kaeru.jpg

HP・ブログなど 一覧

「どこ・イルカ」ホームページの記事はこちら

 株式会社ユビキたスは、専用端末を所持した人物(例:児童)をお手持ちのケータイ(例:保護者)で把握する'位置情報システム'と'緊急警報ブザー'を組み合わせた、大切な家族のひ・と・り・歩きを見守る『どこ・イルカ』サービスが、本日2012年1月12日(木)に、社団法人全国子ども会連合会(以下、全国子ども会連合会)の推奨商品として正式に認定(認定番号KSM-W001)されましたので、お知らせ致します。
 昨今、幼い児童たちが犠牲となる痛ましい事件が相次ぎ、その事件の大半が登下校時に起こっております。未成年を狙った犯罪の実に85%が家から半径1キロメートル圏内での発生、また、登下校時・近所での遊戯時の発生は80%という高い率です。
 すぐ近くにいながら起こってしまった悲劇に、情報通信の最新技術をもっと有効的に利用できていれば、未然に防ぐことができたのではないかと悔やまれてなりません。
この様な状況に一石を投じるべく、情報通信の最新技術を最大限に活かした「どこ・イルカ」は企画・開発されました。

「クチコミで売れてます」との触れ込みで売り出しているこの商品。
全子連の推奨商品となったそうです。

今の時代、こういうのも必要なのでしょうね。
携帯電話がなかったころには想像もできなかったサービスが、当たり前になっています。
どこにいるのか分かってしまうのも、子どもには良し悪しでしょうが。

(はっちー)

先日、全子連のサイトにジュニアリーダーのサイトが開設されました。

http://www.kodomo-kai.or.jp/JL/


かっこよくて、優しい子ども会のお兄さんお姉さん・・・

ジュニア・リーダーのがんばりは、子ども会活動をより魅力的なものにグレードアップしてくれますね。

このサイトは、子ども会活動の中でも特にジュニア・リーダーについての情報を掲載していくために準備しました。

少しずつですが、こまめに更新していきたいと思いますので、皆様よろしくお願いします。


一番最初のエントリーでは、このように書かれています。

これからどんな情報が発信されるか、楽しみですね。

----------

さて、このサイトで、今年夏の
『全国子ども会ジュニア・リーダー研究集会』
の青年リーダーを募集しています。

当サイトの管理人であるはっちーとあにぃも、かつて大会で青年リーダーをつとめたことがあります。

事前準備を含めてJL達よりも一泊多い5泊6日拘束されますし、時には入浴・食事・睡眠の時間を削らなければならないこともあるとてもハードな仕事ですが、とてもやりがいのある仕事で、貴重な経験です。

締め切りは6月28日(火)と差し迫っていますが、全国から集まったJL達と熱い五日間をともに過ごしながらも、JL達が一つでも多くの『物』をもって帰ることができるように表に影に動き回るのが、大会の青年リーダーの仕事です。

もし、興味と時間が許す方は、ぜひやってみてください。

詳しくはこちら

(あにぃ)

全子連ニュース臨時号はこちら

あの大地震から一ヶ月。岩手、宮城と震災の被害の大きい地域を見て回りました。テレビやインターネット、新聞等のメディアで被害の状況は知っておりましたが、いざその被害を目の当たりにすると言葉が出なくなりました。
家が崩れ瓦礫の山となり、海岸の船が陸地に乗り上げ、道路はひび割れて車を走らせるのも一苦労な状況。そこで生活していた人のありとあらゆるものが壊されている状況は何とも言葉に表せません。一ヶ月たった今でも、被災者の方々は大変な生活を過ごされていました。
現地の子ども会役員の方々や地域の方々のお話を色々お伺いしました。同じ小学校内でも被災した子どもとそうでない子どもがいること。生活の立て直しの目途が全く立たず、子ども会活動の再開も難しい事。ジュニア・リーダーのお兄さんお姉さんとのふれあいが、子どもたちの心の安らぎに繋がっている事。被災地の現状を聴き、10年単位の長いスパンで物心共に支援していくことが大切であると、改めて感じました。
全国の皆様からの救援募金も沢山集まっています。心から感謝申し上げます。また、ジュニア・リーダー達が駅前に立ち、被災地の子ども会の仲間の為に募金活動を行ったという話も聞きました。助け合い、思いやりの心を子ども会で育んできた子どもたちの善意が、行動として表れています。大変嬉しくありがたい事です。
皆様からお預かりした救援募金は、被災地の県市子連を通じて復興支援の為の義捐金として、子どもたちの心のケアの為の費用として活用させて頂く予定です。引き続きご協力をお願い申し上げます。
最後に、宮古市の鍬ヶ崎小学校をはじめとして、被災各地で遊びまわる子どもたちの姿を見かけました。このような状況の中でも、元気に仲良く遊ぶ光景は忘れられません。どんなに大きな被害にあおうとも、彼らの目は明日を向いています。この子どもたちに自分は、自分たちは何ができるのか。改めて考えさせられました。
今後とも全国子ども会連合会は全力で今回の震災に取り組み、被災した方々の為、子どもたちの為に活動を展開していきます。

全子連の熱い思いが十分に伝わってくる内容です。
臨時号を出し、その全てを震災の記事にした全子連の気構えも素晴らしい。

ジュニアリーダーの皆さんの募金活動なども、しっかり全子連の耳に伝わっています。
子ども会関係者一人ひとりが、地道なところから、できることをがんばっていきましょう。

(はっちー)

全子連ホームページはこちら

皆様のご意見・ご提言をお寄せください
この度の大震災で被害にあわれた方へ子ども会として何ができるでしょうか。また、子どもたちへ何ができるでしょうか。
個人として、団体として、様々なことが考えられます。
全国子ども会連合会として、子ども会として被災者の為にできること、しなければならないことなど皆様のご意見・ご提言をお寄せください。今後の復興支援活動への参考にさせていただきます。

「全子連ニュース」65号で、こんなことが掲載されていました。
ぜひ、たくさんのご意見を全子連にお寄せください。

info@kodomo-kai.or.jp

(はっちー)

全子連ニュースによると、全国各地の中学生・高校生のジュニアリーダーが集う「全国子ども会中央大会(平成23年度全国子ども会ジュニア・リーダー研究集会)」について、

平成23年は7月27日(水)~31日(日)に、
静岡県の「中央青少年交流の家」で行われることとなったそうです。

全子連ホームページはこちら

2年ぶりに静岡に戻るということで、富士山のもとにジュニアリーダーが熱い5日間を過ごすこととなるのでしょう。

なお、大人の大会である「全国子ども会育成中央会議・研究大会」の会場は、4月現在ではまだ未定とのことです。

(はっちー)

あそびうたステージ報告のブログ記事はこちら

子どもの笑顔元気プロジェクトで南三陸町・歌津地区の子どもたち80名と遊んできました。コンサート&支援物資を届けてきました。ここ南三陸に来たのは、昨日はアグネスチャン、今日はアキラチャン(笑)
企画してくれた教育委員会いしゃりクン(石澤クン)&保育所のセンセイ方ありがとう!集まってくれたママたちやジュニアリーダーほのかちゃん&ヒデトくんにも勇気づけられたよ。
南三陸町のみなさん、あそんでくれてありがとうございました。
河北新報、神戸新聞、日本経済新聞、NHK長野、東北放送ラジオ、TBSの方々が取材に来てくれました。

宮城県を中心に活躍する「あきらちゃん&ラーメンちゃん、あきらちゃん&リカちゃん」という方々が、精力的にコンサートをしながら子ども達と遊んでいます。
以前から、三陸地方にも精力的に活躍し、ジュニアリーダーたちとの交流をよくブログで記事にしていたので、よく見ていました。

この記事では、子ども達のまぶしい笑顔をたくさん見ることができます。
今後もこうした活動、がんばってくださいね!

(はっちー)

(ツイッターから)

#kodomokai RT @maggyshinji: 気仙沼でマジックショー二回目(^ ^) http://p.twipple.jp/QmD6V

今(4月7日23時ごろ)大きな地震がありました。
皆さん大丈夫ですか?

マギー審司さんが、気仙沼でマジックショーをしているそうです。
地震が起きた現在もいらっしゃるようで、「大丈夫なう。」なんてツイートもしています。

マギー審司さんは、宮城県気仙沼市出身の元ジュニアリーダーです。
以前にも記事にしました...こちら
ツイートの中で写真も紹介していますが、その様子はジュニアリーダー活動そのもの。

ジュニアリーダーの先輩は、気仙沼で今、がんばっています。

(はっちー)

平成22年11月に内閣府が行った「社会貢献青少年表彰」で、個人表彰者3名のうち、2名がジュニアリーダーだったそうです。
そのうち、今日は静岡県静岡市清水区の「清水リーダース倶楽部」で活動する中川さんの記事を紹介します。

内閣府の記事はこちら

 小学生の頃、ジュニアリーダーの存在を知り、彼らの姿に魅了されたことがきっかけで、清水リーダース倶楽部に入りました。
その中で、今も尊敬している4人の先輩に出会いました。彼らは当時高校生リーダーとして活動していて、何歳も違わないのに、自然と子どもたちを惹き付けていました。その姿を見て、いつしか彼らを目指すようになりました。

 シニアリーダーになった時、当時大勢いたシニアが引退し、彼ら4人のみとなっていました。彼らは不安だったと言っていました。しかし、私には彼らと同じ立場で活動できることは、嬉しいことでした。
 シニアとして初めての研修会。私は自分の力のなさに彼らの前で泣きました。彼らは静かに話を聞いてくれ、個々にアドバイスをしてくれました。くやしさを持てるくらい、成長したという証拠だと、言ってもらえたことは私にとっての一つの転機です。

 それからの私は、彼らに追いつく事と同時に、自分のカラーを出す事を目標にしてきました。
 シニアになって9年が過ぎようとしています。今では、私「なかちか」らしさが出せるようになりましたが、まだまだ彼らに追いつけてはいません。
 彼らの背中に手が届くところまではもう少しかかりますが、自分らしい「やさしいけど厳しい」シニアリーダーとして、これからも活動したいと思います。

 今、私たちには頼りになるシニアの後輩や、ジュニアの後輩がいます。
 私が4人の先輩から学んだ知識、技術などを、彼らのように一つでも多く後輩に伝え、子どもたちにとっての頼りになるお兄さん、お姉さんを育成したいと思っています。

受け継がれていく熱い想い。
リーダー活動って、人生そのものなのですね。

(はっちー)

多くの子ども会やジュニアリーダークラブが応募している独立行政法人国立青少年教育振興機構の「子どもゆめ基金」では、平成23年度の交付内定を公表しました。

交付内定一覧を見る

ざっと確認できるだけで、こんな団体が内定を受けました。
各地で充実した活動ができるといいですね。

なお、金額等は子どもゆめ基金ホームページをご覧ください。


■北海道
(体験活動)
・歌志内市子ども会育成者連絡協議会  自分に挑戦!チャリでサマーキャンプ
・南幌町子ども会育成連絡協議会  南幌町夏休み自然体験活動2011
・社団法人 北海道子ども会育成連合会  レクレーション指導者スキルアップ研修会
(読書活動)
・歌志内市子ども会育成者連絡協議会 親子で楽しむ「おはなし会」

■東北
(体験活動)
・青森市小柳浜館地区子ども会  子ども会合同夏キャンプ 2011
・十和田市子ども会育成連合会  アドベンチャーキャンプ2011
・岩手県子ども会育成連合会 岩手県ジュニアリーダー研究集会2011
・石巻市子ども会育成会石巻支部 東松島サマーキャンプ2011
・石巻市子ども会育成会石巻支部 2011まんがのまち人・自然・ふれあい交流活動
・仙台市子ども会育成会連合会 巨大紙相撲大会「どんどこ!仙台冬場所」
・中山町子ども会育成会 朝日自然の家宿泊研修会
・天童市子ども会育成連合会 天童市子ども会安全雪灯ろうまつり
・東根市子どもクラブ育成連絡協議会 東根市ジュニアリーダー養成講座
・山形県子ども会育成連合会 平成23年度 東北地区子ども会育成研究協議会山形大会
(読書活動)
・川崎町子ども会育成会連合会 川の楽校 ー読書体験活動ー

■関東
(体験活動)
・筑西市子ども会育成連合会関城支部 まほろば クエスト 2011
・足利市青少年育成会連絡協議会 体験・発見!ガキ大将養成講座2011
・大谷地区子供会育成会連絡協議会 わくわくキッズキャンプ
・小山市子ども会育成会連合会 次世代リーダー養成研修会
・小山市子ども会育成会連合会 2011チャレンジキャンプ
・小山市子ども会育成会連合会 おやま子ども育成フォーラム
・小山市子ども会育成会連合会 おやま子どもフェスティバル
・小山市子ども会育成会連合会 おやま高校生フォーラム
・小山市子ども会育成会連合会 指導者・育成者養成講座
・小山市シニアリーダースクラブ 子ども自然体験活動「レインボーキャンプ2011」
・小山市シニアリーダースクラブ 子ども交流体験活動「ドリームキャンプ2011」
・さくら市子ども会連合会 2011自然村ワクワク体験キャンプ 4
・川田地区青少年育成連絡協議会 川田地区子ども会キャンプ大会
・千代田町子ども会育成会連絡協議会 第30回千代田町子ども会キャンプ
・越谷市子ども会育成連絡協議会 わくわくサマーキャンプ2011
・毛呂山町子ども会育成会連絡協議会 海の子体験クラブ2011
・勝浦市子ども会育成連合会 勝浦市子連リーダースキャンプ
・習志野市子ども会育成会連絡協議会 2011年 夏習子連富士吉田キャンプ
・葛飾区青年リーダー会 ぼくらの畑日記
・葛飾区青年リーダー会 わいわいキャンプ
・葛飾区青年リーダー会 葛飾区のスタンプラリーを作ろう!
・葛飾区青年リーダー会 遊戯道場
・葛飾区青年リーダー会 ジュニアまつり
・葛飾区青年リーダー会 鴨川シーワールドで1日飼育員!
・社団法人 全国子ども会連合会 集団遊び普及活動「ドリームキッズアドベンチャー」
・社団法人 全国子ども会連合会 安全教育指導者養成講習会
・清川村子ども会連絡協議会 1年生歓迎会
(読書活動)
・社団法人 全国子ども会連合会 読み聞かせ普及推進活動「全国読み聞かせリレーション」
・府中市子ども会連合会 絵本と遊ぼう!子どもおはなし会

■中部
(体験活動)
・西中学区すこやかな子どもを育てる会 フレンドリーキャンプ2011 ―中1ギャップ解消を目指して―
・関東甲信越静地区子ども会育成連絡協議会 地域の子どもたちの活動を支援する中・高校生の交流・研修会
・関東甲信越静地区子ども会育成連絡協議会 子どもたちの安全能力を高める活動を推進する指導者養成講習会
・金沢大学子ども会サークルつみき つみきキャンプ2011 国立能登青少年交流の家プログラム H22-1
・山中温泉区子ども会育成委員会 自然体験の夏2011
・王滝村子ども育成会 平成23年度 夏休みこども自然体験塾
・野沢温泉村子ども会育成連絡協議会 体験活動地域指導者研修
・野沢温泉村子ども会育成連絡協議会 サマーチャレンジ2011
・野沢温泉村子ども会育成連絡協議会 オータムチャレンジ2011
・南木曽町青少年育成連絡会 地域をつなぐ伝統芸能体験活動

■近畿
(体験活動)
・亀山市青少年育成市民会議 サマーキャンプ2011
・大津市子ども会育成連合会 大津市子ども会ジュニアリーダー研修会「WAKASA2011」
・滋賀県子ども会連合会 遊びの宝島へ GO!
・日野町子ども会指導者連絡協議会 アドベンチャーキャンプ2011in能登(事前研修・キャンプ・再会のつどい)
・三上学区青少年育成会議 第8回みかみっ子キャンプ
・綾部市青少年育成連絡協議会 君尾山夏の大ジャンボリー
・熊取子ども地域活動実行委員会 子ども地域活動事業 遊びの学校―つくろう、あそぼう、体験しよう―(1)紙芝居作り
・泉南中学校区地域子育て会 出会い ふれ愛 つながろう
・大工町子供会 サマーキャンプ2011
・太子町子ども地域活動促進委員会 太子町子ども地域活動促進事業
・長野中学校区青少年健全育成会 '11 サマーキャンプin滝畑(みんなで力を合わせて!)
・阪南市こども会育成連絡協議会 ジュニア・シニア・リーダー育成事業
・旭区子ども会育成連合協議会 農業体験教室
・財団法人 大阪府こども会育成連合会 大阪府国際こども交流会(招聘)
・なにわ子ども育成会 親子で体験!雪あそび!
・なにわ子ども育成会 スズ鉱山と清流と自然の中で学ぼう!遊ぼう!
・東播磨地区子ども会連絡協議会 第15回東播磨地区子ども会議
・神戸市子ども会連合会 里山体験
・神戸市子ども会連合会 子どもフェスティバル―遊び体験子ども会デー―
・斑鳩町子ども会連絡協議会 キャンプ だ ホイ 2011

■中国四国
(体験活動)
・江津市子ども会連合会 江津市子ども会連合会主催 サマーキャンプ
・豊田地区子ども会連合会 豊田町子ども会交歓会2011(サマ―キャンプ)
・萩市子ども会育成連合会 萩市子ども会インリーダー研修会
・阿南市子ども会連合会 夏休みキャンプ体験活動2011

■九州
(体験活動)
・宇土市子ども会連絡協議会 子どもゆめ体験in阿蘇 ―草原物語2―
・熊本県子ども会連合会 子どもの海洋体験 ―海を知ろう 感じよう アクティブあまくさ―
・鹿児島シニアリーダークラブ「とまと」 ジュニアリーダー交流会 野祭・森
・さつま町子ども会育成連絡協議会 親子科学☆実験隊 81,000
・さつま町子ども会育成連絡協議会 さつま町子ども会リーダー研修会

(はっちー)

北名古屋ジュニアリーダークラブホームページの記事はこちら

そこで私たちに何かできることはないか・・・
考えた結果
私たち北名古屋ジュニアリーダークラブでは、東日本大震災義援金募金活動をします。

~東日本大震災 義援金募金のお知らせ~
日時:3月19日(土) 10:00~13:00
場所:名鉄犬山線西春駅東出口 タクシー乗り場・バスロータリー付近

皆様のご協力お願いいたします。

愛知県の北名古屋ジュニアリーダークラブの仲間たちが、東日本大震災の被災者に何かできないかと考え、先週、募金活動を行ったそうです。
集まったお金は、3月22日に、市の社会福祉協議会に届けてきたとのこと。

何かできないかと、考えるジュニアリーダーさんはたくさんいると思います。
それを、こういう形で実践したこと、本当に素晴らしいです。

もし、こうした何かをしているジュニアリーダークラブや子ども会があれば、教えてくださいね。

※なお、被災地にボランティアに行きたい人はたくさんいると思いますが、被災地の受入態勢が整っていない今の段階では、何もできず、被災地の食料や燃料を使わせてしまうだけになることがあります。
被災地から遠い方々は、まず、こういうできることからはじめるのが一番いいと思いますよ。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3