kaeru.jpg

ひげさんだより 一覧

指導記録表「目白大学こども学科」
iceoni.gif  この「言葉による指導案」は、「氷鬼」を解説しているだけです。  子どもを対象にして説明するのとは異なります。指導者としてどう説明したらよいのでしょうか。評価・添削欄に記載しました。  「説明のゲーム化」という指導の原理です。「氷になってみる。その面白さを味わい、助ける方法を確認する」という手順でその練習そのものが遊び化していることです。  真似るという遊びの心理が働き真似っこ遊びとして楽しみながらルールを伝えていく方法です。

 さて、この指導案で課題となるのは、【目的・ねらいの達成】欄の記述がないことです。
 氷鬼のねらい・目的はと言われると体育活動分野なので、健康づくりなどを考えますが、いろいろな人を追いかけることができるか、誰でも捕まえてよいということを理解しているのかといった「発達面」から捉えてみることがのぞまれます。
 ルールある活動を理解して、遊びが展開されることそのものが目的です。ルールを守り遊ぶという目的、ルールが定まっていなかったことに対して、自分たちで解決していけるように多くの場面を体験することが大切です。 【相手の立場を理解して、助けるという行動】をとることができるかという視点も重要です。
 ただ逃げているだけの子どもと一生懸命に氷になった仲間を助けようとする子どもとが生まれます。対人関係能力の発達の格差です。このような助ける行為を通じて他者の状況を理解することが経験できる鬼ごっこです。

 このことが遊び方の約束以外に重要なのです。
 助ける面白さを多くの子どもたちに体験してほしいと思います。そのための仕掛けとして、助け方の練習をする必要があるのです。
 簡単に助けることでは面白くありません。タッチだけでは助からないようにしましょう。
 「氷を解かす」と言いながら抱きつく・「氷よ溶けろ」と太陽のように氷を上から照らす・「氷よ溶けろ」と3回回すなど子どもたちと溶かし方を考えると助けることに対して関心を寄せることになります。
 一般的には、氷になった子の股間をくぐると助けることができる方法です。下から温めるイメージを伝えたいものです。

(ひげさん)

「パンツ」はやはり面白い=鬼の「パンツ」はチョッと臭い=

○鬼のパンツ
 「鬼のパンツはいいパンツ」という歌が冊子に紹介されていました。それも子ども向けの歌の本でした。
 日本レクリエーション協会勤務時に、キャンプファイヤーで日本楽器の講習会で椋本さんという職場リーダーが披露してくれた、フニクリフニクラ【赤い火をふくあの山へ登ろうというおなじみの歌である】の替え歌です。
 それに動作がついています。鬼は両手を頭の上に持ってきて角を表現します。
 パンツは、拍手を一回して両手を出して、チョキのポーズをとります。
 これで【パン】【ツー(TWO)】と表現しています。「いい」は親指出してグッドのポーズをとります。
「強いぞ」と続きます。両手を握りこぶしにして、両肩のところで上下します。
 このアックションソングを孫が3年生のときに、何年もはいているパンツだから臭いと変えて学童クラブでセンセーショナルを起こすのです。
 

「鬼のパンツはチョと臭い、臭いぞ、臭いぞ、1年はいたらもっと臭い、5年はいたらもっともっと臭い、10年はいたらものすごい 臭い 臭い 鬼のパンツ あなたも私も 皆 臭い 鬼のパンツ」


と変えたのです。

○パンツ丸見えのポーズ
 パンツの動作は、鬼のパンツと同じです。「丸」は大きく両手をあげて、頭上で丸を作ります。「見え」は双眼鏡のように手で円をつくり、目に当てます。
 よく見てコンパンと続きます。「よく見て」は両手を目に当て、手をくりくりと動かします。「コン」は、片手で頭をコンと叩きます。「パン」は、拍手です。体操着を履いているということです。

○リンゴ・ゴリラ・ラッパ・パンツとなるしり取りペープサート
pape1.jpg
 さあさ皆さん さあさ皆さん しりとり遊びをいたしましょう。
 初めはリンゴ リンゴの好きなゴリラ リンゴの好きなゴリラの持っている ラの音が出ないラッパ
 リンゴの好きなゴリラの持っているラの音が出ないラッパをもらったパンツをはいたパンダ・・・・。
 子どもたちは【パ】がつくと必ずパンツと言う子がいます。
 その子の意思を受け止めて・・・・・・。

○2文字しり取りで、「パン」が「パンツ」に
 創作ペープサート「なかよしきょうだいポンタとポコ」の2文字しり取り遊び
 ポンタ 僕たちなかよしきょうだい【と言って登場する】
 ポ コ 私たちなかよしきょうだい【と言って登場する】
 ポンタ しり取り遊びをしよう 兄ちゃんからやるぞ 新幹線
 ポ コ お兄ちゃん 「うん」がついたからできない。お兄ちゃんの負け。
 ポンタ これは、二文字しり取りさ 後ろから二文字を取って言葉を作るんだ。新幹線だから「せん」から始まる言葉を探す。「栓抜き」・「センチメートル」 など考えられるね   
 ポ コ わかった。私からいくよ。メロンパン
 ポンタ パンツ だめだ 「うんつ」じゃ つぎがない。「ぱんこ」これはだめだ。「うんこ」になっちゃ
う。
 ポ コ やだ お兄ちゃんたら

(ひげさん)

 私は、ジャンケンの国からやってきた王様です。ジャンケンが大変強いのです。
 今日は皆さんがどのくらい強いのかやってきました。
 ジャンケンという掛け声がどのくらい揃って言えるのかに挑戦です。
 追う様がセーノと言いますから、みんなで声を揃えて、ジャンケンと掛け声をかけてください。

 いきますよ。セーノ【ジャンケン】。
 すごい!揃っているぞ。

 ではジャンケンをしましょう。
 セーノジャンケンポン。王様の勝ち。(足を開きパーを表現、両手をあげてチョキを表現、拳は握りグーを表現した3つのポーズをとる)

 今、チョキを出したお友達は、王様の手を見てください。
 グーです。お友達の負けです。
 パーを出したお友達は、王様の腕を見てください。
 両手がきちんと伸びて、チョキです。お友達の負けです。王様の勝ちです。
 次にグーを出したお友達は、王様の足を見てください。両足を開いています。パーです。王様の勝ちです。(子どもたちからずるいと指摘されます)

 これはずるいね。今度は手だけでジャンケンします。5回戦しましょう。王様に何回勝てるか覚えておいてください。

 第一回戦、いきますよ。ジャンケンポン。勝った人。王様に勝った人。いっぱいいるね。
 第二回戦、いきますよ。ジャンケンポン。勝った人。王様に勝った人。これまたいっぱいいるね。

(五回戦終了しました)

 五回終わりました。王様に何回勝ったでしょうか。聞いてみますよ。一回しか勝てなかったお友達。(手を挙げる子が数人いた)
 二回勝った人。(と手を挙げて誘うと)(数人の子が手を挙げました)
 三回勝った人。四回勝った人(と続けて、聞きました)
 五回とも勝った人は(と見渡すと)(多くの子が手を挙げました)
 これは大変だ。王様よりもジャンケンが強いお友達が多いようだ。

 次は、勝ち残り方式にします。王様に勝った人が次のジャンケンをするという方式です。負けた人は次のジャンケンができません。
 勝った人と負けた人がわかりやすいために、全員立ち上がり、負けたお友達は座ってください。

 それでは、一回戦目始めます。
 セーノジャンケンポン。王様はグーですから、パーを出した人が勝ちです。グーとチョキのお友達は座ってっください。

 【王様、王様は僕に負けたのにどうして座らないの。負けたら座るんだよ】

 王様が座るとお友達の基準がなくなるので、王様が負けても王様は座らないよ
 では二回戦目いくよ。勝った人だけだよ。セーノジャンケンポン・・・・・
(周りの子がジャンケンをするのを見ていたジャンケンで負けたお友達も待ち切れずに、ジャンケンをし始めました)
 最後まで、ジャンケンをしている子どもたちがいっぱいになりました。
 皆ジャンケン強いね。王様負けました。

 小学低学年の子と「集団ジャンケン」をするとどうなるでしょう。
 賞品などが掛った展開では次のようなことが起きます。

 ジャンケンという声は大きな声で言うのですが、ポンの時にジャンケンのポーズ(拳)をきちんと出さないで、王様の手の動きを見てから出している子がいました。
 ジャンケンに勝ちます。徐々に勝ち進む人たちがい少なくなると、周りを見て勝ち残りから姿を消すのです。

 このジャンケンは、リーダーに勝つか負けるかという展開で、1対全体という形態をとります。
 これを集団ジャンケンという名称にて、展開していますが、その内容は集団で一斉にすることができるジャンケンなので、一斉ジャンケンと言うべきだと考えます。

 今更名称を変えることが出来ないので、集団ジャンケンにふさわしい展開をしましょう。
 個人戦で進めるのではなく、グループで相談してジャンケンのグー・チョキ・パーを出すか決める展開をするとよいでしょう。
 集団でするのですから、集団でなくては実施できないものを大切にしたいと考えます。
 必然的にズルがなくなって行くから不思議です。勝ったときに喜びは倍増するので活気が出ます。
 勝って喜びを分かち合う仲間がいることがうれしいのです。

(ひげさん)

ejanaika1.jpg

 聖徳大学児童学科は、財団法人日本レクリエーション協会認定のグループレクリエーションワーカーの課程認定校でした。
 課程認定における授業を担当しておりました。コミュニケーション・ワーク演習Ⅱ-2、コミュニケーション・ワーク演習Ⅲ-2、グループワークトレー二ング演Ⅱを担当しておりました。そのコミュニケーション・ワーク演習Ⅲ-2で、集団遊びを中核にして授業を展開しておりました。
 集団遊びの系統ごとに授業計画を立て、基本形を実際に体験して、その体験をもとに自分たちで工夫した遊びの工夫・変化を毎回レポートにまとめて提出する授業でした。

 上掲は、北詰さんの【指先を使った困難性を生かした遊び】のレポートです。
 発想豊かな学生でした。これは素晴らしい創作だと他の学生も絶賛しました。
 「幼児にとっては、歌詞が難しい」「言葉の譜割が難しい」と指摘しました。
 「芽が出て、芽が出て、芽が出て、芽が出て」と続けることでよいのではないかと意見が一致しました。最後は[膨らんで咲きました」とすることがよいとなりました。

 さらに、工夫が生まれました。
 「咲きました」と両手指先を開くときに、各自が右側・左側へ花を咲かせると、隣の人と花が向き合うという偶然の一致を楽しむことができる工夫です。
 もちろん右側に花を咲かせても、右側の人が左に花を咲かせてくれないという不一致も生じます。これがまた楽しい状況を作りました。「おはな」の指遊びの完成です。

 この遊びを新潟県保育士会の研修会で紹介いたしました。
 しばらくしてお便りが届きました。保育園で実際にやって楽しんだとのことでした。
 ところが面白いエピソードが添えられていました。
 お昼寝の時に、なんだか胸の前でごそごそやっている子がいるので、毛布を少し開けて覗いてみたら、この「おはな」遊びをやっていたとのことです。

 (ひげさん)


遊びのエッセイゲーム集・児童文化財

宇田川 光雄

はじめに
 小学校低学年の子どもたちと買い物拍手をしていました。

「両手をこのようにして(拍手する準備をしたポーズで、胸の前に両手を開いて待つ構え)構えます」
「おじさんが八百屋さんで売っているものを言ったら拍手を一つしてください」

「キュウリ・カボチャ・ナス・ピーマン・パーマン」
と歯切れよく、商品をピーマンまで続け、その後、自分で拍手するように両手を動かして、拍手を誘いながら【パーマン】と言いました。

「あれ、パーマンはアニメーションですね」
(間をあけてから)
「八百屋さんで売っていないものが、急に出てきますから、よーく注意して聞いてください。
 売っていないものを言った時は、拍手をしませんよ。
 それでは続けて、八百屋さんで売っているものを言ったら拍手してくださいね」

 「ジャガイモ・サツマイモ・焼きイモ・・・・」
焼きイモで拍手をしないで、黙っていると、子どもたちから、【売っているよ】という発言がありました。
 「そうだよね。売っているよね」と対応しました。

 「次は、魚屋さんへ頼まれたものを買いに行きました。買ってきてねと頼まれたものはなんでしょう」
 「魚屋さんで売っているものを言ったら拍手してね。
 ブリ・・・ブリって知っている。
(と問うと、知っているという声が返ってきます)
 そう知っている。身体が大きくなると名前が変わる魚です。出世魚と言います。
 それでは続けますよ。カツオ・ワカメ・・・あれ、【サザエさん】みたいだね。
 もう一度最初から、ブリ・カツオ・ワカメ・金魚・・・・」

「金魚だって、金魚売っているかな・・・」
「カツオ・ワカメ・イワシ・マグロ・クジラ・・・・・」
「クジラはどうかな、売っているかな・・・・・・・・」
(子どもたちは、売っていると答えます)
「そうだね。一頭は売っていないけれど、切り身で売っているね」
「では、次は、頼まれたお買い物が出てきます。何でしょう。カツオ・ワカメ・イワシ・サンマ」
「そうです。サンマです」

「魚屋さんでの買い物が済んだので、パン屋さんへ行きました」
「パン屋さんで売っているものを言ったら拍手してくださいね」
「構えて、三色パン・メロンパン・・・・三色パンって知っている」
(知らないなどと声が返ってきます)
「ジャムとクリームとチョコレートの三種類のパンが3つつながっているパンです。
 今はいろいろなパンがあるよね」
「メロンパン・クリームパン・フライパン・・・・」
「フライパンは、料理するときに使うものだね」
「おじさんフライパンは揚げたパンのことだから、拍手してもいいんじゃないの」
(と子どもの発言)
「そうか、揚げたパンか、揚げパンもあるね」
「拍手してもいいんだ。拍手した人正解です」
「あれれ、皆よく知っているフライドチキンは、唐揚げだね。
 フライドチキンだから、フライドパンと言わないといけないのかな。変だね。
 フライパンの方が言いやすいね」

 子どもたちと会話をしながら「買い物拍手」という遊びをしています。
 学童保育の保護者たちで、相談する会があると、私は、子どもたちと遊ぶ役割になります。
 決まって、「買い物拍手」をしていたので、いつの間にか「八百屋のおじさん」になってしまいました。
 何回やってもピーマンの後はパーマンです。そこで子どもたちは笑います。

 こんな遊び集・児童文化財があってもよいと思い書き留めることにしました。
 遊びのエピソードですが、エッセイ気取りで進めます。

(ひげさん)

昨日孫小学校3年生が家に帰ってきました。
「明日フーセンバレーボールをしたいんだ。じいちゃん風船ある」というのです。
「風船、こんな大きなのがるよ」とスマイル風船を見せました。
「これで大きすぎるかな」
[これでもやれるんじゃないか。黄色い色の風船にスマイル笑顔が描かれているから、喜んでくれるよ]「そうだね」
と風船を持っていくことになりました。
これは担任の先生が、不安がる子どもたちを元気づけようとみんなで遊ぼうと呼びかけたことによります。

子ども会でなにができるのか。
それは、救援募金と、ここでお知らせしたような遊びの発信です。
そして、全子連が石川県で実施した「お話キャラバン隊」のような活動も必要です。
また、避難生活の子どもたちに元気をつけてもらえるよう、全子連が実施している「読み聞かせリレーション」や「アクティブキッズ」のような活動を生かして、被災地の各地で展開しましょう。

出来る限り多くの人が国難に向かい対応することが必要です。
子ども会のできることは、たくさんあります。

さあ、心のケア「集団遊び」はこれでおしまい。
いかがだったでしょうか。
「ひげさんだより」は、まだまだ続けていきます。

(ひげさん)※はっちー一部加筆

5.4・5人でのオチャラコジャンケン(一人が勝つまで続ける)
 ア 人数
  4~5人程度
 イ 用具
  なし
 ウ 進め方
  ① 円形になります
  ② 『オチャラコオチャラコオチャラコホイ』と言いながら、自分の手のひらと隣の人の手のひらと交互に手を3回合わします
  ③ 『ホイ』ところで、ジャンケンをします
  ④ ジャンケンにより次の行動に分かれます
  ⑤ ジャンケンで勝ち負けが判定され、勝った時は『オチャラコ勝ったよ』と言いながら、隣の人と一回手のひらを合わせた後に、両手を上げて万歳をします
  ⑥ ジャンケンで負けた時は、同じように一回手のひらを合わせて、『オチャラコ負けたよ』と言いながら、頭を下げます
  ⑦ ジャンケンで勝ち負けが決まらない『あいこ』の場合は『オチャラコあいこで』と言いながら、隣の人と一度手を合わせてから、腰に手をあてて、見あいます
  ⑧ 4~5人で同時にジャンケンをしますので、なかなか勝敗がつきません。そこで、たった一人が勝つまで続けるというルールを採用すると連続で展開され、楽しくなります
  ⑨ この遊びは、2人で行うのが通常ですが、4・5人で行うと違った効果が出ます

6.ヒューマンチェアー(アメリカンスタイルイス取りゲーム)
 ア 人数
  15人程度から
 イ 用具
  椅子人数分
 ウ 進め方
  ① イスを図のように『互い違い』に一列に並でます。その周りに一列になり楕円形になります
  ② イスの周りをまわります。そして合図によりイスに座ります。イスが互い違いに位置していますので、座るために大きく移動しなければならないことが生じます
  ③ 最後にイスに座ったものが、次の合図を出す人になります
  ④ 合図の出し方は、大きな声で『シッダンプリーズ』と言います
  ⑤ このようにして、次々と展開していき、一度も合図を出す役割にならなかった人がチャンピオンということになります
  ⑥ 元気を出すためには、みんなで歌を歌いながら椅子の周りを回ることにするとよいでしょう

--
「今、子ども会では、どんなことができるのでしょうか。子ども会では、遊びを通じて元気を出してほしいということだと思います。」
ジュニアリーダーや子ども会の方々、ぜひ参考にしてください。

3.連続ネームコールパス
 ア 人数
  8人程度から15人程度まで
 イ 用具
  ボールなどのやり取りが可能なもの
 ウ 進め方
  ① ボールを一つ、相手の名前を言いながら送ります
  ② 名前を呼ばれた者は、ボールを移動しないでキャッチします
  ③ キャッチすることができたら、その者は、次に送る人を決めて名前を呼び、ボールを送ります
  ④ このように次々と名前を呼んでは、ボールを渡していきます
  ⑤ 全員にボールが渡り、もとに戻ってくることができれば完成です
  ⑥ このボール送りが完成したところ、ボールを2つにしていきます。次々とボールを増やしていき、何個のボールを一度に送ることができるかにチェレンジします
  ⑦ 相手の名前を同時にコールすることもあり、ボールを送ったらすぐにボールをキャッチすることになります

4.集団コールネーム「トントン1・2」
 ア 人数
  30人程度
 イ 用具
  なし
 ウ 進め方
  ① 3人組みになり、3人はまとまり、全体で円形になり座ります
  ② 組ごとに1から10番というように順番に番号をつけます
  ③ 全員で、トントンと手拍子を打ちます。そして、一番のグループから次のグループの番号をいいます。「トントン1・3」などとリズムに合わせて、番号を送ります
  ④ このとき、3人は声を揃えて、「3」と言わなくてはいけません。そのためには、3人でどう対応するのかを決めておかなくてはなりません。どう決めるかはその3人の知恵です。
   例えば「4」から自分たちの番号が指定されたら、それに一つ加えて、番号を指定するなどのアイデアです
  ⑤ 失敗した3人は、番号が最後の番号になります。失敗した番号より下の番号のチームは、一つ番号が上がることになります
  ⑥ このようにして、自分たちの番号を少しでも高くしていくことをねらいます
  ⑦ 失敗は、3人の息が合わずに、バラバラに番号を言った時とリズムを乱した時になります

--
「今、子ども会では、どんなことができるのでしょうか。子ども会では、遊びを通じて元気を出してほしいということだと思います。」
ジュニアリーダーや子ども会の方々、ぜひ参考にしてください。

あいにく雨が降って、外で遊べない時は、室内でも遊ぼう!

1.タケノコ一本おくれ(いつも3人立ってよ)
 ア 人数
  6人程度
 イ 用具
  なし
 ウ 進め方
  ① 全員胸の前で、両手を合わせて、「タケノコ一本おくれ」と唱えます
  ② タイミングを図って、誰か一人が、両手を上げながら『ニョッキ』といいます
  ③ メンバーの一人が一本のタケノコを『ニョッキ』と出すことができれば、大成功です
  ④ 2人・3人が手を上げた場合は失敗です。失敗したらやり直します
  ⑤ はじめは、1本、うまくいったら2本と次々にタケノコは同時に本数を増やしていきます
  ⑥ その時、「タケノコ2本おくれ」[タケノコ3本おくれ][タケノコ4本おくれ]と唱えるとわかりやすいでしょう
  ⑦ このようにして、5本まで連続で出来ると完成です
  ⑧ 偶然を楽しむものですから、順番を決めたりすると面白くありません
 エ 変化
  「いつでも2人立ってましょう」と唱えて、メンバーの中から2人が立ちます。2人立っていなければすぐに調整して、2人になるようにします。
  2人が立てたところで、同じように『いつでも2人立ってましょう』と唱えて、入れ替わります。入れ替わりの時に状況判断して、すぐに立ち上がったり、座ったりと調整をしていきます。それを繰り返して楽しみます

2.羅漢回し
 ア 人数
  8人程度から30人でも可能
 イ 用具
  なし
 ウ 進め方
  ① 円形になります。隣の人がよく見えるように位置します
  ② 各自分かりやすいポーズをとります。そのポーズを隣の人が真似ていくという遊びです
  ③ 8つ数えながら、ポーズをとります。動くポーズをとります。例えば、両手を上下に動かすなどのポーズになります
  ④ そのポーズを各自がとります。ポーズは自分で考えたもので、わかりやすい動きをつくることが大切です
  ⑤ 自分でとったポーズをきちんと示しながら、右隣の人のポーズをみて、その動きを次の段階で、真似します
  ⑥ このようにして、次々と動作を送りながら、自分のとったポーズが戻ってくるまでつづけます
  ⑦ どうしてもポーズを真似することができずに動作がストップしてしまったら、また最初からはじめます。

 羅漢とは:羅漢さんと呼ばれて、同じポーズが一つもない仏像です。それを遊びの中にとりいれたものです。

--
「今、子ども会では、どんなことができるのでしょうか。子ども会では、遊びを通じて元気を出してほしいということだと思います。」
ジュニアリーダーや子ども会の方々、ぜひ参考にしてください。

asobi6.jpg11.ワンバウンド野球(チョビベースボール)
 ア 人数   8人程度
 イ 用具   軟式テニスボール
 ウ 進め方
  ① 2チームに分かれます
  ② 先行チームは相手が投げたワンバウンドのボールを4分の1円の中で、一回弾ませるようにして打ちます
  ③ あとは野球のルールと同じです
  ④ 小さい場所でも打つ時は思い切って打ちます。そのうち方はバットを使わずに、手で打ちます
  ⑤ ワンバウンドしたボールをキャッチすればフライをとったことになり、アウトとなります
  ⑥ 4分の1円の中にワンバウンドしたかの判断で合議が時々生まれます

12.円にさわれ
 ア 人数
  30人程度
 イ 用具
  なし
 ウ 進め方
  ① 円形(直径10m程度)になり、中央に小さな円(直径1m程度)を描きます
  ② はじめは指導者の指示で、『男の子』などとコールします
  ③ 該当する人たちが、中央の○に触り、戻ります。この場合は、男の子が移動します
  ④ 最後に戻った人が、次のコールをする役になります
  ⑤ このようにして次々と該当するものが移動してたのしみます
  ⑥ 徐々にコールする内容がなくなってきます。同じことを繰り返してもよいことやコールする内容にヒントをだすとよいでしょう
  ⑦ 誕生月・好きな食べ物・2者選択(リンゴとミカン好きなのはリンゴなどです)、見えないものをコールしてみようという指導者の言葉かけで遊びの内容がふくらみます

--
「今、子ども会では、どんなことができるのでしょうか。子ども会では、遊びを通じて元気を出してほしいということだと思います。」
ジュニアリーダーや子ども会の方々、ぜひ参考にしてください。

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3