kaeru.jpg

子どもたちイラスト書いて「ごみ、きれいに捨てて」(北海道厚真町)

苫小牧新報の記事はこちら

 厚真町の本郷団地子ども会(大塚栞那会長)と本郷団地子ども会育成会(尾谷純司会長)は地域のごみステーションに、子どもたちがイラストを手描きした木の板の取り付け作業を進めている。

 同会によると、もともとごみステーションには住民有志によって20年以上前に絵入りの木の板が設置されていたが、月日が経過して老朽化。そこで、子どもたちが自らの手できれいにすることを考えた。

 作業は地域の全14基のごみステーションを対象に、1基につき4枚の板を掲示する計画で、8月から開始。子ども会の小学生から中学生までの約40人が1人ずつ、縦横30センチの木の板に好みのイラストを描いていく。現在20枚ほどが完成。好きなアニメキャラクターや風景に言葉を添えたものなデザインはいろいろ。1年ほどかけて随時、取り付けをしていく予定。

ごみ収集場に目を向けるところが、とても子ども会らしくていいですね。
北海道のほうだと、ごみ収集場に囲いが設置されているところが多いようです。(なぜだろう)
その囲いに絵を描こうというのも、発想自体に地域性が出ています。

(はっちー)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3