kaeru.jpg

【ひげさんだより】心のケア「集団遊び」(10)

昨日孫小学校3年生が家に帰ってきました。
「明日フーセンバレーボールをしたいんだ。じいちゃん風船ある」というのです。
「風船、こんな大きなのがるよ」とスマイル風船を見せました。
「これで大きすぎるかな」
[これでもやれるんじゃないか。黄色い色の風船にスマイル笑顔が描かれているから、喜んでくれるよ]「そうだね」
と風船を持っていくことになりました。
これは担任の先生が、不安がる子どもたちを元気づけようとみんなで遊ぼうと呼びかけたことによります。

子ども会でなにができるのか。
それは、救援募金と、ここでお知らせしたような遊びの発信です。
そして、全子連が石川県で実施した「お話キャラバン隊」のような活動も必要です。
また、避難生活の子どもたちに元気をつけてもらえるよう、全子連が実施している「読み聞かせリレーション」や「アクティブキッズ」のような活動を生かして、被災地の各地で展開しましょう。

出来る限り多くの人が国難に向かい対応することが必要です。
子ども会のできることは、たくさんあります。

さあ、心のケア「集団遊び」はこれでおしまい。
いかがだったでしょうか。
「ひげさんだより」は、まだまだ続けていきます。

(ひげさん)※はっちー一部加筆

Track Back

Track Back URL

Comment [1]

No.1

被災地から近いところにいます。
ぜひ参考にさせていただきます。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3