kaeru.jpg

小中学生は21時でスマホ禁止、刈谷市で(愛知県)

Engadget 日本版の記事はこちら

愛知県刈谷市は、市内の小中学校の生徒・児童に対し、夜21時以降、スマートフォンや携帯電話の利用を禁止することを決めました。市内の小中学校やPTAでは、4月、新学期最初のPTA総会などで、この議題が話しあわれます。

こうした子ども向けの規制は、お上から舞い降りてくるような印象が少なからずありますが、この取り組みに強制力はありません。刈谷市生涯学習課によると、現場(学校)からの声を吸い上げる形で、こうした取り組みを始めるとのこと。

今回、刈谷市内の校長先生になぜこうした取り組みを実施するのか、話が聞けました。もしかするとこの取り組み、生徒や児童にとって良い結果になるのかもしれません。

愛知県刈谷市内の小中学生は、21時以降、スマートフォンや携帯電話の利用が禁止になります。表向きは、生活習慣の乱れを回避するための措置としています。なお、これは主に中学生に向けたメッセージとなり、小学校は中学生が禁止ならば小学生も、といったところのようです。

各小中学校は、市内のPTA連絡協議会などから要請を受ける形で、4月のPTA総会で保護者向けに話があるものとみられます。一部報道では、市児童生徒愛護会の発案となっており、これは刈谷市児童生徒愛護会という組織のことです。

この組織では、各学校の生活指導の先生や、警察署生活安全課の署員、幼稚園の理事らで構成されています。刈谷市生涯学習課によると、そもそもスマートフォンや携帯電話への問題提起は、現場である学校の先生たちから声が上がり、それを学校長らが教育委員会などに吸い上げたとのこと。

同生涯学習課では、学校独自でスマートフォンや携帯電話を禁止するという判断は、なかなかできるものではないと話しており、この愛護会が提案する体裁で、PTA協議会らとの連名で市内の学校やPTAらにお願いするという形を取っています。

たまには時事ネタも扱ってみたいと思います。

これだけマスコミでネットの悪影響が言われる中で、よく今までPTAなどにおいて、こうした動きがなかったなぁと逆に驚いています。
たまに見かける「白いポスト」と同じように、これからこの動きはある程度波及していくのではないかと個人的には感じます。
なぜならば、同じような問題意識を持つ人たちは、どの地域にも一定数いるであろうからです。
これから、この問題について話し合われる地域もあるのではないでしょうか。

地域の自主的な取組は尊重されるべきと思います。
ぜひ、持ち合わせていたい視点は、
「危ないからと、子どもに刃物を持たせなくて、果たしてよいのか。
 刃物を持った経験のない子が大人になって、どうなのか。」
ということ。
バランス感覚が、各家庭と青少年育成関係者一人ひとりに求められているように思います。

(はっちー)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3