kaeru.jpg

過去の掲示板の書き込みから 一覧

「子ども会コミュニティねっと」でたくさん書き込んでくれている、中学生リーダーのあーちゃんの日記から紹介します。


あたしには、とっても大切な先輩がいます。
何かあったら話を聞いてくれたり、
リーダーの活動が終わった後に一緒に遊んだり。
遊ぶって言っても体育室で軽くスポーツするだけですけどね。
一緒に活動してくれるとほんとに心強い人です。

あたしが小学生だった頃からリーダーをやってて
今年は大学に行きながらシニアリーダーをしていました。
目配りと気配りが凄くできるひとで、
調子の悪い子は誰よりも先に見つけちゃうし、髪の毛切ったのもすぐ気付く。
子供のココロを掴むのがほんとに上手で。
いつかあんなジュニアになりたい!って何度も思いました。

昨年のこと。
打ち合わせに1回もきたことがない子がクリスマス会にきたんです。
その子に会うのはみんな初めてで、初めて主催側に回っていたあたしたちは、混乱していました。
それと同時に、なんでこんなときだけ?と怒りも感じていました。
そんなとき、その先輩が言ってくれたこと。

「この世界は頑張ってる人ほど苦しむんだよ?」

そのときはなしてくれたことはきっともっとありました。
でもあたしが覚えてるのはこれだけ。
どれだけ自分の心が狭かったんだろう・・・
ってあとからすごく反省しました。


その先輩がいなければ、あたしはリーダーを辞めていました。
やればやるほど大人からの期待が大きくなって大きな仕事を任せてもらえるようになる。
その分失敗したときの非難も大きくなる。
元々大人が嫌いなあたしにとって、
大人からのプレッシャーは何よりも避けたいもの。
それでも、プライベートな話まで相談に乗ってくれるその先輩の存在があったから、ここでならリーダー続けられる。
って思えたんです。

もう半年以上あってないけど、今度会ったら
「ありがとう」
って言わなきゃな。

先輩の暖かいまなざしと、後輩であるあーちゃんが、先輩の言葉から気づいたことの大きさ。
そして、先輩への感謝の想い。

中学生、高校生とジュニアリーダーの活動をしていくうちに、
いろんなことを任されて、できるようになったりします。
このことは、「楽しい」だけで済まない、さまざまな責任を背負うことでもあります。

「大人が嫌い」というあーちゃんは、まわりの大人の自分に対するふるまいから、自分に対する大きな期待と責任の大きさを強く感じ取っているのです。
そんなとき、自分の視線に立って言ってくれたこと。
先輩の一言が、どれだけ支えになったことでしょうか。
この一言は、想像以上に大きなものなのです。

誰でも、子ども会だけでなく、どんなことでも、初めてやることは、はじめはやったことのないことばかりです。
そのときの思いを、続けていくうちに忘れてしまいがちではないでしょうか。
そして、後輩が同じことをしようとしているとき、つい、「何やってんだ!」とガミガミしたくなってしまいます。

子ども会の「先輩」の皆さん。
ふと冷静になって、後輩と視線を同じにして、ちょっと考えてみませんか。

3度この日記を読んで、胸が熱くなる思いがしました。
(はっちー)

今回は、「子ども会コミュニティねっと」に登録しており、
高校2年生で、ジュニアリーダークラブの会長をしている「ちむろ」さんの日記をこちらに載せます。

先月の定例会で時間が余ったので、会員のみんなに

(1)何でJLに入ったの?
(2)入る前はJLをどんな組織だと思ってた?
(3)入ってみてどうだった?

ということを聞いてみました。

(1)については、

・宣伝ポスターをみて楽しそうだったから
・地域活動でJLをみて自分もやりたいと思ったから
・学童の先生に勧められたから
・ボランティアが好きだから
・JLの友達に誘われたから

などが上がりました。
みんなそれぞれの理由があったんだなーと改めて思いました。

(2)についてですが、

・1回だけの組織だと思った(笑)
・普通のボランティア団体
・楽しそうなところ
・全然予想が出来なかった

とのことでした。
やっぱりJLを知らない人にJLを伝えるのは難しいんだなって思いました。

(3)については、

・すごく楽しい!
・すごく自由!
・会長が面白い(笑)
・会長のテンションがヤバイ(笑)
・今は生活の一部
・1ヵ月に1回の楽しみ(←定例会)

などが上がりました。
なんか...、いろいろ会長について言われてしまいました(´_ゝ`)笑

そして(3)から関連して部活みたいな感じ?と、またまたみんなに聞いてみたらば、

・全然違う!
・部活より楽しい!

などと言ってくれました。
終始涙が出そうでした。

そして以前出た、JLへの偏見についてもみんなに話しました。

JLをやってるからって何かを言われても恥じることなんて何もない。 もしも何か言われて嫌になったらば止めてもいいし、休んでもいい。 もしも何か言われたらその言ったやつをJLに連れてこい! 絶対に前言撤回させてやるから! と。
みんな大きく頷いてくれました。 そんなこんなでみんなとの距離が縮んだような感じがしました。

そして、そんなこともあり今年からは会員募集の方法も変えてみることにしました。

前年度までだと、

3月からJLのポスターを中学校高校に掲示、
4月に参加申込書を配る

...というものでしたが、
今年は、
3月にポスター掲示し、
そして4月からは中学校高校の掲示板に定例会の場所と日時を毎月掲示して、
興味のある人は随時定例会に来てみて、実際に活動してみる。

という方法に変更しました!

そうすることによって入会まえにみんなの考えているJLと実際のJLのギャップを無くすことが出来るからです。

そして実際に定例会に来てみて、正会員として活動をしたいなと思った人は参加申込書をもらって提出して正会員になってもらい、
実際に活動してみてやっぱりいいやあと思った人は参加申込書を書かないで、
次からは活動参加しなくてもいいよという方法にすることになりました。

そうすることによって幽霊会員が減るんでは?ということです!

結成してまだ3年という歴史のないJLCですが確実に良い方向へ動きだしていると思いました。

今日も定例会です。早く行きたいと感じます。
ここまで読んで下さった方ありがとうございます*

いかがでしょうか。
できたばかりのクラブで、試行錯誤しながらがんばっている様子がとても伝わってきませんか?
(はっちー)

どんぐりさん

オールマイティを目指すのかスペシャリストを目指すのか??
を議論したことが有ります。
○何でも出来るオールマイティ(不得意の克服に繋がるのかな)
○一芸に秀でたスペシャリスト

私の所では、スペシャリストを目指し、それからオールマイティに移行するのが良いとしています。
皆さんのところでは?

続きを読む

Tさん

中学生の会員が私を含めて2人だけなんです! 1,2年生の子にどうやったらJLの良さが伝わるんでしょう!?

続きを読む

Rさん

ウチの学校の体育大会は今年初めてフォークダンスをするんですが、皆さんのとこはやっぱり毎年してるんですか?

続きを読む

Mさん

JL活動に子どもたちと仲良くなる手段としてどんなアイテムを持っていきますか?

 (ソース:左下の「答えてちょーだい」より)

続きを読む

Aさん

みんなにご相談。
仲間の輪が広がってくると、気が合う人もいるけど、気が合わない人も人もでてくるよね??
みんなはどうやってそんな人と交流とかしますか???
誰か悩めるAを助けて!!!

続きを読む

Hさん

「ジュニアリーダー活動をする上での悩みってどんなこと??」のネットアンケートの質問で、半分以上が「人数が減った」「幽霊部員が増えた」などを挙げています。
大所帯がいいか悪いかは別として、人数を増やしていくために、しかも、幽霊じゃなくて、やる気のあるメンバーを増やしていくために、どうしたらいいと思いますか?

続きを読む

Nさん

中1のNです。
うちのクラブは、中学生以上がジュニア(とはいっても、中一しかいないけど・・・。)
小学5.6年がインリーダーとなってます。
これからどうなるか、最近できたばっかの団体だから不安定なんだけど・・。
まだまだ人数も少なく不安定だけど、
みんなでがんばって安定させればいいやっ。みたいな超お気楽的考えをあたしは、持ってるんだけど、
だめですか?

続きを読む

47 :バリアフリーな名無しさん :2006/03/11(土) 18:54:53 ID:Vr6lSpZG

都内の現役JLだけど、高3を前にして止めようかどうか迷ってる。
先輩は普通に高3でも活動してる人が多いから、こんな理由で止めるのは間違ってるだろうな・・・。

続きを読む

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3