kaeru.jpg

■子ども会を考える 一覧

読売新聞の記事はこちら

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)は11日、税金の無駄遣いを洗い出す「事業仕分け」の作業を始めた。
 過去最大の95兆円に上る2010年度予算の概算要求から3兆円の削減を目指す。同日午前の作業で、国土交通省の「国土・景観形成事業推進調整費」(200億円)や文部科学省の「子どもの読書活動推進事業」(2億1200万円)、子どもの体験活動や読書活動の振興を図る「子どもゆめ基金」(21億4400万円)が「廃止」と判定された。

多くの子ども会で活用している「子どもゆめ基金」が廃止と判定されてしまったそうです。
さらに、こんな記事もありました。

東京新聞の記事はこちら

 文科省所管の独法「国立青少年教育振興機構」と「教員研修センター」は地方自治体か民間非営利団体(NPO)への移管、「国立女性教育会館」は予算減額と判定した。三つの法人の事業費としては計百二十六億円が要求されている。

国立青少年教育振興機構は、東京にある「国立オリンピック記念青少年総合センター」をはじめ、全国にある「国立青少年交流の家」や「国立青少年自然の家」を所管する法人です。

これは、大変なことになってきました...

(はっちー)

産経新聞の記事はこちら

 来年度予算の概算要求の無駄を削る政府の行政刷新会議が9日、「事業仕分け」の対象の一つに選んだ独立行政法人「国立青少年教育振興機構」。同機構は前橋市富士見町で「国立赤城青少年交流の家」を運営するが、今後、施設の運営方法が大幅に変わる可能性も出てきた。施設側は「学ぶ場を採算性の議論に乗せるのには違和感がある」と困惑を隠せない。(森本充)

 赤城青少年交流の家は昭和46年4月に開所。小中学校や青少年団体が登山やキャンプ、星空観察などの自然体験を行う場として活用しているほか、職員が環境教育に関する指導員の育成や、引きこもり児童の支援なども行っている。

 施設の使用料は基本的に無料。食事代1300?1600円と、シーツなどの洗濯料200円程度で利用できる。全国には同機構が運営する同様の施設が28あるが、赤城の交流の家は、平成19年度に12万2032人が利用するなど、「自然豊かで人気」(橋川広司所長)となっている。

 ただ、年間の管理運営費約7900万円の大半は国からの補助金に頼り、近くには前橋市が運営する「市立赤城少年自然の家」があることから、事業仕分けにあたる民主党のワーキンググループが6日に視察に訪れた際には、現状の運営形態に疑問を呈する声が上がり、民間委託や料金引き上げの可能性を示唆したという。

 これに対し、橋川所長は「布団の片づけやトイレ掃除まで子供たちがやっている。規律やお互いの協調性を学ぶ場で単なるホテルではない」と、理解を求めた。

 だが、今回、行政刷新会議は事業仕分けの対象に同機構を選んだ。橋川所長は「推移を見守るしかないが、運営変更で子供たちの教育に影響が出ないかが心配」と話している。

全国の「国立青少年交流の家(旧国立青年の家)」や「国立青少年自然の家(旧国立少年自然の家)」を運営している独立行政法人も、今話題の政治的な取組のまな板にあげられることとなりました。
夏休みの楽しい思い出に、数日をこうした施設で過ごした仲間も多いのではないでしょうか。
もし、この記事にあるような「民間委託」や「料金引き上げ」が行われた場合、私たち子ども会は、大きなダメージを受けることになります。
具体的には、各行事の参加費の大幅な引き上げをしなければならず、当日も、今までと同じようにはいかないでしょう。

効率や採算性だけで語られたら、結論は明らかです。
しかし、それだけでよいのでしょうか。
願わくば、今日行われる政府の「事業仕分け」の作業の中で、そのあたりのしっかりした議論をしてもらいたいものです。
個人的には、非常に嫌な予感がします。

(はっちー)

教えて!gooの記事はこちら

ディズニーの、「小さな世界(イッツ・ア・スモール・ワールド)」という曲を、主婦によるボランティアの子ども会で使用したいと思ってますが、著作権上問題が発生するのでしょうか? ご判断お願いします。

という書き込みに対して、

厳密に言うと、

>・歌詞を、大きく紙に描きだしたいです。

これはたとえ1枚で、手書きであっても複製(コピー)になりますので、著作権法上問題があります。
演奏して歌う分には、非営利であれば著作権法上問題はありません。

というやり取りがなされているのを見つけました。
著作権の世界は、素人にはとても難解ですが、具体的に気をつける点がここからわかるので、ぜひ参考にしたいものです。

ちなみに、このホームページの「ジュニアリーダー音楽室」に掲載されている歌は、当時の全子連の職員の方にも「各地の子ども会で歌ってもらえたらうれしいね」って言われて掲載したものですので、どんどん使い、歌ってほしいと思います。
いい歌がたくさん眠っていますよ!

(はっちー)

@pressの記事はこちら

 社団法人全国子ども会連合会(本部:東京都文京区、会長:山中 睦夫、会員数約519万人、以下全国子ども会連合会)は、子ども達の健全な育成に寄与する製品等を認定する「子ども会推奨マーク制度」を、2009年11月20日(金)より開始いたします。本制度の開始にあわせ、その審査申込窓口「子ども会協賛事務局」を設置します。

 子ども会推奨マーク制度とは、全国子ども会連合会が、子ども達の健全な育成に寄与する製品、施設、サービス及び作品(映画、ゲーム、書籍等)を認定し、その旨を示す子ども会推奨マークの使用を認める制度です。
 本制度は、子ども会協賛事務局を通じて申込を受付け、全国子ども会連合会の理事会にて審査が行われます。
 子ども会推奨マーク制度で認定された対象は、下記の全国子ども会連合会ホームページや、全国の子ども会関係者に配布される広報紙「全子連NEWS」等で紹介し、子ども会活動や子どもが居るご家庭での利用を推奨します。

 また夏休みのラジオ体操等、各種の子ども会活動への協賛を通じて、子ども達の健全な育成に賛助いただける企業を募ります。各企業の啓蒙活動などにご活用いただけるよう、多様な協賛メニューを準備しております。(詳しくは全国子ども会連合会ホームページをご覧ください。)

全国子ども会連合会で、「子ども会推奨マーク制度」をはじめるそうです。
まだホームページには掲載されていませんが、具体的にどんな商品にこのマークがつけられるのか、そもそもマークはどんな感じのものなのか、注目しましょう!

(はっちー)

時事通信の記事はこちら


 文部科学省は4日、無認可共済を禁じた改正保険業法により、事業継続が難しくなっているPTA共済などを、国や都道府県が監督・認可する「制度共済」として存続させる法案を次期通常国会に提出する方針を決めた。
 PTA共済をめぐっては、自民、公明両党が前通常国会に存続支援法案を提出したが、審議未了で廃案となっており、政府提出法案として今回、救済措置を講じることにした。

今年の通常国会で、審議未了のまま廃案となった「子ども会安全会法案」が、来年1月からの通常国会に提出されるそうです。
安心して安全会制度を続けられるための法律が、再び提案されるわけです。

しかも、前回は「議員立法」という形でしたが、今回は「政府提出」。
つまり、行政側から出される法案ということです。
国会(立法府)だけでなく、内閣(行政府)からも、この法律の必要性が認識されてきたということになります。

全国の子ども会のありようを変えるかもしれないこの法案。
今後の動向に注目していきましょう。

(はっちー)

私はJL恋愛を多く経験した。
片想いで終わったもの、JLネットで知り合ってつきあったもの、告白されて短期間で別の男に取られてふられたもの、告白して玉砕したもの・・・結構多いほうだと思う。
そんな案外JL恋愛の多い私は、当然JL恋愛は認めるタイプである。

たいがいのJLは「JL恋愛はやめたほうがいい」と思っている。
一部の地区では「JL内恋愛は禁止」とするところがある。
なぜか?それは主に2つの理由が挙げられる。
1つは、「JL活動中に支障が出る」という理由、活動中、子供の前でイチャイチャされてはあまり印象としてよろしくない。何よりそれを見る大人の目というのも怖いものがあるし、また会議中にラブラブ状態でいられても困る。
もう1つは、「別れた後が気まずくなる」という理由、仮に別れたとなると、当然その2人の間は気まずくなる。それにより場の雰囲気が悪くなるし、さらにその雰囲気の悪さが子供の前で出たら、まずその活動は失敗すると見て良い。
となるとJL恋愛はあまりよろしくないということになる。

しかし・・・JL個人が個人的な目標として「恋愛はしない」と決めるならともかく、組織的にJL恋愛を認めないというのはどうだろうか。
その場合、極端な話をすればお互いにJLであるという条件を除けば単なる男と女である。
いちいちJLだからという理由2人の恋を妨害するということをしていることになり、邪魔された2人の気になって考えてみるとどこか悲しくもなる。
当人同士、「まぁJL同士の恋はないよね」となるなら別にいいが、相手を好きになったなら「JLだから」という理由を受け入れて恋を我慢するよりも、素直に恋愛したほうがより人間らしいと思う。JLも人間である。まずJLである前に人間である。恋愛をするなというのは、人間らしさを捨てろということに同じだと私は思うのだが・・・(笑)。

JL恋愛にはリスクは付き物である。
先程挙げた2つの理由はどう頑張っても完全に消すのはなかなか難しい。
しかし互いに「JLの時は活動が第一」という自覚があり、「JLは雰囲気が大事」ということを踏まえていれば、何かあってもそれほどダメージは無いはずである。
私の名前ではないが、JL恋愛はトライするだけの価値はあるはずである。

とはいえ、普通どおりどこでもラブラブでいられては、同じJLとしても困るから、それなりのルールはあったほうが良いだろう。
私の場合で言えば、JL恋愛中に決めていたのは、「活動中は普通に呼び合うこと」「他のJLにはあまり知られないようにすること」「仕事と恋愛を割り切ること」の3つだった。
1つ目については、活動中、付き合う前からの自分への呼び方を変えないように約束し、2つ目に関しても付き合う前にきっちり注意した(これがないと案外厄介かも)。
3つ目に関してはあくまで仕事仲間でいるときと彼氏彼女でいるときとで割り切っていた。
例えば活動中はキャンプネーム(CN)で、それ以外のときは名前、というように。
私の場合は別れた後は多少問題はあったが別れた後もマイナスイメージを残さないようにするのがJL恋愛のルールであり、JLとしての最低限の姿勢だと思う。
それができればその恋愛はまず失敗とは言えない

恐らく別れた後に「相手と気まずくなる」という理由でJL恋愛をしない人間は、絶対にJL恋愛をしないほうが良い。
そういう心配りができる自信がないからできる考えなのだと思う。
しかしそういう部分をしっかり管理できてこそ、良きJLなのではないかと思う。
相手と気まずくなるという考え方がそもそもおかしい。
JLになったからには、どんなに嫌な相手でも仲良くすべきである。
一度付き合って別れたからってその後に後味の悪さを残す人間が、人との関わりを大事にしなければならないJLをやっているということが道理に反するのではないか?
そう考えるとJL恋愛も問題なくできるJLは素晴らしいJLだと思う。
JL恋愛をしたくないと思う人間はともかく、JL恋愛をしている、あるいはしてしまったというJLは、この点はしっかり押さえるべきである。
ただし「JLで恋愛相手を見つけたい」と考えている人間はどうかと思う。
出会いを求めるだけでJLをやっているような奴にJLをやる資格はない。
私が認めるのは好きになってしまった場合だけ、である。

以上が私の考え。皆さんもそういう機会があれば、考えてみてください、JL恋愛のこと。

-----
だいぶご無沙汰していました。

最近、JL恋愛のおきてなるものができました。
そこで今回はJL恋愛について、今回は私が現在JL活動6年間をまとめた記録「TRYpressions」に掲載予定のものを一部改良してみました(改良になってるかどうかはわかりませんが・・・)

一応こんな感じで・・・ちょっと「おきて」に逆らってるかもしれませんが、私の考えです。
ただ私はあの「おきて」に経験者として賛成してます。
是非とも、「おきて」を守ってもらって、良いJL生活を送ってもらいたいです。
(トライ)

教えて!gooの記事はこちら

質問者:sheyw

小学生10名程度でお菓子を作るのですが
「小学生がお客さんをもてなす」
そんな時に作れそうな菓子って何がありますか?
場所は調理室なので器具はそろってます。
オーブンは一台。
時間は2時間未満です。
【クッキー】とか、ありきたりの物でないほうがいいです。
どんなものがあるでしょうか。
教えてください(^o^")ゞ

様々な回答が寄せられているようです。
皆さんの回答はいかがでしょうか??

全国子ども会連合会連合会の記事はこちら


1.病み上がりや体調不良気味、発熱症状のある者は、活動並びにキャンプ等へ参加しないよう呼びかけること。
2.手洗い、アルコール除菌、咳エチケットの徹底、うがい等を呼びかけること。
3.発熱症状やインフルエンザ様症状のある場合には、医療機関に受診するよう勧め、医師の指導に従うよう呼びかけること。

※社団法人全国子ども会連合会のブログから引用しました。

夏にも関わらず、新型インフルエンザが再び流行し始めました。
子ども会活動が盛んなこの時期に、困ったものです。
集団感染などが起きないように、一人ひとりが気をつけていきましょう!

皆さんは、何か心がけていることはありますか?

(はっちー)

1回目の記事(第1章 総則)はこちら
法案(廃案)はこちら

ここからが、法律の核心になります。
わかりやすくなるように心がけますので、条文ではなく、解説をかいつまんで読んでくださると良いと思います。
(素人ですので、解釈に間違いがあったら、お知らせください。)

   第二章 共済事業

 (認可)
第3条 PTAであって一般社団法人若しくは一般財団法人であるもの若しくは青少年教育団体であって一般社団法人、一般財団法人若しくは特定非営利活動促進法(平成10年法律第7号)第2条第2項に規定する特定非営利活動法人(以下「一般社団法人等」という。)であるもの又は児童生徒等若しくは青少年の健康の保持増進に関する事業を行うことを目的とする一般社団法人等であってPTA若しくは青少年教育団体(以下「PTA等」という。)と人的関係若しくは財産の拠出に係る関係において密接な関係を有するものとして文部科学省令で定めるもの(以下「特定関係団体」という。)は、行政庁の認可を受けて、共済事業を行うことができる。

 「行政庁(文部科学大臣又は都道府県教育委員会)の認可」を受けることにより、共済事業(安全会)を行うことができると、法律に明記されます。
 つまり、安全会が、この法律に基づく事業であると明確になったのです。

 (共済事業の種類)
第4条 前条の規定によりPTA又はこれに係る特定関係団体が行うことができる共済事業は、次に掲げるものとする。
 (1) PTA又はこれに係る特定関係団体が主催する活動における児童生徒等、保護者、教職員その他文部科学省令で定める者の災害に係る共済事業
 (2) 学校の管理下における当該学校に在籍する児童生徒等の災害に係る共済事業
2 前条の規定により青少年教育団体又はこれに係る特定関係団体が行うことができる共済事業は、これらの団体が主催する活動における青少年、保護者その他これらの団体の活動に携わる者として文部科学省令で定める者の災害に係るものとする。
3 第1項の共済事業を行うPTA又はこれに係る特定関係団体は、当該共済事業のほか、次に掲げる共済事業を行うことができる。
 (1) 学校の管理下以外における児童生徒等の災害に係る共済事業
 (2) 学校が主催する活動における保護者及び教職員の災害に係る共済事業
4 第1項第2号の共済事業を行うPTA又はこれに係る特定関係団体は、同項及び前項の共済事業のほか、第1号の共済事業又はこれに併せて第2号若しくは第3号の共済事業を行うことができる。
 (1) 第1項第2号の共済事業に係る学校と同一の地域にある児童福祉法第39条第1項に規定する保育所又は認定こども園(就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第6条第2項に規定する認定こども園をいう。)であって児童福祉法第59条第1項に規定する施設のうち同法第39条第1項に規定する業務を目的とするもの(以下「隣接保育所等」という。)の管理下における当該隣接保育所等に在籍する児童の災害に係る共済事業
 (2) 隣接保育所等の管理下以外における児童の災害に係る共済事業
 (3) 隣接保育所等が主催する活動における保護者及び職員の災害に係る共済事業

 4条は長い規定ですが、子ども会の安全会が関係する規定は、第2項のみです。
 この規定は、安全会の対象とするものの範囲を定めています。
 つまり、「子ども会が主催する活動における青少年、保護者その他これらの団体の活動に携わる者の災害」が、対象です。
 この法律の施行規則で範囲が決まるものの、恐らく現行と変わらないでしょう。

 (共済事業の内容)
第5条 共済事業においては、共済契約者の保護を図り、その健全かつ適切な運営を確保するため、共済契約は、次に掲げる基準に適合するものでなければならない。
 (1) 共済掛金の額が文部科学省令で定める額を超えないこと。
 (2) 共済金の額が文部科学省令で定める額を超えないこと。
 (3) 共済期間が1年を超えないこと。
2 共済事業においては、1事業年度において支払を受ける共済掛金の総額は、文部科学省令で定める基準を超えてはならない。

 安全会の内容を定めています。要するに、
 ・掛け金や安全会費の上限が法律の施行規則で定められる
 ・期間は1年以内
 ・年度内に支払いをうける掛け金の総額の基準も法律の施行規則で定められる
 ということ。あくまで印象ですが、現行制度を大きく変えることにはならない内容と思われます。

 (共済規程等)
第6条 PTA等(※注:子ども会を含みます)又は特定関係団体は、第3条の認可を受けようとするときは、共済事業の種類、共済事業を行う区域その他共済事業の実施方法、共済契約、共済掛金及び準備金に関する事項その他の文部科学省令で定める事項を記載した共済規程を定め、行政庁に提出しなければならない。
2 行政庁は、準備金が1,000万円に満たない者に対しては、第3条の認可をしてはならない。
3 共済規程の変更(軽微な事項その他の文部科学省令で定める事項に係るものを除く。)は、行政庁の承認を受けなければ、その効力を生じない。
4 共済団体は、前項の文部科学省令で定める事項に係る共済規程の変更をしたときは、遅滞なく、その旨を行政庁に届け出なければならない。
5 共済規程の設定、変更及び廃止は、社員総会又は評議員会の決議を経なければならない。
6 共済規程の変更のうち、軽微な事項その他の文部科学省令で定める事項に係るものについては、前項の規定にかかわらず、定款で、社員総会又は評議員会の決議を経ることを要しないものとすることができる。この場合においては、社員総会又は評議員会の決議を経ることを要しない事項の範囲及び当該変更の内容の周知の方法を定款で定めなければならない。

 安全会には「共済規程」が必要だと規定しています。
 子ども会の場合は、現行では、「全国子ども会安全会規程」があてはまります。
 これを、法にあわせて作り直すこととなるのでしょう。

 (共済契約の締結等に関する禁止行為)
第7条 共済団体又は共済団体のために共済契約の締結の代理若しくは媒介を行う者は、共済契約の締結又は共済契約の締結の代理若しくは媒介に関して、次に掲げる行為をしてはならない。
 (1) 共済契約者又は被共済者に対して、虚偽のことを告げ、又は共済契約の契約条項のうち重要な事項を告げない行為
 (2) 前号に定めるもののほか、共済契約者、被共済者、共済金を受け取るべき者その他の関係者(以下「共済契約者等」という。)の保護に欠けるおそれがあるものとして文部科学省令で定める行為

 「してはならない行為」が列挙されています。
 特に(1)については、全国の安全会関係者にとって耳が痛い内容かもしれません。
 というのは、「共済契約のうち重要な事項を告げない行為」は「してはならない」のです。
 「重要な事項」の解釈によって大きく左右される話ですが、誤解を恐れずに言えば、安全会加入者全員に、契約内容をお知らせすることが必要になるということです。
 ...恐らく、最近全国子ども会連合会が行っている、大量の「安全会に関するちらしの送付」が、今後も続くこととなるのでしょう。

 (共済団体の賠償責任)
第8条 共済団体は、共済契約の締結の代理又は媒介を行う者が当該共済団体のために行う共済契約の締結の代理又は媒介につき共済契約者に加えた損害を賠償する責めに任ずる。
2 前項の規定は、同項の共済団体が、共済契約の締結の代理又は媒介の委託をするにつき相当の注意をし、かつ、当該共済契約の締結の代理又は媒介を行う者が当該共済団体のために行う共済契約の締結の代理又は媒介につき共済契約者に加えた損害の発生の防止に努めた場合には、適用しない。
3 第1項の規定は、同項の共済団体から共済契約の締結の代理又は媒介を行う者に対する求償権の行使を妨げない。
4 民法(明治29年法律第89号)第724条の規定は、第1項の規定による損害賠償の請求権について準用する。

 うーむ、素人には非常に難しい規定ぶりです(^^;
 恐らく類似の規定が保険業法にあるはずだと探したら、保険業法第283条にありました。
 そして、この条文のこの解釈は、社団法人日本損害保険代理業協会ホームページに詳しい説明がありましたので、そちらを見ると、何となく理解ができます。
 ⇒解説を見る

 事務局のない市町村子連では、有志で仕事上がりに集まって夕方から安全会事務をしているようなところも少なくない実態があるわけですが、
保険業法にあわせる形で準備を重ね、安全会組織を変えてきた「全国子ども会安全会」においては、このあたりは織り込み済と思われます。無用な心配は不必要でしょう。

 (区分経理)
第9条 共済団体は、共済事業以外の事業を行う場合には、共済事業に係る会計(以下「共済会計」という。)を他の事業に係る会計と区分して経理しなければならない。
2 共済団体は、青少年の安全に関する普及啓発活動その他青少年の健康の保持増進に資する事業については、文部科学省令で定めるところにより、共済会計において行うことができる。

 この規定は、
「一般の子ども会会計と安全会会計は分離しなさい。
ただし、安全に関する普及啓発活動や健康に資する事業は、安全会会計から支出しても構わないですよ(詳しくは法律の施行規則で定めます)。」
 というものです。
 KYT(危険予知トレーニング)などの研修にかかる費用は、安全会から支出できることとなるでしょう。
 全国子ども会連合会で毎年行っている「子ども会KYT指導者養成講習会」などは、これを利用して、安全会会計から補助を出し、多くの子ども会関係者を安価で呼んで研修し、全国にKYT指導者を増やす...なんて施策が期待できそうです。

 (共済会計の他の会計への資金運用等の禁止)
第10条 共済団体は、共済会計から共済事業以外の事業に係る会計へ資金を運用し、又は共済会計に属する資産を担保に供して共済事業以外の事業に係る会計に属する資金を調達してはならない。ただし、共済事業の健全かつ適切な運営を妨げないものとして行政庁の許可を受けた場合その他の政令で定める場合は、この限りでない。

 安全会会計から一般の子ども会会計にお金を動かしてはいけないという規定です。
 ただし書があり、詳しくは法律の施行令で定められることになります。

 (準備金)
第11条 共済団体は、共済事業における不足金の補てんに備えるため、文部科学省令で定めるところにより、毎事業年度、準備金を積み立てなければならない。

 事業年度ごとに、準備金を積み立てることが義務化されています。

 (業務報告書)
第12条 共済団体は、事業年度ごとに、業務及び財産の状況を記載した業務報告書を作成し、行政庁に提出しなければならない。
2 共済団体は、前項の業務報告書を提出するときは、文部科学省令で定める事項について公認会計士又は監査法人が文部科学省令で定めるところにより行ったPTA・青少年教育団体共済監査に基づき作成したPTA・青少年教育団体共済監査報告書を添付しなければならない。ただし、純資産額が1億円以下の共済団体にあっては、この限りでない。
3 第1項の業務報告書の記載事項、提出期日その他前2項の規定の適用に関し必要な事項は、文部科学省令で定める。

 安全会は、文部科学大臣(又は都道府県教育委員会)に業務報告書の提出が毎年度義務付けられます。
 これに、監査報告書を添付しなければならないのは、どの団体でもお金がらみではよくある話です。

 (共済事業の廃止)
第13条 共済団体は、共済事業を廃止しようとするときは、行政庁の承認を受けなければならない。
 (合併)
第14条 共済団体を全部又は一部の当事者とする合併は、行政庁の承認を受けなければ、その効力を生じない。

 廃止や合併の際は、文部科学大臣(又は都道府県教育委員会)の承認が必要になります。

続きを読む

カーチャンの子育てブログ@2chの記事はこちら

13 :名無しの心子知らず:2009/07/04(土) 10:21:00 ID:VkYRUF0T

もう子供会なんて無くしてしまえばいいのに。
行事やるから参加者募集しても少ししか集まらねぇ
みんないろいろ忙しいんだよ 子供も。

私達が子供の頃は全員参加ってぐらいみんな参加してたような記憶があるが
時代は変わったんだよ

こんな書き込みで始まる記事。

23 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 14:30:40 ID:JE+JAhr7

うちのお祭りは子供が増えました
新しいお父さんも参加してくれるので盛り上がってます。打ち上げもorz

...なんて書き込みもある一方で、

21 :名無しの心子知らず:2009/07/10(金) 10:40:05 ID:eloAbzJ6

小学校も子供の数が減ってるから、
子供一人につき必ず一回以上は役員をやるよう言われたりするよね。
子供が一人ならまだしも...うちも子供二人です。
その上に子供会もだなんて、正直やってられない。

子供会なんてもう無くしてしまえーと思ったりするけど、
地域の神社に子供神輿や山車があったりするわけで、
そういうのをしまいっぱなしにするわけにいかないんだろうね。
子供や大人の、神輿を担ぐ若い世代が参加しないとお祭りを続けていけなくなるし...

...というような、子ども会の意義に一定の理解を示している人もいれば、

24 :名無しの心子知らず:2009/07/16(木) 23:23:01 ID:uwAO8xKe

私も子どもも入りたくないのに、子ども会に強制加入。
でも、6年生になった今の今まで1度も催しには参加したことありません。
なのに、子どもが少ないこの地域、6年生の親が役員になるということが
決まっており、1度も参加したことがないまま役員に。
仕事もあるし、私はあまり参加もしないのですが、そんな中
「6年生の親のクセに」という悪口も言われてるようです。
そして、いつもボスママも取り巻きママも上から目線でものを言う。
あんたらどんなけ偉いんだ??と思う。
入りたくない組織に有無を言わさずに入らされ、
その中での活動を強制的にさせられ、
できない(しない)者は容赦なく下に見られ悪口言われる。
何なの?この仕組み。納得できない。疎ましい。

...に代表されるような書き込みも。

リンク先を読んで、皆さんはどんな風に感じたでしょうか。

筆者としては、コメントにある、

自分が子供の時に参加した子供会は楽しかった。
自分の子供も年齢になれば参加させたいと思っているが、
親の立場オンリーの意見が多いな。
という書き込みがあるのに、ほっと安心しました。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3