kaeru.jpg

平成24年2月10日~11日、東京・目白大学で「第45回全国子ども会育成中央会議・研究大会」が行われました。
395名という多くの参加者がつどい、子ども会について大いに語り合ったのです。

この規模、例年に比べれば小さなものです。
根拠がないことを書いてはいけないので、第43回の長崎大会の資料を引っ張り出したところ、参加者575名、地元スタッフ160名という規模でした。
1泊2日というのも、かなりコンパクト。

その分、いつも以上に中身のある内容だったように、参加して感じました。
テーマを「安全教育」と決め、分科会で議論しあったこと。
そして、それをスローガンにまとめ、全国に発信しようとビジョンがあったこと。
素晴らしい試みであったと思います。

その影には、関係者の努力を感じずにはいられません。
専門委員の方が議論を重ねた結果であることはもちろんのこと、事務局の努力も見逃せません。
12月に事務局長補佐となった穐山桂一さんの動きが光っていました。

地元でジュニアリーダーをしており、全国子ども会中央大会(全国ジュニアリーダー研究集会)に高校生時代は参加者として、卒業してからは青年リーダーとして、スタッフとして、経歴を重ねてきた彼。
様々な状況の変化の中で、20代後半にして早くも全子連事務局の中心人物になっています。

そんな中で迎えたこの会議は、彼にとって相当なプレッシャーになっていたことでしょう。
そして、見事にこの大きなイベントを成し遂げたのです。

彼のことを書き連ねてしまいましたが、成功に導いた専門委員の方々やスタッフ、そして全子連の事務局に、大きな拍手を送りたい。
今回は、「がんばれ全子連!」とエールを送りたい気持ちになりました。

今、全子連は、子ども会安全会法の施行、公益法人改革など「あり方」自体を見直すところから、子ども会の衰退など足元の課題まで、大きなかじ取りを迫られています。
そうした中、いつまでも私たちはおんぶに抱っこでは、いられません。

むしろ、足元から、私たち一人ひとりが子ども会を考え、従来の姿にとらわれ過ぎず、よいことは率先して実践していくことが必要です。
ぜひ、一つ一つの活動を大事に、子ども会を盛り上げていきましょう。

子ども会コミュニティセンターも、全子連と連携できる部分を積極的に模索していきたいと考えております。

(はっちー)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3