kaeru.jpg

新聞・ニュース 一覧

中日新聞の記事はこちら

 田原市福江小学校(児童二百三十八人)に五月と九月、地元の子ども会が主催するドッジボール大会の中止を求める文書が送られていた。子ども会は七月に予定した大会は中止した。
 田原市教委から被害届を受け、田原署が威力業務妨害の疑いで調べている。

 関係者によると、脅迫状は、五月分と九月分ともに「子ども会のドッヂを中止しろ。やった時は子どもたちがケガをすることになる」と手書きされ、筆跡も似ていた。
 地元の「福江小学校区連合こども会」は、児童の安全が確保できないなどとして、七月末の大会を中止。近くの六小学校も子ども会の行事を中止した。
 その後、十二月下旬の大会に向けてルールなどの説明会を開くことを保護者らに通知した直後、再び、大会の中止を求める脅迫状が九月に届いた。

 子ども会は、保護者らにアンケートを実施。「脅しに負けるな」など、予定通りの開催を求める声が六割を超えたことなどから、十二月の大会は開催することにしている。

 田原署は、周辺の警備を強化する。

子ども会への脅迫状が小学校に届くあたりが面白いと思いますが、一体誰が、何の目的でこんなことをしているのでしょうね。
しかも2度...。
よっぽどドッヂボール大会が行われると不都合なことがあるのでしょうか。
うーむ、不可解です。

(はっちー)

琉球新報の記事はこちら

 小学生から高校生までの児童生徒が英語、日本語、しまくとぅばでDJを務めるラジオ番組「ラジオこども大学DenDenRadio」が毎週土曜日午後6時、沖縄市にあるコミュニティー放送局「FMコザ」(76・1メガヘルツ、荻野達司社長)で放送され、話題を呼んでいる。三つの言葉でニュースや地域の情報を伝える子どもたちは「多くの人が楽しんでもらえる身近な番組を作りたい」と意気込んでいる。
 DJを務めるのは沖縄市子ども会育成連絡協議会のジュニアリーダークラブの児童生徒たち。高校生3人がメーンパーソナリティーを務める。ニュースは週内で話題になった出来事を英語としまくとぅばで読み上げる。しまくとぅばと英語を使うことによって伝統継承と国際交流を図ることが番組の目的の一つだ。
 赤嶺龍風君(コザ高2年)は「緊張することもあるけど、トークが切れないように気を遣っている」と笑顔を見せる。新屋佑奈さん(北谷高1年)は「自分たちの世代からお年寄りまで、幅広い世代が楽しめるような番組を作っていきたい」と抱負を語った。
 放送をサポートする沖縄市子ども会育成連絡協議会の宮里・モラノ・ジュンさん(23)は「三つの言葉を使うことで多世代、異世代交流ができる。今後は地域で頑張っているお年寄りを招いて、地域活性化にもつなげていきたい」と話した。

同じく読谷村のジュニアリーダーがラジオのDJをしているのは、(このコミセンでは)有名ですが、
沖縄市のジュニアリーダーも、ラジオ番組を始めたそうです。

コミュニティFMがあるからこそ、ではあるけれど、
ジュニアリーダーが番組を持つ、というのはすごいことですね。
しかも、(高校生がDJをするとしても)英語まで披露するというのは...!

FMコザで毎週土曜日午後6時から。
聴ける方はぜひチェックしてみては?
(はっちー)

福島民報の記事はこちら

 元県子ども会育成会連合会長の新井田万寿子さん(76)の旭日単光章受章祝賀会は29日、会津若松市の会津若松ワシントンホテルで開かれた。
 約280人が出席した。発起人代表の田沢豊彦市議があいさつし、室井照平市長、戸川稔朗市議会議長、新城猪之吉市教育委員長、菅家一郎衆院議員(衆院本県4区)、渡部譲県議、渋川恵男市観光公社理事長、丸山康昭全国子ども会連合会長が祝辞を述べた。
 新井田さんは「家族や各種団体、行政機関のおかげでやってこられた。子ども会発展のため、今後も協力をお願いしたい」と謝辞を述べた。
 昭和42年から子どもの健やかな成長を見守る活動を続け、現在も市子ども会育成会連絡協義会長を務めている。

おめでとうございます。
新井田さんのように、長い間尽力している方がいるからこそ、今の子ども会があります。
本当に本当に長い間続けてきた努力のたまものですね。
280人も集まることが、その証でしょう。
おめでとうございます!

毎日新聞の記事はこちら

 思考力を養いながら、地域や年齢を越えて子ども同士の交流を図る「第1回但馬地区子ども会オセロ大会」が25日、豊岡市妙楽寺の県立但馬文教府で開かれた。園児から小学6年生までの24人が豊岡、養父、新温泉の3市町から参加し、熱戦を繰り広げた。

 大会は幼児〜小3、小4〜中3の2部で子どもたちが腕前を競った。保護者らが見守る中、白黒が次々に入れ替わるため、集中して盤上を見つめていた。小4〜中3の部で優勝した養父市立八鹿小5年の今井雄紀君は「小学校に入ったころから家族で楽しんでいた。ひらめいたところに置くようにしている」と話した。主催の但馬地区子ども会育成連絡協議会の足田茂樹会長は「ルールは簡単なので来年はさらに盛り上げたい」と話していた。

 各部の上位4人は10月27日の県子ども会60周年記念オセロ大会に出場する。

第1回地区大会ということで、相当オセロが子ども会でもり上がっているのでしょう!
学年を超えた交流には、確かに楽しそうですね。

(はっちー)

山陽新聞の記事はこちら

 備後地方を潤す母なる川に感謝を込めて―。福山市子ども会育成協議会(岡本康成会長)は15日、「第5回芦田川一斉清掃」(山陽新聞社、山陽新聞山陽会、同広島会共催)を行う。市内全78学区、670単位子ども会の児童約1000人と、保護者を含め約2000人が参加を予定。府中市境から河口まで、本流約20キロにわたって河川敷をきれいにする。

 芦田川は福山市民の生活をはじめ、工業、農業を支えてきた。一方で、水質は中国地方の1級河川の中で最下位クラス。2011年に38年連続の最下位から脱したものの、今年8月に中国地方整備局がまとめた12年の調査結果では再びワーストに転落するなど、改善が長年の課題となっている。

 一斉清掃は、午前8時半(同8時受け付け開始)から約1時間実施の予定。神島橋東詰めの南側(同市南本庄)に実施本部を設ける。同市新市地区の芦品橋から河口堰(ぜき)周辺まで計9区間に分かれ、河川敷の缶や瓶、ペットボトルなどを拾って歩く。軽装、帽子、運動靴。軍手は主催者側が用意する。

素晴らしい取組ですね。
この記事を読んで、気になるのは、この記事が「予定」の状態で掲載されていること。
新聞やテレビなどマスコミと、距離感がとても近いんだなぁ~と。

旅行などで関東以外に行って、ニュースを見ると、いつも感じることです。
(はっちー)

朝日新聞の記事はこちら

 山口、島根両県を襲った記録的な豪雨から一夜明けた29日、山口県では、孤立状態で夜を明かしたキャンプ中の小学生や、特別養護老人ホームの入所者らの救出作業が行われた。萩市では行方不明の男性(84)の捜索が続いている。

 救出されたのは山口市阿東嘉年下(かねしも)の十種ケ峰(とくさがみね)青少年自然の家と近くの十種ケ峰ウッドパークで、県教委主催のサマーキャンプに参加した小学生や、子ども会主催のキャンプの参加者ら約200人。キャンプ中に豪雨に見舞われ、泥水がテントに入り込むなどした。28日夜は近くの施設に宿泊していた。

 県によると、山口県知事が陸上自衛隊に救助を要請。午前6時半から約4時間かけて、ヘリコプター2機で、子どもたち121人と保護者ら83人の全員を約6キロ離れた中学校に順次運んだ。体調を崩している子どもはいないという。

 山口市立仁保小5年生の原田彩生(さき)さん(10)はヘリを降りた後、用意されていたおにぎりなどを食べてほっとした様子。「昨日はおなかがすいてなかなか寝られなかった」と話した。

ひとまず、よかった!
NHKなどでは、水没したテントの姿が繰り返しニュースで流れています。

自然の家の判断で、「施設から出ないでいよう」と子どもたちに伝え、難を逃れたそうです。
不安を与えないよう、孤立したことを伝えず、フラフープを使った団結ゲームなどをして過ごしたそうです。

ゲームをしている写真がテレビ(NHK)で流れました。
心をひとつにするゲームが、こんなところで生かされたのは素晴らしいですね。

いずれにしても、忘れられない経験になったことでしょう。

(はっちー)

NHKの記事はこちら

山口市阿東嘉年下にある県の野外活動施設に夏休みのキャンプに訪れた小学生など170人余りが、道路が寸断されているため施設内に取り残され、孤立した状態になっているということです。

山口県や山口市によりますと、山口市阿東嘉年下の県の野外活動施設「十種ヶ峰青少年自然の家」には、子ども会や県主催のサマーキャンプに参加している小学生など170人余りが滞在していて、土砂崩れや冠水などで周辺の道路が寸断され、施設の外に避難することができないということです。
山口市が確認したところ、施設内には山口市の平川地区の子ども会のメンバー38人と、山口市の仁保地区の子ども会のメンバー59人、山口県主催のサマーキャンプの参加者48人がいるほか、隣接するオートキャンプ場を利用していた旅行客などもこの施設に避難していて、合わせて170人余りが孤立した状態になっているということです。
山口県や市によりますと、施設内に避難している全員の無事を確認していて、けが人や体調が悪くなった人はいないということです。また、キャンプに訪れていたグループには少なくとも1日分の食料は残っているということですが、施設内に十分な備蓄があるかを確認しているということです。

この土日は、全国各地で荒れた天気となりましたが、皆さんご無事ですか?
山口で起こった豪雨では、子ども会のメンバーが孤立した状態にあるそうです。

全員無事ということは何よりですが、早く帰れる状況になるといいですね。

(はっちー)

(琉球新報の記事はこちら)

 与那原町ジュニアリーダークラブのメンバー22人が6日、町コミュニティーセンターで七夕まつりを開いた。大勢の親子連れが詰め掛けにぎわった。
 同クラブ会長で知念高校2年の棚原伸君が歓迎のあいさつを行った。来場者は、リーダーたちが作ったポップコーンやかき氷などを頬張り、日中の暑さをしのいでいた。
 会場周辺には、折り鶴が舞う中、たくさんの吹き流しがつるされ、中央の短冊に「ひらがながぜんぶおぼえられるように」「身長があと5センチ伸びますように」などと願い事が書き込まれた。ことしはドクターヘリの支援募金活動も行われた。リーダーの當銘麻倫さん(与那原中2年)は「大勢の町民が参加し交流ができて良かった」とほほ笑んだ。

「ジュニアリーダー」というものの説明なしに記事が掲載されるほど、与那原のジュニアリーダーは地元で浸透しているように思われます。
ジュニアリーダーが運営する行事。いいですね。

(はっちー)

大分合同新聞の記事はこちら

 福島県の子どもたちを大分に招待する、3年目の「ふくしまっ子応援プロジェクト」が23日始まり、同県新地町内の小学校5、6年生30人が杵築市守江の住吉浜リゾートパークを訪れた。27日まで海水浴や宇佐市安心院町での農家民泊を体験する。
 同パークで交歓会があり、八坂恭介市長らが「杵築の海や自然を満喫してほしい」と歓迎。加藤憲郎新地町長が「震災の後、いろんな地域の人との出会いがあり、支援していただいて感謝している。恩返ししていきたい」と話した。
 児童を代表して、新地小学校の渡辺捺生さん(6年)が「大分の素晴らしさを感じながら思い出をたくさんつくりたい」とあいさつ。児童らは杵築市ジュニアリーダーの子どもたちと夕食や花火などを楽しんだ。
 プロジェクトは県内の各団体で実行委を構成。東日本大震災の影響で生活が不自由になっている児童らに大分を楽しんでもらおうと取り組んでいる。

これを更新する現在(26日)は、このイベントの最終夜。
様々な出会いや行き先の中で、今、子ども達は何を考え、語り合っているのでしょう。
30人にとって、かけがえのない大分の夜に違いありません。

(はっちー)

苫小牧民報の記事はこちら

 白老町子ども会連合会は、26日から大人向けの「百人一首かるた教室」を開催する。かるたの面白さを学びながら、競技能力や指導力の向上を目指す。全3回で先着24人まで受け付ける。締め切りは18日午後5時。

 小中学校の教職員や青少年育成に携わる指導者、文化団体関係者、興味のある町民を対象に、26日の後、第2回が8月1日、第3回は同8日。毎週木曜日午後6時30分から白老コミュニティーセンターで開く。最近は通学学習や地域塾などで体験しながら学ぶ子どもも多く、共通の話題作りの一つとしても関心が集まりそうだ。

 初回は札の並べ方やルール解説。2回目以降は札の読み方や取り方、試合進行を学ぶ。3回とも実技を含めて行われるため、動きやすい服装で参加すること。参加者には事前にかるた教本が配られる予定で、事前学習が必要。参加者が希望する場合、同連合会のかるた指導員(初級~中級)として登録される。

大人向けのかるた教室、なかなかよい試みですね。
役員のなり手がいないという声はよく耳にしますが、自発的に「やりたい」大人を集め、楽しんでいこうという試みは、そんな声に一石を投じそうですね。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3