kaeru.jpg

[コミねっと終了]トピックから「ジュニアリーダークラブへのかかわり方」

前回に引き続き、終了するコミねっとのトピックから抜粋します。
10年前の悩み相談ですが、本気で向き合う全国の仲間がそこにはいました。

[●熱く語ろう!総合議論コミュニティ] トピック「中学生のいるJL」

■2010年02月24日13:11
中学生も会員としているJLの方いますか?
いま、対象が高校生だけなんですが、毎年メンバーが減少傾向にあるので、対象を広げてみようかと思います。
中学生はどういう活動をしているかやレクの教え方、実際に中学生を見てどう思ってるか、等を書いてください。
参考までに色々な意見を聞きたいです。


■2010年02月24日14:32
1:
はじめまして
JL活動を経てJLを指導していました○○と申します。
私の地域ではJLの募集対象は中学生からです。
私も中学生の頃からJL活動をしていましてそれが当たり前の感覚でやってきていましたが、おっしゃる通り、全国には○○さんのところみたいに高校生からというところもあれば小学生からJLとして活動をする地域もあるみたいです
ただ、○○さんの地域がどのような活動をしておられてかつ高校生の方々ににどのようにレクを含めて御指導しておられるのかが少しわかりにくいのでその点を教えていただければ私も含めてこのサイトにいらっしゃる方々もわかりやすいと思います。
基本的にはレク指導程度であれば中学生でも問題はないと思います。
個人的な考えで申し上げますと中学生に我々指導者が教えるのが厄介というより、中学生リーダー自体が小学生との年齢差がほぼない場合もありますので、言う事をきいてくれない小学生に対して手をやいたり、リーダーということを忘れて本当に子どもと同じように遊んでしまったりという部分はあるなあとは感じます。
ただこれは高校生でも最初はみんなそんなものかもしれませんが...。

■2010年02月24日18:17
2:
うちらの団体は市単位のJLなので、ただでさえ大きいのですが、市自体も合併したり、さらに広がっている状況なので、そのなか高校生リーダー10名程度で年間70個もの子ども会活動から以来がきます。
私達の会の中心は高校2年生に会長を置いているのですが、(2年生は1人だけです)その会長もいまいちやる気があるのかどうかわからないような人で、連絡はあまりつながらない。やることがい。ギリギリになって後輩にやることを押し付けたりも多々あります。
また、後輩が気を利かせて何かをやっても、「やる前に言ってほしかった」と理不尽にも怒られてしまいます。
OBになって現在、1年生には自分からやることの指示や愚痴を聞いてやるなど精神的なケアは行っていますが、これから、正直どうなってしまうかわかりません。
(会の現状までに)

■2010年02月24日18:32
3:
また、レクの指導は、今JLでありながら、ほとんど現役高校生はできません。
「知っている」程度の知識はあったとしても、「活動で活用できる」レベルには程遠いものがたくさんあります。
自分は、現在OB2年目ですが、変に「OBには干渉してほしくない。」みたいな考えを持っている人がたくさんいるので、自分の立場からしたら、現状を変えたくとも、非常に難しくなってしまいます。
レクは、現在でやっていますが、会長もほとんどできない。状態で教えられていません。
自分達のころは、先輩達が定例会などの機会を設けて通年にわたり実際に見せたり、基本的には「見て盗め」状態でした。
それでも少し前までは、会員が独学で学んだり、先輩に自分からアドバイスをもらったりしていました。

■2010年02月24日18:54
4:
中学生から会員です。
じゃないと自覚が身につかないと思っています。
実際中学からやってもたったの6年(最高で)しか活動出来ないですもの、高校からだと自覚が身につく前にいなくなっちゃいそうですね?

■2010年02月24日19:42
5:
うちは、中学一年からやっていて現在三年です。
うちらのとこは、中学一年から高校三年までがジュニアとゆう形です。
大学生(社会人)からは、シニアになってます。
現在、会長をやっているんですが中学一年生でも4月から入って1月までの状況だと...
やりたいと思って積極的に活動に参加していること部活で活動に参加できないことでは、差が開いてしまいレクや人の前に立って話すとゆうことが違ってきます。
去年ね会長は、高校3年でとりあえず今もジュニアで活動してます。
うちらのとこは、その先パイ意外に高校生は、いません...

■2010年02月24日20:27
6:
○○では、高校生からジュニアです。
なので、正確に言うならば、自分や○○は、まだジュニアじゃないんです。

■2010年02月24日21:23
7:
みなさん、中学生は1年生~を対象ですか?
また、中学生の指導のために、コレをやっている!ってことがあれば、聞きたいです。
それと、レクの指導の仕方などお願いします

■2010年02月24日21:37
8:
中学生は、2年生になって入る子とかもいるから...
入るこは、一年生から指でOK
定例会にレクの練習や指導を入れたり
後はやっぱり、みんなと仲良くなること
そうすればみんなでレクとか自然にやったりとか指でOK
定例会の時に必ずレクをやるとか
レクは、小学生相手みたいに一回やってみて考えさせて答えを明かしてそれで少しずつ分けて何回か説明とかをさせてく
最初は、何人かずつでやらせて慣れてきたら人数を減らしてく
こんな感じかな
お役に立てなくてすみませんね...

■2010年02月24日21:45
9:
机上の空論にならないように実践させています。
中1はサブを重点的に(サブが出来なくてレクの指導はできないというわっちの考えです)
○○の所は中2から徐々にサブとエールを実践させていきます、だいたい中2でエールとして前に出る事ができるようになります。
指導の仕方って千差万別ですよね?
○○はまず見せる、見て覚えさせます。
だって自分にレクの指導をする人のレクを見た事がなくってお互いの信頼が得られるだろうか?
本だけ読んだりして知識は増えても相手は人間のお子様ですからね、本の通りにはならないですよ。

■2010年02月24日23:15
10:
自分のところは、子ども会の会員が小学生までなので中学生からがJLCの会員でした。
全子連の基準でも中学生以上だしね。
はっきりとは分からないですが、中学生以上をJLC会員としてる地域のほうが多いんじゃないかなと予想しています。
中学生だから無理って言うことはないと思いますよ。
中学生ぐらいから始めることで高校生になったころにはスキルもかなりついていて、その高校生が中学生を指導するとスキルも身についていくし受け継がれていくと思います。
指導の仕方についてですが、人それぞれ受け取り方って違うと思うので、
「自分はこのやり方をする」というのを作らないようにしています。
逆に、色々なやり方で教えられるスキルを身につけることも大切だと思うし、
その子のモチベーションやスキルや考え方にあったレベル・方法・内容の指導をしていけば、どんな子でも(ちょっと誇張かもしれませんが)JLとして成長できると思います。

■2010年02月24日23:19
11:
これもまた、○○さんと被ってしまいますが、まっさらの状態でのレクの指導法に関しては、まず『見て盗む。そして実践する』が一番だと思いますしそれしか方法がないと感じます
全国各地のレクを私は全て網羅しているわけではないですがJLで使うレクの殆んどは中学生の方でも出来るものですが、このサイトに紹介されているものも含めて初心者が文章だけのルールの羅列だけのものを読んでレクを実践できる訳はないと思います
まず、○○さんが簡単に出来るレクを中学生の方の前でみせる事だと思います。
それを盗ませて、今度はリーダーの仲間同士で披露しあう。
そして改善点を見つけてそれを今度はそれを補う
その上で子どもの前で披露する。
多分、そこで子どもの前でやるのとリーダー同士でやるのとは全く事情が違う事に気付くでしょう。
そしてまたそこから勉強していく。
この繰り返しが一番の近道でしょうね
大事なのはあれもこれもやらせるのではなく何か一つでいいからこれに関しては誰にもまけないという『必殺のレク』をもたせる事でしょうね。

■2010年02月24日23:21
12:
○○の聞いてつけたしです
誉めると伸びること
キツくいって伸びること
うちらのとこにも両方のこがいます

■2010年02月24日23:34
13:
私のところも中学生からジュニアとし活動しています。
それ以前に、小5・6年生対象に年少リーダー研修を行っており、そのお兄さん・お姉さんとして中学生ががんばっています。
そのころから高校生、大学生、大人のやるレクを見ており、○○さんの言う『見て盗む。そして実践する』状態となっています。
また、レクだけでなく、さまざまな活動に参加させ、子どもたちと触れ合うことをしています。
レクの指導はこれといってしていないと思います。
仲間内の集まりの時に失敗をさせてもいいからと言って実践させています。

■2010年02月24日23:35
14:
>誉めると伸びること
>キツくいって伸びること
>うちらのとこにも両方のこがいます冷や汗
ちなみに俺は褒められて伸びるタイプです(笑)
でも、先輩は、「きつく言って、ダメだしして、伸ばす」というやり方しかしませんでした。
俺はボロボロになりながら続けて潰れてJL辞めました。
なので昔のコミセンではっちーに出会ってなかったら今の自分はありません。
そして、潰れて辞めた仲間、いっぱいいます。
潰れていくのを見ていることしか出来なかった後輩がいっぱいいます。
だからこそ、中学生を育てるのは、焦らずじっくりやって欲しいと思うのです。

■2010年02月25日02:24
15:
ひとつ大事な点を書き忘れていましたが、『人数が減って来たので門戸を中学生まで拡大したい』との事ですが、確かに即効性もあり一番手っ取り早い方法にみえますが、根本的な解決にはならないと思います。
もうひとつあげられてるトピと同じ答えになってしまいますが、まずは何故、人数がそこまで減り、高校生のレクの指導レベルが下がったのかをきっちり原因を究明して、組織自体をしっかりさせる事を平行していかないと、たとえ人数がふえても中途半端な方々や途中でやめていく方々が増やす原因になりかねないとも考えます。

■2010年02月25日08:55
16:
初めてのコメントになります。 広島で指導者として活動している ○○○○○○と申します。
私の所では、○○さんと同じで高校生以上がジュニアとして活動しています。
 もともとの質問に対する答えとしては、中学生は、研修の参加者としてジュニアの
活動を見て覚える期間というやり方でずっとやってきています。
 私も他団体等では、中学生をジュニアとして活動している所が多いという事を最近知った位なんですよ。
 私の考えとしては、中学生からをジュニアとするのも 高校生以上をジュニアとして扱うのも、両方にいい面、悪い面がある様に思います。 
 15の○○さんの回答は私も同意見なんです。  
中学生をジュニアとして扱うことは、意味ある事ではありますが、その受入態勢を
○○さんの市子連がとれるかどうかが一番のポイントとなるんじゃないかな。
レクを含めて指導する場合に、 失敗をしても大丈夫という雰囲気をつくれるかどう
かという事を含めて。 (適当にやっていいという事ではないですよ・・念の為)
やはり誰かが中心となって会をまとめる必要がある様に思います。

■2010年02月25日09:44
17:
16の○○○○○○のコメントを見て、○○の所は当たり前のように小6で養成研をして中1からジュニアとして活動します。
でもそれって○○達の先輩がそういう環境にしてくれていたからであって一度傾いた○○の出身JLCが数年で立て直せたのもそういう地盤がのこっていたからなんです。
○○さんが対象の範囲をひろげて市子連に応援を頼むのはかなりの干渉とジュニアへの軽視があると思います(経験者談)、○○さん達が後に続く後輩たちの礎になる『断固たる意思』が必要ですよ。
参考までに
先輩は自分の経験から後輩に干渉します、そこで辞めてしまう後輩は必ず「自分なら上手く出来るのに」って思うみたいですね、○○は辞めて逃げ出す事はしなかったけどそう思っていました。 
そこで『父親役、母親役』の存在は大切だと思います。

■2010年02月25日12:17
18:
はじめまして。
○○町で、ジュニアリーダー部担当をしています「○○」です。
うちの町では、小学5~6年生で、JLに入部するための研修を1年間やって
希望があれば、そのあと、JL入部になります。
そのため、小学6年でもJLとして活動している子もいます。
(まぁ、人数は少ないですが)なので、いちおう、中学生から高校生がJLとして活動しています。

中学生のために、これをやっている!という指導は
見せる→盗む→やってみる→実践 これでしょうか。

厳しく、こうしなさい、ああしなさいとはほとんど言いません。
できたらほめる、できなかったら後でみんなで考える このぐらいですね。
中学生なので、難しいところもありますが、育成に必要なのは我慢・忍耐だと思っています。

うちは、育成者がとても協力的だし、色々気にかけてくれるのでなんとかなっています。

■2010年02月25日19:41
19:
○○市でシニアリーダーをしています、○○です。
小学生から中学生までジュニアリーダー研修を受け、高校で自分たちでクラブを作り、卒業して10年経った今もリーダーです。
うちは、最初は中学2年生からクラブに所属としていました。今は1年生から入っています。
前に調査したけども、年齢層って、人が集まる集まらないとあんまし関係ないみたいですよ。
それより、ちゃんと1人1人にとって居心地がいい場所になってるかどうかだと思います。
うちは、うまくいかなくなったとき、「シニアリーダー(大学生以上のリーダー)から伝えたいことをちゃんと機会を作って伝えようよ!」ということで、
シニアリーダーによる中高生対象の手作りの研修を作りました。
「レクをいくつ知ってるか」よりも、大事なことがある。
一番大事なのは、この仲間が大事だねって思う気持ちと、お互いを思いやる気持ち。この活動が好きなこと。
これって、子ども会の小学生にも共通していえることだと思うんですよ。
自分達ができてなくて、どうして子ども達と仲良くなれるの?
...って言い合って、必死でやりました。
そうやって当時頑張ったことで、たくさん仲間が戻ってきました。

中高生に「干渉」することを嫌がるからって、何も伝えないのはだめだと思う。
ちゃんと整理して、伝える場をしっかり設ければ、OBの立場の人もやりやすいと思うし、中高生も、決して干渉されるなんて思わないはずだよ~

■2010年02月25日21:17
20:
○○市でジュニアリーダー経験を持つ○○といいます。
地元では小学校5年~6年に進級するときに他地区でいう養成研の案内を出し、
初級の認定をもてば小学校6年生より活動できるシステムになってます。
しかし条件もあって1)最初の1年は準会員(お試し期間)2)最初の1年はレクのみの指導(班付きにさせない、かならず指導者を入れる)3)危険行事参加禁止(キャンドルやファイヤー系は普通の参加者として)があります。
あくまでも小学生に危険な目にあわせない、けがをさせない、無理をさせないが第一の考え方でこのような仕組みになっています。
〉いま、対象が高校生だけなんですが、毎年メンバーが減少傾向にあるので、対象を広げてみようかと思います。
このような取り組み方はとても良いことだと思います。対象年齢を広げていくことで
JLの幅や活性化につながると思います。
〉中学生はどういう活動をしているかやレクの教え方、実際に中学生を見てどう思ってるか・・
中学生にはまずレクをしっかりできなければうちのJLCは困る方だったので基本を1年かけてしっかり身につけさせます。
大きい行事等(キャンドルサービス・キャンプファイヤー)は基本中心には入らず周りから支えるってことが多かったですね。
中学生は貴重な戦力だと思ってます。
どう生かすかについては○○さん自身だと思います。

■2010年02月25日22:16
21:
みなさんのJLでは結構レクの披露のし合いとかしてて、うらやましいです。
うちの所は、「レクはみんなできるの?」と聞くと「できない。」で、「じゃあ、子どもの前でいつでもできるように定例会てやらなきゃね。」で、・・・・いつまでもやらない。
なんて状態です。
でも、まずは互いのコミュニケーションを築けたうえでやらないと、高めあえるメンバーでないといけないことも切に思います。
最近は、どれから手をつけたらいいか、なんて声かけをしたらわかってもらえるのか、自分はOBの立場から口出ししていいのか。なんていう悩みに押しつぶされそうなのが、正直なところです。
いまいち、聞いてくれているのかもわからず、自分が、もっと積極的に動けたらいいのに、とか思ったりもします。
最初の質問の趣旨とは変わってきてしまいますが、今後どのような気持ちでいけばいいでしょうか・・・・?

■2010年02月25日23:58
22:
○○さんの所属しておられるJLはOBが口出しする事をタブー視する傾向にあるみたいですね。
その部分で「自分はOBの立場から口出ししていいのか」という不安に苛まされてるとお見受けします。
私の市のJLも同じでOBが口を出す事はいけないという風潮です。
でも私はその慣例を破り、弱体化していた地元JLに口と手を出し続けました。
それは、古の先輩達が45年以上も守り続けてきたJLそのものがこのまま弱体化し潰れていく事を指をくわえて見ている事ができなかったからです。
それと同時に、地元JLとして本当の楽しさや仲間と協力して子どもの為に後輩JLの為に心を一つにして苦労を重ねて作り上げたものが喜び・・それがまた友情となってかけがえのない友人になっていく・・そういうJLとしての本当の喜びや感動を後輩達に伝えたい。
おっしゃられている「どのような気持ちで?」と言われれば私はその気持ちで接してきました。
>どれから手をつけたらいいか、なんて声かけをしたらわかってもらえるのか、自分はOBの立場から口出ししていいのか。なんていう悩みに押しつぶされそうなのが、正直なところです。いまいち、聞いてくれているのかもわからず、自分が、もっと積極的に動けたらいいのに、とか思ったりもします。
不安はわかりますが、再三お話させていただいているとおり荒廃したJLそのものを立て直すのには手間も時間も労力も必要ですから、劇的すぐに変わる事ないと感じます。(3年以上は覚悟した方が良いと思います。その期間は付かず離れずきっちりJL一人一人に向き合う気持ちがないと不可能です。)
厳しい意見を申し上げますと、この言葉をお見受けする限りでは、○○さんの今の気持ちでは中途半端になると思いますからに手を出さないほうが賢明でと私は感じます。
(その気持ちであればその指導を受ける高校生がかわいそうな気がします。)
まずは、○○さんが思っておられる地域のJLで大切にしてきた或いはご自身が大切だと思っておられる事をすこしずつやって行く事をお勧めします。
やるならとことん高校生の方々と向き合う。
それが不可能ならば衰退する現状を受け止めるしかないと思います。

■2010年02月26日00:32
23:
>うちの所は、「レクはみんなできるの?」と聞くと「できない。」で、「じゃあ、子どもの前でいつでもできるように定例会てやらなきゃね。」で、・・・・いつまでもやらない。
>まずは互いのコミュニケーションを築けたうえでやらないと、高めあえるメンバーでないといけないことも切に思います。
結局のところ、論点は「モチベーションの低下しているのを立て直したい」ということですよね。
組織を立て直すのは、○○さんとかが書いているとおり、簡単なことではありません。
自分は、立て直したい気持ちがあるのならそれにチャレンジしたらいいと思います。
そして、チャレンジするにあたって、まず計画を立てることです。
自分がどこまで出来るのか、就職とかで時間のリミットがあったり、色々な限界点があると思います。今の仲間や大人との関係などもそうですね。
計画を立てるというのは、現状を分析することです。
落ち着いて考えてみれば色々なことが見えてきます。
なんで衰退したのかも見えてくるかもしれません。
極端に言ってしまえば、「楽しくない」「やりがいがない」ということではないでしょうか。
レクを出来るようにしたい、と思っているけれども、実は本当にやらなければいけないのはレクを覚えることではないかもしれません。
一番最初にやらないといけないのは何で、それが出来たら次は何をする、というくらいの計画を立ててみてはどうでしょうか。
後輩・仲間・先輩・大人といった人たちにどう働きかけていくのかも考えてみるといいと思います。

■2010年02月26日10:43
24:
>うちの所は、「レクはみんなできるの?」と聞くと「できない。」で、「じゃあ、子どもの前でいつでもできるように定例会てやらなきゃね。」で、・・・・いつまでもやらない。なんて状態です。
この部分に論点を絞って書かせていただくと、『高校生の方々の意識そのものが低い』という部分も勿論ですが、『できるように定例会でやっていく方法自体を高校生の方々がわかっていらっしゃらない』のではないのかなとも感じます。
○○さんを始めするOBの方々が口先だけで「やらないといけないよ」とおっしゃるだけではなく、「今度それじゃあ一緒に考えてやってみようか?」とご自身がその輪に入っていく事が大事だと考えます。
そして○○さんがおっしゃっているように「レクを出来るようにしたい、と思っているけれども、実は本当にやらなければいけないのはレクを覚えることではないかもしれません。」というのは私も同感です。
というより私が○○さんの書き込みを拝見させていただいて思うのは(私自身がJLに対して考えている事でもあるのですが・・)「レクが出来る出来ないなんていうのは二の次で、まず、本気で高校生の方々が自らの意識の中でやっていく気持ちがあるのか。それをどうしていくか」が先決なんじゃないのかなって思います。
改善の兆しが見えないのであれば、それはその人にとっても会にとっても悪影響だと私は考えたので、退会を勧めました。(私の優先順位としては会そのものの継続でした。)
そして残った人だけをきっちり指導していきました。
まして年度変わりの時期ですし、新しくJLに入ってくる人もい多い時期ですから、その人達にとっては「OBが口をはさむものではない」という考えも全く知らない訳ですし、○○さんが直接指導してもそれが当たり前だと感じてもらえますから
いい機会かもしれません。
そういう残った方々と新しく入って来た方とで、きっちり向き合って一から再構築してみてもいいのかなあって感じます。

■2010年02月26日13:06
25:
○市で活動してます。○○といいます。
シニアリーダーとして少し意見をかかせてもらいます。
まずコチラでみんなの意見を聞いてジュニアをなんとかしよう。と真剣考えている○○さんが素晴らしいと思います。
なんとか参考になれば幸いです。
○市の場合
発足当時は、高校生対象の研修を終えたものが集まり、クラブをつくったので、会員は高校生とその先輩でした。
○市では卒業とか終わりはないのでOBという概念はありません。
仕事や都合で辞めてしまった人はOBなんでしょうが、その人たちが来て現役のひとたちにあれこれはいいません。
同じシニアで現役もいますので、手伝いにはきてもらいます。
組織的にシニアリーダーもひとつのクラブです。
しばらく高校生以上の会員を続けてきましたが、実際にジュニアリーダーとして活動する年数が少ないと考え、中学生から参加できるように枠をふやしました。
そこで感じたことが○○さんの参考になればと思いいくつかかきます。
①中学生から活動できるようにしたが、どうやって募集するのか?
 まずは子ども会活動に参加したときに呼びかける。
 市子連など大人の集まりで呼びかけてもらう。
 市の広報誌などで募集する。
 中学校にいって宣伝する。(旧○○地区は3つの中学校から毎年30人くらいの新入生をあつめてました)
②中学生にはどんな活動をしてもらうか?
 うちは研修会の参加枠を広げただけだったので、研修にはくるが、子ども会からの依頼にはなかなか出ていかない。というジュニアとして致命的な状況に陥りました。
 現在は中学生高校生ともに依頼をうけてますが、とにかく中学生は部活が忙しいのが悩みです。
レクに関してはみんなで楽しくレクをする。
楽しみを知り、先輩たちがやっているのを見ると自然に自分もできるようになりたいと思うものです。
レクは子どもたちを楽しませる手段であって、目的ではありません。
レク以外でも子どもたちと楽しく活動ができるなら本来はいいはずです。しかし活動を続ければ自然にもっと覚えたいと思うようになりますよ。
最後に中学生が会員になってかわったのは高校生です。
自分たちしかいないクラブより、中学生が入り後輩ができることで、やることもかわり、やりがいがでてきました。
指導されるばかりでなく、指導する立場になれば多くに気づきます。
ぜひ中学生も会員としてみてください。

■2010年02月26日17:28
26:
再び○○○○○○です。
○○さんの言われた 
 「レクが出来る出来ないなんていうのは二の次で、まず、本気で高校生の方々が自らの意識の中でやっていく気持ちがあるのか。それをどうしていくか」が先決なんじゃないのかなって思います。
 この部分、私も同感です。  
 又これは私個人の考え方で賛否両論あるかもしれませんが、 ジュニアを含めリーダーズクラブも含め いったい何を目的に集まっているかといえば、結論として、行事に参加してくれた子ども達に楽しく過ごして思い出をつくってもらう事が目的であって、その過程の中でジュニアも成長するという事だと私は思います。
 当然こども相手ですから、安全管理をしつつ、研修会の日程管理をしつつといった活動の中で、成長していこうという気持ちがなければ、そのジュニアはいずれ去っていくと思います。
○○さんの言われた 今後どのような気持ちでいけばいいでしょうか・・・・?
 この問いに対する私個人の意見、(あくまでも私個人の意見ですよ。)
○○さん達OBが腹を決めて、中に入り込むべきだと思います。
私自身、10年くらい前にジュニアがやる気を失っていた時期に、 市子連とか団体とか一切関係なく  一個人として研修会を開き、 あるべき姿(気構えや考え方)の部分を指導したことがあります。
同じことをすべきだとまでは思いませんが、 ○○さん達OBがどれだけ熱をこめて本気で高校生たちと接して、想いや気持ちが伝え、いっしょに活動するべきじゃないかな。

■2010年02月27日11:59
27:
みなさん、いろいろなご意見ありがとうございます。
今までも改善すべき点は説明含め、口にして来たんですが、どうも任せているとそのうち消滅・・・なんてことが多かったり、市子連からは、「OBが口出しするのは、おかしい」なんてことを間近で聞き続けてきたので、少し弱気になっていました。
現役1年生の子は近頃1人辞め、そのほかも90%が辞めようか考えている状況を知り、愚痴や相談にも受け答えてきましたが、その「弱気」な部分から行動に起こせない状態でした。
でも、皆さんのここでの言葉に励まされながら、昨日は市子連の会長さんと話してきました。
まず現役高校1年生(来年度、会の中心)に来年度、中心になるときに自分が傍にいて改善のために一緒に動いてもいいか、と伝えてみると「よろしくお願いします」
という回答だったので、それから市子連に進出。
今の現状や、これからの見通しの自分の意見を頑張って述べて、1時間以上の話し合いの結果、今期から、現役を団体を改善していくために、「○○」が現役の中心とともに行動できるように納得してくれました。
少し始めるのが遅くなってしまいしたが、本日の定例会より、中学生の受け入れ態勢をみんなで話し合っていくつもりです。
また、今夜結果を書こうと思います
みなさん、これからも相談や応援おねがいします!

■2010年02月27日12:14
28:
市こ連の人に聞き入れてもらえてよかったですね
○○さんの熱意が伝わったんでしょうね
正直、これからの方が大変だとは思いますが、同じような気持ちで接していただければ必ず後輩の方々にも伝わっていくと思いますよ。

■2010年02月27日12:50
29:
よかったですね!
これで、一歩が踏み出せますね!
頑張ってください!

■2010年02月27日21:57
30:
すごいパワーに感動しました。
やっとスタートラインに立った状態だと思いますが、その熱意を大事にこれから頑張ってください。
応援しています。

■2010年02月28日08:47
31:
○○さん がんばってくださいね。
でもこれだけは忘れないでね  手を出すならしまいまでですよ。
途中でなげてしまってはだめですよ。  心から応援してます。

■2010年02月28日10:09
32:
よかったですね!これからも応援しますし、相談にものりますよ!
○○さんにはここにたくさんの仲間がいます!

■2010年03月05日09:33
33:
みなさん、本当にエールをありがとうございます!
相変わらず、現役の中ではゴタゴタというか、辞めるか悩んでる人もいれば、やる気の見られない人もいれば...て感じです。
JLの事を真っ先に考えてくれる人が一人でもいたらな...と思いますバッド(下向き矢印)
その中でも、これから中学生を入れていくために、まず自分含む実行委員会を結成しました。
実行委員会を中心に中学生を入れる決め事をしたり、準備をしたりしています。
それと同時に、高校生のモチベーションをあげるために動いてはいるんですが、中々感心がないのか、ダメですね(下向き矢印)
今までに、口だけでなく、実際に炊飯に連れていったり、レクを見せたり、1つの活動に対して考えさせたり、と色々な方法は試してきたんですが、少し上がったなと思う1年生2名を除き、難しいところがあります。
そこで、まだこのレスを見てくれている方に意見をいただけたらと思いますexclamation×2
お願いしますm(__)m

■2010年03月05日09:56
34:
○○さん
書き込みがない間、色々動いていたんですね。
○○さんたちも書いてますが、ここの人たちは本気で応援してるし力になりたいと思ってると思うので、(もちろん自分もその1人です)
ぜひぜひ、これからも頑張ってください。
モチベーションをあげるということ。
嫌なことがあったとかで辞めようか悩んでる人たちのモチベーションと
推薦入試のためにとか目的を取り違えている人たちのモチベーションは
別に考えたほうがいいです。
モチベーションが低い原因が違いますから。
悩みをもっちゃった人たちには、その悩みの原因は過ぎたことなので変えられませんが、新しい体験によってマイナスをプラスに変えることはできるはずです。
目的を取り違えているような人たちは、きちんと活動に参加してもらって活動を体験してもらい、そして考えさせることが大事です。
受験のために推薦書が欲しいような人たちのために、それを書く大人の人たちと話し合って、こういう条件を最低限満たさないと推薦書は出さないとか、推薦書をだすためには申請させて会議にかけて決めるとか、そういうルールをつくって、名前だけ入れておいても意味がないようにすればいいと思います。
ちなみに、ボランティア団体に所属してただけかきっちり活動してたかは大学入試ならはっきり見抜かれます。そもそも大学入試でAO入試のようなものだと、子ども会じゃなくても何かの活動をちゃんとやってた高校生ってすごく多いので、ただボランティア団体に入ってましたってだけじゃ絶対に受かりません。
高校入試は分からないですが、同じような状況だと思いますよ。
そして、「口だけではなく~」ってところですが、
JLだけでやっているよりも、子どもの前でやることが大切です。
大勢の子どもの前に立つ緊張感の中でやり遂げたとか、
レクをしたら子どもがすごい楽しんでくれたとか、
飯盒炊飯したら子どもが美味しいって言っておかわりしてくれたとか、
そういう体験を積み重ねていくことが地道で時間もかかるけど一番大切な方法だと思います。

■2010年03月05日12:39
35:
ご指導、お疲れ様です。
まだ着手して間もないと思いますので、すぐの結果を期待しないで焦らずにそして諦めずにご指導していただければと思います。
そうやって○○さんの主催する講習に参加してくる高校生に関しては少しはやる気のある証拠でしょうから...(全くやる気がなければ来ないと思います。)少しずつで大丈夫だと思います。
モチべ―ションを上げる方法はいろいろありますが、自信をつけさせる事も一つの方法かもしれません。
今、なさっているレクや野炊をきっちりご指導した上で、○○さんがおっしゃられているように子ども達の前で披露させて、『子ども達が君達のレクで笑顔になっただろう。君達が子ども達に楽しい思い出を作ってあげたんだよ。練習した甲斐があったよね』と多少の失敗は目をつぶり、ねぎらってあげるのもいいと思います。
また、中学生を入会させるのであれば今いる高校生達は先輩として少なからずはアドバイスする立場になるでしょうから、『これから中学生が入ってくるから、君達も先輩としてやっていかないとね...。できないと中学生に何も教えられないよ。』と先輩としての自覚をくすぐるのもいいかもしれません。

■2010年03月05日18:41
36:
○○さんお疲れですね、頑張ってください、まだスタートです。
○○がジュニアを子ども会に作った時に気になった事をひとつ。
実行委員会を作った時に陥るミス
>その中でも、これから中学生を入れていくために、まず自分含む実行委員会を結成しました。
実行委員会を中心に中学生を入れる決め事をしたり、準備をしたりしています。
 この時に高校生がなんだか中学生をどう指導するとかちょっと偉そうな感じがしたら注意ですよ。
 自分達の魅力や技術を高めないと中学生を募集しても集まらないっていう事を自覚して委員会を進めないと、委員会とかって少しまわりより高みで見るっていう事がありますから気をつけて。
 高校生のモチベーションの上げ方は○○さんの背中ですかね、ご飯食べたりとか親睦を深めるのもありですが○○さんの負担が大きいです。
 ○○さんがみんなのやる気をうながすと同時に○○さんも動くといいと思います。
 子連と話し合ったりとかの縁の下とは別に表で動いている姿を小学生に見せていますか?
 未来の中学生ですよ、目先の中学生と同時進行で小学生も鷲づかみ。
 高校生は放っておいても残るのと去るのが出てきます、○○さんの意思は高校生に伝えるより中小学生に重きを置くといいのでは?
 高校生の中にも見込みありがいるなら大丈夫だとおもいます。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3