kaeru.jpg

【ひげさんだより】心のケア「集団遊び」(8)

3.連続ネームコールパス
 ア 人数
  8人程度から15人程度まで
 イ 用具
  ボールなどのやり取りが可能なもの
 ウ 進め方
  ① ボールを一つ、相手の名前を言いながら送ります
  ② 名前を呼ばれた者は、ボールを移動しないでキャッチします
  ③ キャッチすることができたら、その者は、次に送る人を決めて名前を呼び、ボールを送ります
  ④ このように次々と名前を呼んでは、ボールを渡していきます
  ⑤ 全員にボールが渡り、もとに戻ってくることができれば完成です
  ⑥ このボール送りが完成したところ、ボールを2つにしていきます。次々とボールを増やしていき、何個のボールを一度に送ることができるかにチェレンジします
  ⑦ 相手の名前を同時にコールすることもあり、ボールを送ったらすぐにボールをキャッチすることになります

4.集団コールネーム「トントン1・2」
 ア 人数
  30人程度
 イ 用具
  なし
 ウ 進め方
  ① 3人組みになり、3人はまとまり、全体で円形になり座ります
  ② 組ごとに1から10番というように順番に番号をつけます
  ③ 全員で、トントンと手拍子を打ちます。そして、一番のグループから次のグループの番号をいいます。「トントン1・3」などとリズムに合わせて、番号を送ります
  ④ このとき、3人は声を揃えて、「3」と言わなくてはいけません。そのためには、3人でどう対応するのかを決めておかなくてはなりません。どう決めるかはその3人の知恵です。
   例えば「4」から自分たちの番号が指定されたら、それに一つ加えて、番号を指定するなどのアイデアです
  ⑤ 失敗した3人は、番号が最後の番号になります。失敗した番号より下の番号のチームは、一つ番号が上がることになります
  ⑥ このようにして、自分たちの番号を少しでも高くしていくことをねらいます
  ⑦ 失敗は、3人の息が合わずに、バラバラに番号を言った時とリズムを乱した時になります

--
「今、子ども会では、どんなことができるのでしょうか。子ども会では、遊びを通じて元気を出してほしいということだと思います。」
ジュニアリーダーや子ども会の方々、ぜひ参考にしてください。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3