kaeru.jpg

■ニュース(ソースあり) 一覧

FNNニュースの記事はこちら

三重・鳥羽市安楽島(あらしま)町を、歩きながら取材する子どもたち。
これは「防災散歩」といい、巨大地震などが起きたとき、町の中で、どこが危ないのか、どう避難すればいいのかを調べながら歩くというもの。
子どもたちは、「これ倒れてきたら、めっちゃ危ない」、「角のところに、矢印みたいな印っていうか、看板を」などと語った。
散歩の後は、その成果を地図に書き込んで「オリジナル防災マップ」を作る。
できあがったマップには、「消火栓が土に埋まってしまっていて、いざというときに早く取り出せない」、「避難路が手入れされていない」など、歩いて見つけた危険ポイントが、写真やシールが使われ細かく記されていた。
町のこども会が活動を始めたのは、9年前。
安楽島子ども会の中村 欣一郎さん(55)は「地震や津波があったときに、子どもたちは、安全な場所へ行くという知恵とか、そういったものが身についているかどうか。自分たちが、そういうことを教えていこうとなった」と語った。
今回の散歩は、津波が起きたとき、どこへ逃げるかを調べながら歩くことにした。
子どもたちは、「津波が来たときに、どこに逃げるか決めていますか?」と尋ねて回った。
すると地域の人たちは、「てんぐ山」、「津波が起こったら、この山の上の、てんぐ山ってところに逃げるよ」などと話していた。
近所の人から聞いた避難場所は、海岸からおよそ100メートル離れた、通称「てんぐ山」(海抜22メートル)。
中村さんは、「向こうの太平洋から津波が来ると、そこの電柱くらいの高さまで波が来て、ずーっと押し寄せてくる。どこまで逃げたらいいか。逃げても逃げても、どんどん上の方まで逃げるっていうのが大事」と子どもたちに話した。
今回は、どんな発見があったのか。
参加した宮浜 涼さん(10)は「結構坂がつらかったけど、面白かった」と話し、尾崎柊斗さん(12)は「てんぐ山への続く道とか知らなくて、ああいう人たちに話を聞いてよかったと思います」と語った。
楽しみながら、みんなで作る「防災マップ」。
その取り組みは、行政を動かした。
海岸沿いで見つけた「ひび」。
老朽化が進む防波堤は、コンクリートで補強された。
「急斜面に手すりがあれば」と書き込んだ「避難路」は、子どもたちが描いた通りに設置された。
子どもたちが歩いて見つけた小さな発見が、命を守る備えにつながっている。
中村さんは「やれば、絶対効果はあるんですよ。普段行ったことのない路地とか、里山とか、地域に関心を持つ。子どもは、大人に関心を持つ。そういう経験者がたくさんいるっていうのが、結局、防災力が高まっているってことだと思うんです」と語った。

地域の防災意識の高さが、子ども会活動にも反映されているようです。
この活動のよさは、地域をよく観察し、普段何気なく通り過ぎているところに新たな発見があるということでしょう。
動画を見ていると、子どもたちと一緒に歩く地域の大人の指導力の高さを感じます。
自分達でやっている感じをちゃんと生み出しながら、適切な子ども達とのかかわりができているなぁと感じました。
(はっちー)

琉球新報の記事はこちら

 復帰後の沖縄で子ども会立ち上げのため県内中を奔走、子どもの健やかな育ちを見守り、県子ども会育成連絡協議会(沖子連)の会長を34年務めた玉寄哲永さん(79)がこのほど、退任した。小さなカンプーを結い、柔和な笑みを絶やさない玉寄さん。子どもが巻き込まれた米兵絡みの事件や「集団自決」(強制集団死)教科書検定問題など、数々の県民大会で実行委員会の要職を担い、怒りを訴えてきた。沖縄戦で空白となった子ども時代を原点に、子どもの生きる力を引き出し、平和な世を手渡そうとしてきた日々は「使命だった」と振り返る。
 那覇市立松島小学校で初代PTA会長を務めた後、1979年5月、4市村で結成した沖子連の会長にと請われ、悩んだ末に引き受けた。説明に1カ月かかった地域もあれば、学習に特化してほしいと難色を示す保護者もいた。「子ども会とは地域で仲間をつくり、地域を知る活動だ。子どもの『できない』を『できそう』に変え、知恵や意欲を出せるよう手伝うのが大人の役目」
 最盛期は県内450地区、3万5千人に手が届きそうだった子ども会だが、共働き家庭が増え、市町村合併が進んだころから減り始め、現在は約300地区、2万人ほどだ。それでも子ども会活動の持つ力を信じる。「学力最下位などと言ってめそめそするが、子どもに必要なのは生きる力の基礎じゃないのか」
 10歳の時、10・10空襲で父が那覇市辻で営んでいた仕出し屋が全焼した。米軍上陸で家族と南へ逃げた。父は日本兵から拳銃を突き付けられ、少ないかゆを奪われた。代わりに手りゅう弾2個が手渡された。砲撃に飛び散って死んだ人たちを見た。数え切れないほどの腐乱死体の上にはハエが群がった。
 保護され、収容所で母から「もう逃げんでいい」と言われたことを忘れない。「初めて先があるような気がした。それが平和の原点。難しい言葉じゃない。人間が生きることを体で悟った」。"地獄"を見た者として、次の世代にこそ「もっと安心できる社会を」と願い、沖縄戦の語り部を続けている。

沖縄県が日本に復帰したのが1972年。
道路の車の通行が、右側通行から左側通行に変わったのが1978年だそうです。
ほどなくできた沖縄県子連の生き字引なのは間違いないでしょう。
おつかれさまでした。

(はっちー)

(琉球新報の記事はこちら)

栄口子ども会の児童5人で結成された「ちゃたん防災レンジャー」が13日、同町栄口公民館広場で開かれた第5回えぐち祭りで初披露された。11月から、しまくとぅばを交えた寸劇などを通して、町内イベントで防災を訴えていく予定だ。防災レンジャーの児童たちは「北谷を災害から守るぞー」と意気込んでいる。
 防災レンジャーは地震、津波、台風、土砂、火災の五つの災害から町民を守るために結成された。それぞれの災害から身を守るために心得ておくべきことを訴える。防災事業に取り組む町と地域が協力して生まれた新ヒーローだ。11月には野国昌春北谷町長から正式に認定証が手渡される予定で、現在はしまくとぅばと寸劇の猛特訓中。保育所や敬老会への行事へ参加し、防災を訴えていく。
 リーダーで地震レンジャーの宮里百香さん(11)=北谷小6年=は「みんなにしっかりと災害時の対応を伝えたい」と笑顔。台風レンジャーの渡久山海人君(9)=北谷第二小3年=は「みんなの命を守るために呼び掛けていきたい」と元気よく話した。
 子どもたちにしまくとぅばを教える島袋艶子自治会長は「お年寄りから子どもまで幅広い世代に防災を訴えるヒーローになってもらいたい」と目を細めた。
 祭りは青年会による勇壮なエイサーやさまざまなアーティストによる演奏が披露され、栄口音頭と来場者全員によるカチャーシーで幕を閉じた。

子ども会で5人組の「防災レンジャー」結成だそうです。
ジュニアリーダーでアイドルを結成した米沢市のAi-Girlsを思い出しました。

町から認定されたあとは、様々なところで活躍するそうです。
今後も、注目ですね。

(はっちー)

中日新聞の記事はこちら

 田原市福江小学校(児童二百三十八人)に五月と九月、地元の子ども会が主催するドッジボール大会の中止を求める文書が送られていた。子ども会は七月に予定した大会は中止した。
 田原市教委から被害届を受け、田原署が威力業務妨害の疑いで調べている。

 関係者によると、脅迫状は、五月分と九月分ともに「子ども会のドッヂを中止しろ。やった時は子どもたちがケガをすることになる」と手書きされ、筆跡も似ていた。
 地元の「福江小学校区連合こども会」は、児童の安全が確保できないなどとして、七月末の大会を中止。近くの六小学校も子ども会の行事を中止した。
 その後、十二月下旬の大会に向けてルールなどの説明会を開くことを保護者らに通知した直後、再び、大会の中止を求める脅迫状が九月に届いた。

 子ども会は、保護者らにアンケートを実施。「脅しに負けるな」など、予定通りの開催を求める声が六割を超えたことなどから、十二月の大会は開催することにしている。

 田原署は、周辺の警備を強化する。

子ども会への脅迫状が小学校に届くあたりが面白いと思いますが、一体誰が、何の目的でこんなことをしているのでしょうね。
しかも2度...。
よっぽどドッヂボール大会が行われると不都合なことがあるのでしょうか。
うーむ、不可解です。

(はっちー)

琉球新報の記事はこちら

 小学生から高校生までの児童生徒が英語、日本語、しまくとぅばでDJを務めるラジオ番組「ラジオこども大学DenDenRadio」が毎週土曜日午後6時、沖縄市にあるコミュニティー放送局「FMコザ」(76・1メガヘルツ、荻野達司社長)で放送され、話題を呼んでいる。三つの言葉でニュースや地域の情報を伝える子どもたちは「多くの人が楽しんでもらえる身近な番組を作りたい」と意気込んでいる。
 DJを務めるのは沖縄市子ども会育成連絡協議会のジュニアリーダークラブの児童生徒たち。高校生3人がメーンパーソナリティーを務める。ニュースは週内で話題になった出来事を英語としまくとぅばで読み上げる。しまくとぅばと英語を使うことによって伝統継承と国際交流を図ることが番組の目的の一つだ。
 赤嶺龍風君(コザ高2年)は「緊張することもあるけど、トークが切れないように気を遣っている」と笑顔を見せる。新屋佑奈さん(北谷高1年)は「自分たちの世代からお年寄りまで、幅広い世代が楽しめるような番組を作っていきたい」と抱負を語った。
 放送をサポートする沖縄市子ども会育成連絡協議会の宮里・モラノ・ジュンさん(23)は「三つの言葉を使うことで多世代、異世代交流ができる。今後は地域で頑張っているお年寄りを招いて、地域活性化にもつなげていきたい」と話した。

同じく読谷村のジュニアリーダーがラジオのDJをしているのは、(このコミセンでは)有名ですが、
沖縄市のジュニアリーダーも、ラジオ番組を始めたそうです。

コミュニティFMがあるからこそ、ではあるけれど、
ジュニアリーダーが番組を持つ、というのはすごいことですね。
しかも、(高校生がDJをするとしても)英語まで披露するというのは...!

FMコザで毎週土曜日午後6時から。
聴ける方はぜひチェックしてみては?
(はっちー)

(紅型雑貨虹亀商店の記事はこちら)


先週末は、私たちの住んでいる吉富の、初めての子ども会の集まりでした。
小学校のすぐ横の部落なのに子どもが少なく、
今まで十数年、子ども会がなかった吉富
うちが引っ越してきた今年度、偶然にも他にも数軒、子どものいるおうちが引っ越してきて
子どもの数が十名を超え、この度めでたく子ども会が誕生することになったんです!

たまたま拝見したブログにうれしいことが書いてありました!

沖縄らしく、ゴーヤの収穫や夕方まで海遊び。
そして、夜は地域の人たちとバーベキュー!

沖縄らしい写真がたくさんあって、盛り上がっている様子がまぶしく見えました。
これからも応援したいです!

(はっちー)

福島民報の記事はこちら

 元県子ども会育成会連合会長の新井田万寿子さん(76)の旭日単光章受章祝賀会は29日、会津若松市の会津若松ワシントンホテルで開かれた。
 約280人が出席した。発起人代表の田沢豊彦市議があいさつし、室井照平市長、戸川稔朗市議会議長、新城猪之吉市教育委員長、菅家一郎衆院議員(衆院本県4区)、渡部譲県議、渋川恵男市観光公社理事長、丸山康昭全国子ども会連合会長が祝辞を述べた。
 新井田さんは「家族や各種団体、行政機関のおかげでやってこられた。子ども会発展のため、今後も協力をお願いしたい」と謝辞を述べた。
 昭和42年から子どもの健やかな成長を見守る活動を続け、現在も市子ども会育成会連絡協義会長を務めている。

おめでとうございます。
新井田さんのように、長い間尽力している方がいるからこそ、今の子ども会があります。
本当に本当に長い間続けてきた努力のたまものですね。
280人も集まることが、その証でしょう。
おめでとうございます!

毎日新聞の記事はこちら

 思考力を養いながら、地域や年齢を越えて子ども同士の交流を図る「第1回但馬地区子ども会オセロ大会」が25日、豊岡市妙楽寺の県立但馬文教府で開かれた。園児から小学6年生までの24人が豊岡、養父、新温泉の3市町から参加し、熱戦を繰り広げた。

 大会は幼児〜小3、小4〜中3の2部で子どもたちが腕前を競った。保護者らが見守る中、白黒が次々に入れ替わるため、集中して盤上を見つめていた。小4〜中3の部で優勝した養父市立八鹿小5年の今井雄紀君は「小学校に入ったころから家族で楽しんでいた。ひらめいたところに置くようにしている」と話した。主催の但馬地区子ども会育成連絡協議会の足田茂樹会長は「ルールは簡単なので来年はさらに盛り上げたい」と話していた。

 各部の上位4人は10月27日の県子ども会60周年記念オセロ大会に出場する。

第1回地区大会ということで、相当オセロが子ども会でもり上がっているのでしょう!
学年を超えた交流には、確かに楽しそうですね。

(はっちー)

山陽新聞の記事はこちら

 備後地方を潤す母なる川に感謝を込めて―。福山市子ども会育成協議会(岡本康成会長)は15日、「第5回芦田川一斉清掃」(山陽新聞社、山陽新聞山陽会、同広島会共催)を行う。市内全78学区、670単位子ども会の児童約1000人と、保護者を含め約2000人が参加を予定。府中市境から河口まで、本流約20キロにわたって河川敷をきれいにする。

 芦田川は福山市民の生活をはじめ、工業、農業を支えてきた。一方で、水質は中国地方の1級河川の中で最下位クラス。2011年に38年連続の最下位から脱したものの、今年8月に中国地方整備局がまとめた12年の調査結果では再びワーストに転落するなど、改善が長年の課題となっている。

 一斉清掃は、午前8時半(同8時受け付け開始)から約1時間実施の予定。神島橋東詰めの南側(同市南本庄)に実施本部を設ける。同市新市地区の芦品橋から河口堰(ぜき)周辺まで計9区間に分かれ、河川敷の缶や瓶、ペットボトルなどを拾って歩く。軽装、帽子、運動靴。軍手は主催者側が用意する。

素晴らしい取組ですね。
この記事を読んで、気になるのは、この記事が「予定」の状態で掲載されていること。
新聞やテレビなどマスコミと、距離感がとても近いんだなぁ~と。

旅行などで関東以外に行って、ニュースを見ると、いつも感じることです。
(はっちー)

朝日新聞の記事はこちら

 山口、島根両県を襲った記録的な豪雨から一夜明けた29日、山口県では、孤立状態で夜を明かしたキャンプ中の小学生や、特別養護老人ホームの入所者らの救出作業が行われた。萩市では行方不明の男性(84)の捜索が続いている。

 救出されたのは山口市阿東嘉年下(かねしも)の十種ケ峰(とくさがみね)青少年自然の家と近くの十種ケ峰ウッドパークで、県教委主催のサマーキャンプに参加した小学生や、子ども会主催のキャンプの参加者ら約200人。キャンプ中に豪雨に見舞われ、泥水がテントに入り込むなどした。28日夜は近くの施設に宿泊していた。

 県によると、山口県知事が陸上自衛隊に救助を要請。午前6時半から約4時間かけて、ヘリコプター2機で、子どもたち121人と保護者ら83人の全員を約6キロ離れた中学校に順次運んだ。体調を崩している子どもはいないという。

 山口市立仁保小5年生の原田彩生(さき)さん(10)はヘリを降りた後、用意されていたおにぎりなどを食べてほっとした様子。「昨日はおなかがすいてなかなか寝られなかった」と話した。

ひとまず、よかった!
NHKなどでは、水没したテントの姿が繰り返しニュースで流れています。

自然の家の判断で、「施設から出ないでいよう」と子どもたちに伝え、難を逃れたそうです。
不安を与えないよう、孤立したことを伝えず、フラフープを使った団結ゲームなどをして過ごしたそうです。

ゲームをしている写真がテレビ(NHK)で流れました。
心をひとつにするゲームが、こんなところで生かされたのは素晴らしいですね。

いずれにしても、忘れられない経験になったことでしょう。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3