりました。
 その当時、私の実家のある自治会では、夏休みのラジオ体操が、日曜日とお盆を除いて毎朝ありました。中学生になっても続けて顔を出している私に、子ども会のおじさんこと、自治会の子ども会育成部の部長さんが、「せっかくみんな集まるんだから、みんなで何かして遊びたいね。」と声をかけてくださったのが、自治会でのジュニアリーダー活動の始まりでした。
 丁度、地元弘前市子ども会連合会での中学生を対象とした初級リーダー研修に私が参加したことも、チャンスだと考えたのだろうと思います。

 初めてリーダーとして子どもたちの前に立つとき、私は緊張感でいっぱいでした。
 いつも来る子どもの人数は20人ほどで、学年は小学校1年生から6年生まで幅広く、もしかしたら、幼稚園児も来るかもしれません。
 そんな集団に対して、私は2人1組になって手をつなぐゲームを考えました。すると、知らない人同士でも仲良く手をつないで、とても喜んで遊んでいました。
 子どもたちが「明日もまた一緒に遊ぼうね。」と言って手を振って帰っていきましたが、その姿は今でも忘れていません。

 私はこの経験が自分に自信を持つきっかけとなり、これまで子ども会活動を継続し、学んできました。
 もちろん成功したことばかりではありません。
 失敗から学んだり、時には叱られて学んだりもしてきました。
 そして、学んでいく中でできた仲間が全国各地にたくさんでき、お互いに切磋琢磨することでたくさんの人との関わり合いを持つことができました。

そんな中で、ジュニアリーダーを通して教師を志し、現在、青森を離れ、北海道で小学校の教壇に立っている長谷川さん。

大学時代は青森を離れ、徳島の大学に行きながら徳島の子ども会活動に深く関わり、リーダーたちの模範として、育成者に交じり、活動を盛り立ててきました。
さらに、北海道に行っても、赴任先の子ども会に加わり、地域の方々とともに子ども会活動をしてきました。

彼みたいな行動を、どのくらいの人ができるでしょうか。
よく、ジュニアリーダー活動を一生懸命やってきた人が、地元を離れたのをきっかけに子ども会活動から離れてしまうことがあります。
しかし、彼は違います。
彼は、移り住んだ土地の子ども会を自ら探し、見つけ、そこに入り、いつの間にかなじんでしまうのです。
これは、なかなかできることではありません。

そして、彼は、そのつながりを大事にし続けることができます。

「学んでいく中でできた仲間が全国各地にたくさんでき、お互いに切磋琢磨することでたくさんの人との関わり合いを持つことができました。」

とありますが、そんな関わり合いが広く保てるのは、彼の人柄であり、見えない努力のたまものでしょう。
だからこそ、北海道に住みながらも、この賞の推薦を受けたのは、故郷の青森県からなのです。

「彼ほどこの賞にふさわしい人はいない」

ともに切磋琢磨している仲間の一人として、そう感じずにはいられませんでした。

(はっちー)

この記事、ぜひ一読してください。

「気仙沼の子ども会再興・活性化に向けて」(被災地のこどもたちに人形劇を届けよう! ★ いい顔・笑顔 人形劇の会 ★ @ ブログの記事へのリンク)

NPO法人東京児童文化協会が気仙沼市ジュニア・リーダー・クラブ「のあ」(M・J・L・C「のあ」)の活動を支援し、復興させる取組として研修会などを行い、ジュニアリーダーたちによる「クリスマススペシャルシアター」の開催ができた、という記事です。

この法人に関わる方、全子連を知る人ならすぐ分かることでしょう。
そうそうたる面々であります。

被災地のことを思い、行動する私たちの大先輩の姿。
とても胸が熱くなりました。

そんなひげさん(宇田川光雄さん)のレポート、ぜひお読みください。

(はっちー)

「どこ・イルカ」ホームページの記事はこちら

 株式会社ユビキたスは、専用端末を所持した人物(例:児童)をお手持ちのケータイ(例:保護者)で把握する'位置情報システム'と'緊急警報ブザー'を組み合わせた、大切な家族のひ・と・り・歩きを見守る『どこ・イルカ』サービスが、本日2012年1月12日(木)に、社団法人全国子ども会連合会(以下、全国子ども会連合会)の推奨商品として正式に認定(認定番号KSM-W001)されましたので、お知らせ致します。
 昨今、幼い児童たちが犠牲となる痛ましい事件が相次ぎ、その事件の大半が登下校時に起こっております。未成年を狙った犯罪の実に85%が家から半径1キロメートル圏内での発生、また、登下校時・近所での遊戯時の発生は80%という高い率です。
 すぐ近くにいながら起こってしまった悲劇に、情報通信の最新技術をもっと有効的に利用できていれば、未然に防ぐことができたのではないかと悔やまれてなりません。
この様な状況に一石を投じるべく、情報通信の最新技術を最大限に活かした「どこ・イルカ」は企画・開発されました。

「クチコミで売れてます」との触れ込みで売り出しているこの商品。
全子連の推奨商品となったそうです。

今の時代、こういうのも必要なのでしょうね。
携帯電話がなかったころには想像もできなかったサービスが、当たり前になっています。
どこにいるのか分かってしまうのも、子どもには良し悪しでしょうが。

(はっちー)

山陽新聞の記事はこちら

 第38回新春子ども会かるたとり大会(岡山市子ども会育成連絡協議会、岡山後楽ライオンズクラブ、山陽新聞社など主催)が9日、中区桑野の岡山ふれあいセンターで開かれ、児童らが熱戦を繰り広げた。

 市内の子ども会の児童ら約140人が参加。小学4~6年生は3人1組の団体戦で「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」といった格言を集めた「人生訓かるた」を取り合い、小学1~3年生と幼児は「善行いろはかるた」を一対一の個人戦で競った。

 座布団に正座した子どもたちは床に並べられた札を見つめ、読み手の声に集中。上の句が読み上げられると「はいっ」と素早く手を伸ばした。

元の記事のかるたの写真がリアルなこと!
なかなか、札を取っている瞬間の写真は撮るのが難しいのです。

岡山でもかるた大会で熱戦が繰り広げられたそうです。

・札と札がくっついてならべられていること(埼玉だと1cmずつ離しておく)
・旗が青色なこと(埼玉だと赤旗)
・何より、かるたを「飛ばしている」ようであること(埼玉だと怒られる)

なんて、記事の1枚を眺めながら、自分のところと比べてみるのも面白いことです。

「人生訓かるた」とのこと、選手はいくつの「訓」を心に刻んだのでしょうか。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3