kaeru.jpg

■子ども会を考える 一覧

信濃毎日新聞の記事はこちら

 福島県会津若松市と伊那市の子どもたちが17日、同市高遠町の高遠城址(じょうし)公園で交流会を開いた。旧高遠藩主の保科正之が後に会津藩主となったことなど両市の歴史的なつながりを学んだほか、用意してきた手作りの名刺を交換した。
(中略)
 今回は、会津若松市子ども会育成会連絡協議会が実施する夏季研修旅行の一環として、小学6年を中心に約80人が伊那市を訪問。同市からは高遠小の児童ら約80人が交流に参加した。

 両市の歴史について、市立高遠町歴史博物館の北原紀孝館長から説明を聞いた後、ゲームをしながら10人ずつのグループを作って名刺交換会へと移っていった。趣味や特技などを記入した名刺を互いに手渡した。会津若松市一箕(いっき)小6年の五十嵐彩さん(12)と島田夏純さん(12)は高遠小の児童からもらった名刺を見ながら「ピアノが好きなところが同じ。親しくなれそう」と話していた。

 高遠小6年の大川泰雅(たいが)君(11)は「歴史を勉強するたびに昔の出来事に興味がわく。昔の縁で友達が増えるのはうれしい」と話した。


この記事を読んで、
「あ、会津若松市の子ども達は、国立信州高遠青少年自然の家に宿泊したんだな」
なんて考えている人、いませんか?
ちょっと子ども会中毒の疑いがありますよ(笑)

それはともかく、こうした昔の縁が子ども達の交流へとつながっていることは、素晴らしいことです。
「研修」というのも、恐らくリーダー研修なのだろうな...と思っていたら、こんな記事を発見。

伊那市のプレスリリースはこちら

【友好都市 会津若松市の子どもたちと伊那市の子どもたちが交流します】

江戸時代以来の歴史的なつながりを再認識し、子ども同士の交流を通じて歴史的背景や地域間交流のあり方を学ぶことなどを目的に交流会を行います。
前回は平成14年に旧高遠町が実施しました。

【日程】
(1)歓迎の式
 ・歓迎あいさつ(北原教育長)
 ・会津若松市子ども育成会連絡協議会会長あいさつ
 ・会津若松市長メッセージ伝達
 ・両市子ども代表あいさつ
 ・高遠囃子披露(高遠囃子クラブ)
 ・記念品交換(双方の児童代表) 
(2)両市の歴史的なつながりについての講話
 (北原 高遠町歴史博物館館長)
(3)子ども交流(ゲーム・ダンス)
(4)送別の式

【参加者】
・会津若松市
 小学校6年生72人、リーダー(高校生・大学生指揮者)12人、子ども育成会役員 ほか
・伊那市
 高遠小学校学校長、担当教諭、6年生、北原教育長ほか

【会津若松市からの子どもたちについて】
 地域子ども会のジュニアリーダーを目指す同市子ども会会員の皆さんです。8月15日?19日にわたって、平成21年度3期生の県外研修として伊那市を訪れます。

こうした経験を経て育ったジュニアリーダーは、交流の大切さをしっかり心で理解するのでしょうね。

(はっちー)

前回の記事で、安全会のために特別な法律ができようとしていたことを取り上げました。

「お、いいじゃん」と、盲目的に言ってしまいがちですが、
私達子ども会関係者は、その全容を詳しく知っておく必要があります。
なぜなら、記事を書いている現在、衆議院は解散総選挙の最中ですが、
選挙後にも、恐らく同様の法律案が提出される可能性が高いからです。

そのときも、ここでしっかり取り上げようと考えていますが、
そのときに、平成21年6月提出の法案との違いがわかることは、非常に有益だからです。
何が書かれているのか、ちょっと把握してみましょう!

...ということで、今回から3回に分けて、この廃案となった法案の解説をしてみたいと思います。
できる限りかんたんな言葉でつづっていきますので、ぜひご覧ください。
(素人ですので、法解釈に誤りがある場合は、お知らせください。)

※法律案(廃案)の本文
⇒法案を見る

続きを読む

朝日新聞の記事はこちら

 児童・生徒が学校活動で事故に遭った時に備えて各家庭から掛け金を集める「PTA共済事業」を続けられるようにする「PTA・青少年教育団体共済法案」を、自民、公明両党が23日、議員立法で衆議院に提出した。

 PTA共済事業はこれまで、都道府県や政令指定都市ごとにPTAが安全互助会という組織をつくって運営。全国の小中高校の児童・生徒計約750万が加入し、掛け金総額は計140億円以上。子ども会の共済は約500万人が加入している。

 05年、他の悪質な共済事業者による被害が相次いだことを受けて保険業法が改正され、法的根拠のない無認可共済事業は原則行えなくなった。PTA共済も無認可であることから事業を続けられなくなったが、保護者らから存続要望が出ていた。

 今回の法案は、PTAや子ども会などが都道府県教委や文部科学相の認可・監督を受けて共済事業を行う仕組み。民主党も法案について「それ自体を否定するものではない」「成立を図る」との見解を表明しており、今国会で成立する可能性がある。

衆議院が解散してしまったので廃案となってしまったが、
安全会を存続させるための法案が、6月に衆議院に議員立法で提案されました。

全国の子ども会関係者にとって、安全会をどうやって生き残らせるかは、
最近の大きな大きなテーマでした。
安全会をどうにか既存の法体系で認めてもらえるような形にするため、
安全会に大きな変革が求められ、その結果、全国各地で、事務局の安全会事務が、それはそれは大変になってしまったとの声を聞きます。

こうした意味で、安全会をはじめとする青少年団体の類似相互扶助保険に、
特別な法律を作ろうとする動きがあったのです。
いくら審議未了で廃案になってしまったとはいえ、子ども会関係者は、
今後の動きに注目していかなくてはなりません。

法律案の中身についても、おって深く掘り下げようと思いますが、
取り急ぎ、法律案を紹介します。

※法律案(リンク先:衆議院ホームページ)

(はっちー)

社会教育団体ってナンだろう?と思う方も居るかもしれないのでWikipediaの記事を引用

します。

そもそも社会教育って言うのは社会において行われる教育って事なんです。

社会教育団体の法律があり取りあえず子ども会も社会教育団体の一つに該当はします。

でも今回あえて子ども会には記事を触れません.

右クリックが操作不可能の為URLコピー出来ないのが残念ですが、地元をPR(地元密着)
を考える社会教育団体も存在します.

種差少年自然の家ボランティアの会

一見普通のボランティア団体だろ?と思う方もいらっしゃるとは思いますがこの団体は

地元密着に関し良い考えをもった団体だなぁと思っています.

実際栃木にいながらその団体に入っているので気持ちはわかります.

実際子ども相手のボランティア活動ですが、本来の目的は地元をもっと好きになって

愛してもらおうということなのです。(会長談)

いま、世の中都心に人口が集約し地方はあまりにも活気が足りない状態ですが

いくらかでも地元を好きになってもらいたい

そこから地元をPRするきっかけになれば!がこの団体の本当の目的なんです.

現在地元をなかなか好きになりきれない若者は多いものなのですが興味がある方や地元をもっ」

とすきになりたいと考えている方にはぜひ入ってもらいたい団体だと思います.

あ、言葉が足りなくよく内容が分りづらいと思う方はメッセにてご連絡願います.

(ぺい)

こんにちは、トライです。


実は私は、今年の夏、「全国子ども会ジュ二ア・リーダー研究集会(全国子ども会中央大会)」と「指定都市地区子ども会ジュニア・リーダー大会」への参加を目指していました。
しかし、私の市の事情など、いろんなものに阻まれ、行く事は叶わなくなってしまいました。

とくに中央大会への参加は、あと一歩のところでした。
一度は申し込み用紙まで書いたのに、直後になってダメになってしまったのです。
この夏がJL最後の夏だった私にとって、これはとても悔しいです。
本当に悔しくてたまりません。
全国のJLと出会い、4泊5日という時間の中で揉まれ、他では味わえない興奮と感動を感じることができればどれほど幸せかと思っていましたが、それも叶わぬ夢となってしまいました。

中央大会や各地区の大会に行けるみなさんは、とても嬉しいと思います。
私は、これらの大会に参加できるみなさんが羨ましいです。
正直、嫉妬すらおぼえます。

そんなみなさんに、1つだけお願いがあります。

大会に参加できることに、ありがたみを感じてください。
私のように、参加したくてもできない人間もたくさんいるという事も、覚えておいて下さい。
残念ながら参加できなかった人の分まで有意義な時間をすごし、たくさんのことを学んでください。
妥協はせず、悔いを残さず、帰ってきて下さい。
そして、それを地元での活動に大いに生かしてください。
お願いします。


夏は、子ども会活動に参加している人にとって、熱いものです。
この夏は、誰のものでもない、自分の夏です。
だから、何事も自分の思うように、全力でぶつかってください。
活動の機会も多く、忙しいとは思いますが、手を抜くことなく、常に最高のものを子ども達に提供しましょう。
そうすればきっと、最高のものが返ってくるはずです。

これが夏を過ごす皆さんへの、私からのメッセージです。

マイケル・ジャクソンの急な死。
世界的な歌手である彼の突然のニュースが、日本中をかけぬけた。

数多くのニュースの中で、たまたま見た、フジテレビ系の「とくダネ!」で放映された映像が目に焼きついた。
そして、鮮明な記憶がよみがえってきた。

"Heal the World"。
2000年に行われた第3回子ども会中央大会で、「作った」歌だ。
当時、小学5年生から高校生までの参加者で、大きな「模擬子ども会」をした。
大会の2日目、3日目と、コースに分かれて活動し、4日目に発表会。
歌のコースでは、講師が"Heal the World"に込めたマイケル・ジャクソンの想いを説明し、
この歌の作詞をみんなでしよう!と訴えかけた。
イメージをふくらませ、いろんな意見をまとめる。
まとめ役の高校生たちの真剣なまなざし。
意見がぶつかりあって、それでも辛抱強くまとめようとする姿。
広報のコースで青年リーダー(運営スタッフ)をしていた私は、このコースを取材しながら、そんな姿にとても胸をうたれた。

完成。

半日かけてできあがった歌は、もちろんみんなで歌って、発表会で披露する。
歌う練習。
一人ひとりの目が輝き、大きな大きな声が部屋じゅうに響いた。
自分たちが作った歌には、みんなの想いが詰まってる。心が歌でひとつに...。

筆者は、それを見て、涙が目からとまらなかった。

当時のホームページに、このときの歌詞が掲載されている。

当時のホームページ
※もう一度動画を再生させながら、聴いてください。

heal.jpg

あのときから9年。
当時の小学5年生が、2009年の今では20歳くらいになっていることに驚く。
大学1年生だった筆者も、ともに過ごした高校生たちも、みんな社会の歯車になっている。
そして、あのとき、悩んだり、悔やんだり、笑ったり、涙したりしたことが、
今の自分の土台となっていることに改めて気づく。

テレビを見て、9年前のことを思い出す人がいたらいいな、と思うと同時に、
マイケル・ジャクソンが、あのころの自分の思いを、願いを、したかったことを、
もう一度思い出すよう、背中を押してくれたように感じた。

(はっちー)

突然ですが・・・私はJLは必要ないと思います。
子供がしっかりしているなら。

子供会を子供が自分達で動かしていけるなら良いんです。
歓送迎会もレクリエーションも運営して、あとはインリーダーも企画したらなお良い。
でもそれってちょっと厳しいでしょ?
そこで、JLはそういう運営の手伝いをしたり、インリーダーのプログラムを立てたり・・・というのが本来のJLの在るべき姿だと思います(もちろんあくまで私の考えです)。

・・・前回の「JL不要論」の最初の部分です。
私は実はここを強調したかったんですが・・・伝わりづらかったようです。
いろんな反響を受けましたが、その多くが、「なぜその議論を?」とのことでした。
というわけでその部分を突き詰めてみようと思います。

前回も書いたとおり、依頼として良く来るのは、「歓送迎会でのゲーム」、「インリーダーでのゲーム」というのが大半です(少なくとも私のところは)。
ただしそれじゃJLは単なる「ゲーム屋」です。
前にも書いたとおり単なるアクセントです。
それを子供の企画ならいいですよ。
子供会は子供のもの、子供達が立てた企画なら喜んで協力するし、単なる「ゲーム屋」でもいいですよ。
ただし最近の子供会は、実質企画を立てているのは育成会です。
育成会から依頼を受けるということは、育成会が企画を立てる段階で、JLにゲームをお願いするということです。

書いてるほうも難しくなってきそうなので話を変えて・・・
もしも子供がしっかりしてるならという話をしてみましょう。
もしも子供がしっかりしてるなら・・・
歓送迎会の企画を立てる際、プログラムを立てて、ゲームとかもどうするか決めて、「ゲームちょっと説明できないな・・・」となったら、ゲームが出来る人にお願いして、当日その人にゲームを任せると・・・

育成会が企画を立てる場合・・・やはり同じ流れ。
違うとしたらJLに自分達が出来ない部分(ゲームとかね)を手伝ってもらうくらい。

JLはこの場合育成会に、「ゲーム屋」、あるいは「便利屋」として事実上利用されていることになります。
つまり会の運営のパーツの一つでしかない。

でもそれはあまりにも幅が狭くありません?
だってゲームとかはうまくやれる人に頼めば良いじゃないですか。
JLをうまくゲームをやれる専門家としてしかとらえられないのはJLの活動幅を狭くしてる。

それから子供会と名乗るなら育成会が企画するんじゃなくて子供が企画するべきでしょ。
育成会が企画を立てるならそれは「大人会」じゃないか。

でも子供が企画を立てても、未熟な部分はありますよ。
その未熟な部分を補うために、JLが必要なんです。
ということで冒頭の文章に戻るというわけ。

JLは「ゲーム屋」としては必要ありません。
子供会をいろんな面で支える、「アドバイザー」として必要なんです。
だから子供がしっかりしてるなら、JLはいらないというわけ。

ただこれでも分かりにくそうだなぁ・・・
(トライ)

前の文章でJLはゲームや工作が出来るよりも助言が出来たほうが良いと書きました。
というのは、「JLはゲーム」が出来たほうが良いという多くの声と接していくうちに、「それは違うんじゃないか?」と思ったからです。

こんな例を1つ。
ある人が「ゲーム私80くらいしかできない?」と。
「いや充分でしょう。それだけできれば」私が言いました。
すると・・・
「○○○は120くらいできるのよ。もっとできるようになんなきゃ」
・・・ビックリしました。
ちなみにその○○○さんも、高校生について、
「まぁ4,50位できると良いかな」

さて皆さんに質問です。
ゲームのレパートリーは多ければ多いほど依頼に役立ちますか?

答えは・・・NO
そりゃ依頼の時にゲームの組み立ての時に役に立ちますよ、いろいろバリエーションがあると。
でもゲームばっかり覚えたからって他の部分がどうかによりますよ。
工作(これはウチの地区だけだったりするかな?)、ダンスという実技的なものだけでなく、話し合いの進め方、考え、あとは前に書いたとおり助言ができるかとか、いろいろあるでしょう。
そっちの方はおろそかにしていいんですか?

それから、ゲームが出来ないからってJL失格って訳じゃないでしょ。
さっき上げた中の1つでもできれば良いと思います。
1つも出来なければ?そりゃ新人は何も出来ないでしょう。
それならやる気があればいい。

やる気があれば何でもできるというわけじゃないですけど、JLとして最低限それがあれば良いんですよ。
JLの本分は「やる気のある人である」ということ、なのにやる気があるJLから、JLに入って何年も立つのにゲームが出来ないから、工作が出来ないから、○○が出来ないからといってやる気のある人間に余計な圧力をかけてやる気を奪う奴がいる。
あえて「俺」らしく言おう、そういう奴はゲームが出来ようが何が出来ようがJLじゃない!!
まずは人間として考えろ。
普段の生活でも最低の行為だ。

なぜ、「俺」らしく書いたか。
それは私もそういう経験をしたからです。
私もレパートリーは30くらいです。
実際用いるのは10くらい。
でも説明ベタです。
今でも「JLとしてなってない」と言われますよ。

私は私と同じような立場の人を、例え少なくても救えるような文章を書いていこうと思い、こういう文章にしました。
皆さんの反応をお待ちしてます。
(トライ)

突然ですが・・・私はJLは必要ないと思います。
子供がしっかりしているなら。

子供会を子供が自分達で動かしていけるなら良いんです。
歓送迎会もレクリエーションも運営して、あとはインリーダーも企画したらなお良い。
でもそれってちょっと厳しいでしょ?
そこで、JLはそういう運営の手伝いをしたり、インリーダーのプログラムを立てたり・・・というのが本来のJLの在るべき姿だと思います(もちろんあくまで私の考えです)。

ですが・・・
私のところに来る依頼は子供会関係の場合の大半は、「歓送迎会でゲーム」とか、「インリーダーでゲーム」という内容。
インリーダーは他地区では内容の大まかな部分をお願いされたり、私のところでもそういう形でお願いする地区もありますが(なにせ複数の地区のインリーダーの依頼を受けるもので・・・)、歓送迎会でゲームだけというのは良くあるでしょう。

それが子供達が考えたのならいい考えですよ。
でもたいがいそういうプログラムって聞いてみたら育成会さんが立てているんですね。

育成会さんは歓送迎会やレクリエーションとか、いろんなところでプログラムを立てます。
その気持ちは少しは分かりますよ。
子供達にプログラム作りを任せるよりは自分達でやった方が面倒じゃないという考えがほとんどかと思います(そうでなかったらごめんなさい)。
でもそれって子供会じゃなくないですか?
子供達が自分で考えてやっていくのが子供会じゃないんですか?
親が決めたことを子供にやらせるのが子供会ですか?違うでしょ?
「別にやらせたくて考えてる訳じゃ・・・」という育成会の方、結果的にはそういうことになっているんですよ。

結局が何が言いたいかというと、子供達がいろいろなことを考えていって、子供達が自分達で考えたことを楽しくやっていくのが子供会、そしていろいろ考えていく時に、「ここはこうしていくと良いかもよ」とアドバイスをして、子供達が良い計画を立てられるように導いていくのがJL、そして子供でもJLでも出来ないような手続きをしたり、子供やJLが踏み込めない領域を担当するのが育成会、というのが一番良い形だと思います。
企画も立てて自分達の本来の仕事もする育成会に比べ、今のJLは何かをやる上での、良い言い方をすれば盛り上げ役、ただし悪い言い方とすれば単なるアクセントでしかない。
そして子供は単に呼ばれてきてるだけ。
こういうのが長く続くとマンネリ化して、やがて子供達はお菓子目当てになっちゃうんですね。
あっ、これは俺の経験談。

というわけで、単なる「ゲーム屋」あるいは「遊び屋」であるJLは不要だと思います。
むしろゲームとかが出来るよりも、企画の助言が出来るJLの方が必要だと思います。

ただこれは是非議論して欲しいですね。
皆さんはどう思いますか?

(なお、次の私の記事の「JLの本分は「ゲーム屋」か? 」はこの記事の具体的な部分を補ってます。是非ごらん下さい。)

(トライ)

筆者は、子ども会の指導者として、主に中学生や高校生のジュニアリーダーへの指導をしています。

最近、市内外のジュニアリーダーの子たちと接していて、
「もっと積極的に教えないといけないなぁ」
と感じていることがあるので、紹介してみたいと思います。
このことは、子ども会のお母さんたちにも、そっくりあてはまると思いますよ。

それは、
「他人に自分の想いを伝えるのが下手」
ということ。

○起承転結の原則
何かイベントをするとき、いきなり内容に入ってしまい、
「今日は何をする日なのか」
「今日は何を目標にするのか」
「何時までこのプログラムをするのか」
が、参加者には全くわからないまま、イベントを進めている場面をしばしば目にしています。

やっていくうちに、徐々に楽しくなっていくので、最終的な参加者のみんなの印象は良いのですが、
ちゃんと、これらのことを冒頭に説明すれば、もっと参加者も主体的に取り組めます。

小論文などを学ぶとき、「起承転結」って言葉を学びます。

 はじめに結論や全体の見通しを書く
 話を展開させる
 話を切り替えたりして、核心に迫っていく
 結論を導き出す

この原則、子ども会活動にだってあてはまるのです。
 1日の概要や目標を明らかにする
 プログラムを展開する
 新たなプログラムや、視線や気持ちを切り替える→クライマックスに
 内容を振り返り、目標などが達成できたか考える

この「起」と「結」が抜けていることが多いと感じます。
その結果、運営する側の思いが、伝わりきらないことが多いのではないでしょうか。

「人に伝えること」

ちょっとした工夫で、ぐっと伝わりやすくなりますよ。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3