kaeru.jpg

■ニュース(ソースあり) 一覧

中国新聞の記事はこちら

 岩国市玖珂町の自然や歴史などを読み上げる玖珂郷土かるた大会が9日、町内のこどもの館で開かれた。市子ども会連合会玖珂支部の主催で、年長から小学6年までの91人が、楽しみながら、ふるさとについて学んだ。

 学年別で3~6人のグループに分かれ、下位の1、2人が抜ける方法を繰り返して競った。参加した子どもたちは、正座して両手を床に置き、勢いよく札を取り合っていた。

 6年の部で優勝した玖珂小の鶴田真弓さん(11)は5回以上連続で3位以内に入り、特別表彰も受賞した。「冬休み中、家で練習した成果が出た。最後の大会で優勝できて、うれしい」と喜んでいた。

 大会は34回目。玖珂郷土かるたは、旧玖珂町教委が町民から句を募って1978年12月に作製した。「歴史に残る玖珂戸籍」など44句を収めている。

各地でかるた大会が行われる季節です。
郷土のことをかるたで知る。
けっこう楽しく、子ども会らしい風物詩と思います。

我が地元の埼玉県では、この季節、かるた一色になりますが、最近、12月に大会がシフトしてきています。
大会までの準備を考慮してのことのようですが、そのせいで、クリスマス会が行われなくなりがちなのが若干気になります。
いずれにしても、子ども達の主体的に参加できるものであればと感じます。

(はっちー)

琉球新報の記事はこちら

波照間島恒例の10キロマラソン会が2日、開催された。このマラソン会は12年前、2家族が正月に波照間島を1周しようと始めた。その後「走ろう会」と名付けられ、大仲孝さん(48)、均さん(48)の双子の兄弟が中心となって続けてきた。3年前からは子供会の行事に位置付けられ、幼児・児童から、帰省中の高校生までの大勢が参加している。
 ことし参加したのは、42人。波照間駐在所のパトカーに先導された参加者は、小中学校校門から一斉にスタート。保育園児や幼稚園児は、自分の走れるところまで走ると伴走している保護者の自家用車に乗せてもらい、ゴール近くで降車し、「頑張ったぞー」と、走り込む姿に応援の父母からは笑みがこぼれた。
 しかし、小学2年生以上の参加者は自力で10キロを完走し、上気した顔で満足感いっぱいにゴールする姿が見られた。

2家族で始めた行事がどんどん大きくなって、子ども会の行事となったそうです。
気象庁ホームページで波照間島のアメダスを見てみると、朝から晩まで22度くらいで安定していることから、さぞかし気持ちよく汗をかいたことでしょう。

(はっちー)

読売新聞の記事はこちら

 愛知県豊田市保健所は26日、市内で18日に開かれた子ども会育成会によるクリスマス会参加者46人が食中毒を起こしたと発表した。

 全員が軽症で、1、2日で回復したという。人や動物の腸内や土壌、下水などにいるウェルシュ菌による集団食中毒で、市保健所に記録が残る1998年以降、確認されたのは初めて。

 発表では、同クリスマス会で、カレーライスを食べた約90人のうち、子ども38人、大人8人が18日夕から20日にかけて腹痛、下痢を訴えた。原因となった食品はカレーだったとしている。

カレーでもこんなことがあるのですね。
食材選びには十分気をつけてください。

(はっちー)

朝日新聞の記事はこちら

 県内の子ども会の運営を援助する社団法人県子ども会育成連合会(仙台市宮城野区、菅原芳郎会長)の元事務局長の女性(42)が、同会の預金約1685万円を着服していたことが31日、わかった。同会は女性を業務上横領の疑いで刑事告訴する方針。

 同会などによると、同会は、県内の2300余りの子ども会に所属する子どもや大人数万人から会費などとして年間1人170円を集め、活動する団体。

 女性は2006年度から昨年度まで、計48回にわたってこれら会費などを預金していた口座から勝手に払い戻しを繰り返していた。払い戻した分を入金し直したり、別の口座から穴埋めしたりすることもあった。

 通帳や印鑑はもともと会長が管理していたが、女性が00年に就職すると、数年後から、会長から管理を1人で任されるようになった。毎年度末の監査の際には、パソコンで口座の残高証明を偽造したり「貸金庫に預けているので通帳が手元にない」と言ったりし、発覚しなかったという。

 今年2月に、女性が会長に着服の事実を話して発覚。女性は「生活費や子どもの進学費用、商売をやっている友人男性に貸すために使った」と着服を認めているという。

 同会では、調査が終わった8月に女性を懲戒解雇し、8月30日に臨時総会を開いて各子ども会に事情を説明した。今後、着服分について女性を相手取って損害賠償請求の訴えを起こし、刑事告訴もする方針。

 同会の中鉢義徳副会長は取材に対し、「子どもの健全な育成を図る会の中での不祥事で、申し開きができない。通帳などの管理体制の見直しなど再発防止に努めていく」と話した。

絶対にあってはならない事件が起こりました。
1人1人は少額ながらも、全県の子ども会からたくさんのお金を集めて運営しています。
もう一度、運営側の方々は、お金について細心の注意を払いたいものです。

(はっちー)

読売新聞の記事はこちら


 茨木市は16日、市青少年野外活動センターで9~12日に行った「ジュニアリーダー研修会」に参加した小学6年生35人が、発熱や腹痛などの症状を発症したと発表した。原因は分かっておらず、市は16日から同センターを閉所し、調査している。

 発表によると、研修会には115人が参加。3泊4日の日程で、食事作りやキャンプファイアなどを実施した。35人とも研修会後に体調不良を訴えているが、症状から食中毒の可能性は低いという。このうち女児1人は15日に入院、現在は快方に向かっている。

大変気になるニュースが飛び込んできました。
食中毒の可能性は低いとのことで、原因が気になります。

夏の活動が盛んな時期ですが、猛暑が続いていますから、特に食材の管理などには細心の注意を払いましょう。

(はっちー)

RBB TODAYの記事はこちら

 ウェザーニューズは14日、7月~9月の「ゲリラ雷雨傾向」を発表した。それによれば今年は昨年よりもゲリラ雷雨が発生しやすい状況にあり、特に8月下旬には全国的にゲリラ雷雨が多くなると予測している。

 7月~9月のゲリラ雷雨の発生回数に関して、予想される回数が最も多い都道府県(東京都および政令指定都市のある都道府県のみ算出)は、兵庫県の約300回。一方最も少ない地域は神奈川県の約110回だった。同社は、今年のゲリラ雷雨は昨年に比べ3割以上多くなると予測しており、特に7月下旬と8月下旬に雷雨の発生が多くなる可能性があるという。

 また被災地周辺(東北太平洋側)では、7月下旬がゲリラ雷雨のピークとなり、8月下旬に再び発生回数が多くなる見込みだという。沿岸地域では地盤沈下が大きく、浸水や冠水の恐れがあるとして、注意を呼び掛けている。

夏に野外活動を行うところには、嫌なニュースが飛び込んできました。
ゲリラ豪雨が昨年の3割増!?

7月下旬と8月下旬が特に多いそうですから、対策を万全にしておきましょう。
ひとまず、台風が気になりますね。。。

(はっちー)

タウンニュースの記事はこちら

 7月の各町内会・自治会等の夏祭りは以下の通り。

 16日(土)、田端町内会。田端ふれあい広場で17時〜、盆踊り19時〜。(問)【携帯電話】090・2309・0621

 17日(日)、相原仲町会。仲町こども広場及びあいさつ通り歩行者天国で13時〜開祭式、14時〜模擬店・ステージ開始、19時〜盆踊り。

 23日(土)、上馬場町内会・下馬場町内会。下馬場広場で18時〜。合同盆踊り、子ども会のゲームなど。(問)【電話】042・797・3085

 30日(土)、中村町内会。小山中村広場で正午〜みこし祭り、18時〜盆踊り。(問)【電話】042・797・2635

 30日(土)、中里橋自治会。中里橋自治会公園で17時半〜。ひかりの子保育園夏祭りと合同で盆踊りや花火、ビンゴなど。(問)【電話】090・2430・2485

 30日(土)、御嶽堂町内会。札次神社で祭礼。(問)【電話】042・797・3939

いよいよ夏。夏祭りの季節です。
こうやって夏祭りの一覧表がまとまっているニュースを見るのも面白いですね。
お近くの皆さん、足を運んでみてはいかがでしょうか。

(はっちー)

先日、全子連のサイトにジュニアリーダーのサイトが開設されました。

http://www.kodomo-kai.or.jp/JL/


かっこよくて、優しい子ども会のお兄さんお姉さん・・・

ジュニア・リーダーのがんばりは、子ども会活動をより魅力的なものにグレードアップしてくれますね。

このサイトは、子ども会活動の中でも特にジュニア・リーダーについての情報を掲載していくために準備しました。

少しずつですが、こまめに更新していきたいと思いますので、皆様よろしくお願いします。


一番最初のエントリーでは、このように書かれています。

これからどんな情報が発信されるか、楽しみですね。

----------

さて、このサイトで、今年夏の
『全国子ども会ジュニア・リーダー研究集会』
の青年リーダーを募集しています。

当サイトの管理人であるはっちーとあにぃも、かつて大会で青年リーダーをつとめたことがあります。

事前準備を含めてJL達よりも一泊多い5泊6日拘束されますし、時には入浴・食事・睡眠の時間を削らなければならないこともあるとてもハードな仕事ですが、とてもやりがいのある仕事で、貴重な経験です。

締め切りは6月28日(火)と差し迫っていますが、全国から集まったJL達と熱い五日間をともに過ごしながらも、JL達が一つでも多くの『物』をもって帰ることができるように表に影に動き回るのが、大会の青年リーダーの仕事です。

もし、興味と時間が許す方は、ぜひやってみてください。

詳しくはこちら

(あにぃ)

沖縄タイムスの記事はこちら

 慰霊の日の関連行事として、企画展「与那原の沖縄戦~語り継ごう与那原の平和」(主催・町教育委員会)が与那原町コミュニティーセンターで始まっている。30日まで。このほど発刊された町史戦時記録編をベースに、会場には約120点の当時の写真や資料、新聞記事などを展示。訪れた人が熱心に見入り、足元の沖縄戦の実相に触れた。

 会場は、戦時記録編の章ごとにブース分け。戦前、終戦直後の与那原の航空写真や1941年に建設され中城湾臨時要塞(ようさい)司令部前で撮影された記念写真、新聞記事などの資料を豊富に展示。与那原の沖縄戦以前の「軍都」化から戦後復興までをたどる。

 今回のために3人の体験者から新たに聞き取りした映像も放映。併せて町ジュニアリーダーが、参加型の催しを実施。来場者に会場入り口の広場で、折り鶴を折ってもらってつるしたり、「平和祈念」と書いた文字の形に張ったりして、楽しみつつ平和を表現している。

平和展でジュニアリーダーが参加型イベント。
場所に応じて、いろいろなことができるのも、ジュニアリーダーらしいですね。

(はっちー)

北海民友新聞の記事はこちら

 前日のゲリラ豪雨から一転、気持ちよい青空に恵まれた11日、第17回もんべつしこどもまつりがオホーツク森林公園(緑町5)で開かれた。多彩なゲームやステージショーなどが繰り広げられ、会場は延べ約1千人の小学生や親子連れらで賑わった。
 早朝に鳴るはずだった花火が打ち上がらず、市の広報車で開催を知らせるという異例のハプニングで始まった、今年のこどもまつり。開会式では紋別市青少年健全育成推進委員協議会(育成協)の今正一会長が「17年間、多くの子どもたちが参加しています。これからも続けられるよう頑張りたい」と挨拶し、市教育委員会の西田修次教育長は「今日は楽しんでいってください」と呼びかけた。
 例年通り宝探しやクイズ大会などのイベントが企画され、大盛況。また、わたあめやポップコーンの屋台にも長い行列ができていた。正午になると、昼食にジンギスカンと豚汁約1千人分が振る舞われ、来場者らは舌鼓を打っていた。
 紋別市こども会ジュニア・シニアリーダークラブ結成20年目にして初めての男子部長に抜擢された、横山秀人君(紋高2年)は「今年からクラブに入った子に教えるのが大変でしたが、今日は大成功です」と笑顔を見せ、「部長として最後の1年を精一杯やりたい」と抱負を語っていた。

ジュニアリーダーに女性が多いというのは全国的な傾向なのでしょうか。
埼玉でも確かにそういう傾向があります。
皆さんのところでは、いかがでしょうか。

そして、大学生になっても長く続けるようなリーダーは、男性のほうが多いというのも、筆者の経験則だったりします。

思いっきり記事の内容から脱線してしまいましたが(爆)、
この記事には、楽しそうに遊ぶ子ども達の写真があります。
紋別のジュニアリーダーさんは、今年も子ども達の笑顔に囲まれているようですね!

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3