kaeru.jpg

子ども会・JLを語る 一覧

前の文章でJLはゲームや工作が出来るよりも助言が出来たほうが良いと書きました。
というのは、「JLはゲーム」が出来たほうが良いという多くの声と接していくうちに、「それは違うんじゃないか?」と思ったからです。

こんな例を1つ。
ある人が「ゲーム私80くらいしかできない?」と。
「いや充分でしょう。それだけできれば」私が言いました。
すると・・・
「○○○は120くらいできるのよ。もっとできるようになんなきゃ」
・・・ビックリしました。
ちなみにその○○○さんも、高校生について、
「まぁ4,50位できると良いかな」

さて皆さんに質問です。
ゲームのレパートリーは多ければ多いほど依頼に役立ちますか?

答えは・・・NO
そりゃ依頼の時にゲームの組み立ての時に役に立ちますよ、いろいろバリエーションがあると。
でもゲームばっかり覚えたからって他の部分がどうかによりますよ。
工作(これはウチの地区だけだったりするかな?)、ダンスという実技的なものだけでなく、話し合いの進め方、考え、あとは前に書いたとおり助言ができるかとか、いろいろあるでしょう。
そっちの方はおろそかにしていいんですか?

それから、ゲームが出来ないからってJL失格って訳じゃないでしょ。
さっき上げた中の1つでもできれば良いと思います。
1つも出来なければ?そりゃ新人は何も出来ないでしょう。
それならやる気があればいい。

やる気があれば何でもできるというわけじゃないですけど、JLとして最低限それがあれば良いんですよ。
JLの本分は「やる気のある人である」ということ、なのにやる気があるJLから、JLに入って何年も立つのにゲームが出来ないから、工作が出来ないから、○○が出来ないからといってやる気のある人間に余計な圧力をかけてやる気を奪う奴がいる。
あえて「俺」らしく言おう、そういう奴はゲームが出来ようが何が出来ようがJLじゃない!!
まずは人間として考えろ。
普段の生活でも最低の行為だ。

なぜ、「俺」らしく書いたか。
それは私もそういう経験をしたからです。
私もレパートリーは30くらいです。
実際用いるのは10くらい。
でも説明ベタです。
今でも「JLとしてなってない」と言われますよ。

私は私と同じような立場の人を、例え少なくても救えるような文章を書いていこうと思い、こういう文章にしました。
皆さんの反応をお待ちしてます。
(トライ)

突然ですが・・・私はJLは必要ないと思います。
子供がしっかりしているなら。

子供会を子供が自分達で動かしていけるなら良いんです。
歓送迎会もレクリエーションも運営して、あとはインリーダーも企画したらなお良い。
でもそれってちょっと厳しいでしょ?
そこで、JLはそういう運営の手伝いをしたり、インリーダーのプログラムを立てたり・・・というのが本来のJLの在るべき姿だと思います(もちろんあくまで私の考えです)。

ですが・・・
私のところに来る依頼は子供会関係の場合の大半は、「歓送迎会でゲーム」とか、「インリーダーでゲーム」という内容。
インリーダーは他地区では内容の大まかな部分をお願いされたり、私のところでもそういう形でお願いする地区もありますが(なにせ複数の地区のインリーダーの依頼を受けるもので・・・)、歓送迎会でゲームだけというのは良くあるでしょう。

それが子供達が考えたのならいい考えですよ。
でもたいがいそういうプログラムって聞いてみたら育成会さんが立てているんですね。

育成会さんは歓送迎会やレクリエーションとか、いろんなところでプログラムを立てます。
その気持ちは少しは分かりますよ。
子供達にプログラム作りを任せるよりは自分達でやった方が面倒じゃないという考えがほとんどかと思います(そうでなかったらごめんなさい)。
でもそれって子供会じゃなくないですか?
子供達が自分で考えてやっていくのが子供会じゃないんですか?
親が決めたことを子供にやらせるのが子供会ですか?違うでしょ?
「別にやらせたくて考えてる訳じゃ・・・」という育成会の方、結果的にはそういうことになっているんですよ。

結局が何が言いたいかというと、子供達がいろいろなことを考えていって、子供達が自分達で考えたことを楽しくやっていくのが子供会、そしていろいろ考えていく時に、「ここはこうしていくと良いかもよ」とアドバイスをして、子供達が良い計画を立てられるように導いていくのがJL、そして子供でもJLでも出来ないような手続きをしたり、子供やJLが踏み込めない領域を担当するのが育成会、というのが一番良い形だと思います。
企画も立てて自分達の本来の仕事もする育成会に比べ、今のJLは何かをやる上での、良い言い方をすれば盛り上げ役、ただし悪い言い方とすれば単なるアクセントでしかない。
そして子供は単に呼ばれてきてるだけ。
こういうのが長く続くとマンネリ化して、やがて子供達はお菓子目当てになっちゃうんですね。
あっ、これは俺の経験談。

というわけで、単なる「ゲーム屋」あるいは「遊び屋」であるJLは不要だと思います。
むしろゲームとかが出来るよりも、企画の助言が出来るJLの方が必要だと思います。

ただこれは是非議論して欲しいですね。
皆さんはどう思いますか?

(なお、次の私の記事の「JLの本分は「ゲーム屋」か? 」はこの記事の具体的な部分を補ってます。是非ごらん下さい。)

(トライ)

筆者は、子ども会の指導者として、主に中学生や高校生のジュニアリーダーへの指導をしています。

最近、市内外のジュニアリーダーの子たちと接していて、
「もっと積極的に教えないといけないなぁ」
と感じていることがあるので、紹介してみたいと思います。
このことは、子ども会のお母さんたちにも、そっくりあてはまると思いますよ。

それは、
「他人に自分の想いを伝えるのが下手」
ということ。

○起承転結の原則
何かイベントをするとき、いきなり内容に入ってしまい、
「今日は何をする日なのか」
「今日は何を目標にするのか」
「何時までこのプログラムをするのか」
が、参加者には全くわからないまま、イベントを進めている場面をしばしば目にしています。

やっていくうちに、徐々に楽しくなっていくので、最終的な参加者のみんなの印象は良いのですが、
ちゃんと、これらのことを冒頭に説明すれば、もっと参加者も主体的に取り組めます。

小論文などを学ぶとき、「起承転結」って言葉を学びます。

 はじめに結論や全体の見通しを書く
 話を展開させる
 話を切り替えたりして、核心に迫っていく
 結論を導き出す

この原則、子ども会活動にだってあてはまるのです。
 1日の概要や目標を明らかにする
 プログラムを展開する
 新たなプログラムや、視線や気持ちを切り替える→クライマックスに
 内容を振り返り、目標などが達成できたか考える

この「起」と「結」が抜けていることが多いと感じます。
その結果、運営する側の思いが、伝わりきらないことが多いのではないでしょうか。

「人に伝えること」

ちょっとした工夫で、ぐっと伝わりやすくなりますよ。

(はっちー)

※補足
この記事は、新しいジュニアリーダーさん向けの内容になっています。

--
大分遅くなりましたが、新しい生活、どうお過ごしでしょうか?
新しくJLになった皆さん、ようこそJLの世界へ!
そして1つ年を重ねて徐々に先輩としての重みが増す皆さん、頑張ってください。
私も頑張ります。

それで今回は全てのJLの皆さんに聞いてほしいこと。

「十人十色」
まぁ、言葉どおり、十人いれば十通りの考えが出るということですね。

例えばこれが話し合いのときに十人いて一通りの考えしか出ないんじゃダメなんですよ。
原因は、まず話し合いを進める先輩達だと思います。

先輩達は後輩達にもっと意見を出せとよく言いますけど、意見を出しやすい雰囲気にしていますか?
雰囲気が悪いとダメなんです。
押し付けるような口調で言っちゃダメなんです。
でしゃばりすぎちゃダメなんです。
そんなんじゃいくら意見求めても出てくるわけ無いんだから。
例えを出すにしても、それ以上の意見が出ないような例えは出しちゃダメです。
結構難しいですけど、簡単な例え、意見の出しやすい優しい雰囲気、そして考えさせる雰囲気が話し合いには必要なんですね。
是非頑張って話し合いを進めてみてください。

そして意見を出すべき後輩達の皆さん。
先輩に遠慮することはありません。
一生懸命考えて出した意見は間違ってはいません。
そこで何か言われてもくじけないこと。
それは何か言った奴が悪い。
どんどん意見を出していきましょう。
ただし、考えもなし、話の流れも無視して意見を出すことのないように・・・。

十人いて、十通りの考えがでる話し合いにするのは難しいです。
ですが、それができるようになればそのJLのチームはいいチームになります。

最後にまとめ。
・自分の意見を持つ。
・人の意見を尊重する。
・みんなが話せる雰囲気で。
・そして自分で考える。

私はこう思います。
皆頑張ろう!

P.S. 皆さんのところで、話し合いについて何か心がけをしているところがあれば、是非コメントで教えてください。待ってます。

(トライ)

はっちーさんの記事にもあったとおり・・・
オフ会にて子ども会コミュニティねっとの「ヘッドマスター」引継ぎ式を行ってきました。

参加者の最年少トライから2番目に若いぺいへの引継ぎ・・・なんとも珍しい光景が見られたわけで・・・
まずは「ヘッドマスター」としての大きな仕事が終わりました。

ヘッドマスターは「子ども会コミュニティねっと」の顔です。
そして「子ども会コミュニティねっと」は恐らく子供会関係者が多く集まる業界屈指のサイトだと思います。
この記事を見た皆様におかれましては速やかに入会していただき、末永くご愛用いただきたく・・・情報交換を密にして、役立てていただければと思います。

私が撮ったオフ会の様子はまだUPできません。
もう少しお待ちを。

では。

(トライ)

久しぶりの投稿になります。

更新頻度が悪いのですがちゃんと投稿していきますよ!!

さて、今回話題に出すものはレクリェーションについてなんですが・・

子どもにしっかり受け入れられていますか?

どういう意味かといいますと・・。

『つまんなぃ・・。他のレクが良いわ・・・』

みたいな感じで・・。

レクのマンネリ化になっていないかどうか??

子ども会の対象は

大概小学校1年?6年生です!

特に高学年にいくとツマンナイコールが多くなるのではないのでしょうか?

ずっと同じレクを続けていきますと

絶対ジュニアは良くても子どもは良くなんないですよ!!

簡単で分かりやすいレクでも良いんです!

変わったレクを取り入れてみましょう!!

子ども会活動は絶対変わっていきますよ!!!!

そんな資料として

子ども会コミュニティセンターのほうにもレクの資料があります。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

(ぺい)

「子ども会コミュニティねっと」でたくさん書き込んでくれている、中学生リーダーのあーちゃんの日記から紹介します。


あたしには、とっても大切な先輩がいます。
何かあったら話を聞いてくれたり、
リーダーの活動が終わった後に一緒に遊んだり。
遊ぶって言っても体育室で軽くスポーツするだけですけどね。
一緒に活動してくれるとほんとに心強い人です。

あたしが小学生だった頃からリーダーをやってて
今年は大学に行きながらシニアリーダーをしていました。
目配りと気配りが凄くできるひとで、
調子の悪い子は誰よりも先に見つけちゃうし、髪の毛切ったのもすぐ気付く。
子供のココロを掴むのがほんとに上手で。
いつかあんなジュニアになりたい!って何度も思いました。

昨年のこと。
打ち合わせに1回もきたことがない子がクリスマス会にきたんです。
その子に会うのはみんな初めてで、初めて主催側に回っていたあたしたちは、混乱していました。
それと同時に、なんでこんなときだけ?と怒りも感じていました。
そんなとき、その先輩が言ってくれたこと。

「この世界は頑張ってる人ほど苦しむんだよ?」

そのときはなしてくれたことはきっともっとありました。
でもあたしが覚えてるのはこれだけ。
どれだけ自分の心が狭かったんだろう・・・
ってあとからすごく反省しました。


その先輩がいなければ、あたしはリーダーを辞めていました。
やればやるほど大人からの期待が大きくなって大きな仕事を任せてもらえるようになる。
その分失敗したときの非難も大きくなる。
元々大人が嫌いなあたしにとって、
大人からのプレッシャーは何よりも避けたいもの。
それでも、プライベートな話まで相談に乗ってくれるその先輩の存在があったから、ここでならリーダー続けられる。
って思えたんです。

もう半年以上あってないけど、今度会ったら
「ありがとう」
って言わなきゃな。

先輩の暖かいまなざしと、後輩であるあーちゃんが、先輩の言葉から気づいたことの大きさ。
そして、先輩への感謝の想い。

中学生、高校生とジュニアリーダーの活動をしていくうちに、
いろんなことを任されて、できるようになったりします。
このことは、「楽しい」だけで済まない、さまざまな責任を背負うことでもあります。

「大人が嫌い」というあーちゃんは、まわりの大人の自分に対するふるまいから、自分に対する大きな期待と責任の大きさを強く感じ取っているのです。
そんなとき、自分の視線に立って言ってくれたこと。
先輩の一言が、どれだけ支えになったことでしょうか。
この一言は、想像以上に大きなものなのです。

誰でも、子ども会だけでなく、どんなことでも、初めてやることは、はじめはやったことのないことばかりです。
そのときの思いを、続けていくうちに忘れてしまいがちではないでしょうか。
そして、後輩が同じことをしようとしているとき、つい、「何やってんだ!」とガミガミしたくなってしまいます。

子ども会の「先輩」の皆さん。
ふと冷静になって、後輩と視線を同じにして、ちょっと考えてみませんか。

3度この日記を読んで、胸が熱くなる思いがしました。
(はっちー)

ジュニア.

皆さんわ
「ジュニアをやって良かった?」と
聞かれたらどう答えますか??
私わ良かったと答えるでしょう.
でも,時にはジュニアが嫌になったのわ事実です...
自分の実力の無さに嫌気がさし本気で辞めようと思った事が無かったといえば嘘になります.
そんな時にうちを支えてくれたのわ辞めたいし嫌なはずなのにジュニアの活動.
参加者に「まいまいありがと」って言われ,笑顔を見れ悩んでたのが馬鹿だったと思えました.
1年7ヶ月たったわけですが,今でわ頼る側でわなく頼られる側.
れくをやってもらう側でわなくやる側.
先輩に憧れる側でわなくうちが憧られる側.
尊敬してる先輩達に「お前みでな熱いやつ,成長が著しいのなかなかいねーな」と言われました.
そしてこんなうちに憧れてくれ,うちみたいになりたいと言ってくれる小学生たち.
ジュニアをやってない今を考えるのわ怖いです.
それほど私にとってジュニアわ大切なものになりました.
成長させてくれるものだと思ってます.
そして今でわジュニアをやって後悔わせず辞めたいとも全く思わないようになりました.
あの時ジュニアを辞めなくて本当に良かったって思えます.
あの時辞めてたらと考えると怖いです.

何書きたいかわけわかんなくなりましたが,一応更新しときます


・・・上記は、山形のJLのまいまいさんが子ども会コミュニティネットで書いた日記です。
本人の許可を貰い載せました。

JLに嫌気がさすというのは、意外と経験した人は多いと思います。
私も何度となく経験しました。
うつ状態にも陥りましたし・・・
特に・・・真面目に、そして真剣に向き合おうとする人ほどそう感じることが多くなるのではないでしょうか?

彼女は依頼先で参加者に感謝され、笑顔に出会ったことで悩みが吹っ切れたようです。
そして今じゃこんな素晴しい文章を書いて同じJLを元気付けています。
私も何となく感じるものはありました。
それで載せることにしました。

他にも感じる部分はあると思います。
恐らく今悩んでいるJLにとってはいい薬になると思います。

JLをやっていると先が分からなくなることは多いです。
そして悩んでいるうちに迷い、迷っているうちに苦しみ・・・悪い方向へといってしまいます。
でもそんなときに、身近なものに気付くことも大事なんだと思います。
例えば依頼先で出会う十人十色の表情、嫌な時ほど見逃しますけど、見つけたらそれほど心が安らぐ時は無いと思います。
彼女の日記はそれを示したんだと思います。
そして私に新しい文章を書かせてくれたんだと思います。

さぁて、皆さんJLをしましょ!
自分の心に、素直に、正直に、活動しましょ!


P.S. 転載を許可してくれたまいまいに感謝を。
                                                       (トライ)

Blog検索で、気になる記事があったのでご紹介したいと思います。

元記事:どう考えても納得できない - 美佳先生のひとりごと


ある校区(兵庫県)の子ども会で役員をされているこの方は、安全会の年会費が100円値上げされた経緯と、連合組織の存在意義に疑問をお持ちのようです。

子ども会安全会については、各都道府県・政令指定都市子連での運営となっていたものが保険業法改正に伴って少額短期保険業として全子連が運営する形態に変更されており()、この変更に伴う安全会制度の複雑化や事務手続きの煩雑化などが現在問題になっています。
しかし、そういった問題で揺れているのは各子連の事務局レベルまでで、各単位子ども会の育成者の方にはほとんど伝わっていないのではないでしょうか。

おそらくは県運営時の安全会費と全子連移行後の安全会費のギャップを埋める為と、事務手続きの煩雑化に伴う運営費増などが『安全会費』の値上げの要因なのでしょう。
ただ、安全会費は現在全国一律120円となっており、この金額は全子連のWebサイトなどで公開されています。
これまでは各都道府県ごとに安全会費は異なっていた上にその金額の根拠はあまり公にされていなかったように思いますが、今後は各都道府県子連で『安全会費』として集めている金額のうち、本来の安全会費である120円を除いた金額がどういったことに使われているのか育成者の方々へ広く理解を得ることが必要ではないでしょうか。


続きを読む

シリーズ早速第2弾です。
さて今回はラグビーですが・・・

私は以前ラグビーを2年間ほどやってまして、まぁJLを優先するためにスパイクを脱ぎましたが(カッコよく言うなよ・・・)、今でもラグビー観戦をするほどのラグビー好きです。
この前の日本選手権、NHKでもやってましたけど、あれも途中までしか見ませんでしたけど、いい試合でしたよ。

ラグビーというスポーツは1人でもサボる人間がいると負けるスポーツです。
サッカーは味方が攻めてる間GKは暇になるでしょ?まぁサボるわけじゃないでしょうが・・・
野球は味方の攻撃中ほとんどの選手はベンチの中でしょ?まぁこれもサボってるわけじゃないでしょうが・・・
ラグビーは、密集で体を張って、後ろでボールを待っている味方のために闘うし、後ろでボールを待っている、まあラインというんですが、彼らはボールをもらったら密集で体を張る人間のために、少しでも前へボールを運ぼうとするんです。
そこでサボってる人間は誰もいない。
「ONE FOR ALL ALL FOR ONE」一人はみんなのために、みんなは1人のためにです。

JLだって同じ。
サボる人間はいないでしょ?みんな周りのことを考えるでしょ?
それが出来なければJLの組織じゃない。
チームじゃない。
まずはやる気があるならサボらないことです。
でも言いたいことはこれだけじゃないんです。

苦しんでる仲間がいるときは、その人を助けてあげてください。
決して見殺しにしないで下さい。
だって仲間なんでしょ?なんで助けないことがあるんですか?そんなの仲間じゃない。
ラグビーは、人の和があってこそのスポーツ。
JLもまた、人の和があってこそのボランティア。
人に裏切られてくないなら、それぐらい考えてください。

だいぶ感情的になりすぎましたが、これは自分の体験談も絡めて書いているんです。
許してください。

JLがラグビーに学ぶこと、それは、「人の事を考える」ことだと思います。
私もまた、ラグビー見ながらそれを学び続けています。
                                                        (トライ)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3