2010年3月の記事一覧

山形新聞の記事はこちら

 バンクーバー冬季五輪で銅メダルに輝いた加藤条治選手(日本電産サンキョー・山形中央高出)の祝賀会が26日、地元・山形市岩波の集会場「岩波公会堂」で開かれ、地域の子供やお年寄りらが加藤選手を温かく迎えた。

 地元住民でつくる支援組織「励ます会」が企画し、約100人が集合。佐藤稔会長はあいさつで、「われらが条治がこんなに小さな集落から出てメダルを取り、こんな小さな会場に来てくれた。全国、世界で初めてだろう」と喜んだ。子ども会代表の滝山小6年伊藤愛菜さんが「大きい夢と希望をいただきました。私たちも負けないよう頑張ります」と感謝した。

 花束などが次々と渡された加藤選手。「皆さんの応援あっての結果だから、この銅メダルを誇りに思う」と報告し、サイン会や写真撮影会で恩返しした。胸のメダルも手渡して旧知の住民たちと重みを分かち合った。祝賀会後に本県を離れ、27日は横浜市内でメーカーのイベントに出席する。

地域の子どもの代表が子ども会...というのは、当たり前のことではあります。
しかし、こうして記事になると、何だか新鮮です。
銅メダルを取った先輩を間近に見て、子ども達はどう感じたのでしょうか。
とても良い機会になったでしょうね。

(はっちー)

毎日新聞の記事はこちら

 岩国市子ども会連合会岩国支部(片岡勉支部長)が14日、同市横山の錦帯橋周辺で清掃奉仕をした。

 春の観光シーズンを前に、観光客に美しい岩国を見てもらおうと実施する恒例行事。

 14日は子どもたちと保護者ら約300人が参加。ゴミ袋を片手に午前9時すぎから、錦川の河川敷をめぐり、花盛りの菜の花やハナニラを摘んだり、つぼみの膨らんだソメイヨシに羽を休める鳥たちの声を聞いたりしながら、のんびりと約1時間にわたって、ごみを拾った。

 市立装港小6年の濱砂祥多君(12)と妹で同小4年の純樺さん(10)は「思っていたより、ごみは少なかった。みんながごみを捨てずに、町をきれいにしたい」と話していた。

錦帯橋といえば、とても有名な観光地です。
行かれる皆さん、ぜひ「子ども会で掃除したんだなぁ」なんて頭の片隅に思いながらめぐってみてはいかがでしょうか。

(はっちー)

琉球新報の記事はこちら

 浦添市仲間区にある市指定史跡の仲間樋川(ふぃーじゃー)と隣接する仲間小広場の整備が完了し、13日に完成お披露目会が開かれた。整備は市が進める歴史と調和したまち並み整備の一環で、国土交通省のまちづくり交付金を活用して実施した。
 仲間樋川は、大規模な改修が行われた1935年ごろの形に復元。樋川の前面をふさぐ形で設置されていたタンクを撤去し、水が流れる石造りのといが見えるようにした。また、埋められていたウマアミシ(馬の水浴びや農具の洗い場)を復活させ、子どもたちが水辺の生物に親しめる形にした。
 お披露目会では銘苅寛自治会長が「現在でも年中水が流れる貴重な樋川。安らぐ場としてこれからも大事にしたい」とあいさつ。ウマアミシで、仲間子ども会の児童によるグッピーの放流が行われた。
 会終了後、子どもたちは早速、水に触れたりグッピーを観察したりして楽しんだ。

筆者の住む埼玉県だと、グッピーは熱帯魚にカテゴリーされるわけですが、
沖縄では、子ども会がグッピーを放流したそうです。
当たり前のことのような文脈から感じるに、沖縄ではよくあるできごとなのかもしれません。

これを機会に、子ども会で「仲間樋川」を定期的に掃除したり、これを使って遊んだりできるといいですね!

(はっちー)

 ジュニアリーダークラブ向けのマニュアルです。

 年度末から総会にかけて、新入会員を募集したり、ほとんど参加していない人を退会にしたりす
る事務を行います。
 これは、ジュニアリーダークラブにとって非常に重要なことです。なぜなら、新入会員が入って
こないクラブは必ず衰退するからです。幽霊会員の多いクラブは連絡費がふくらみ、みんなのやる
気も落ちてしまいます。だから、絶対におろそかにしてはいけません。
 そこで、3学期から役員の間で進めていく会員管理の仕事の流れを時系列順に紹介していきます。
参考にしてください。

本文を読む

データ(すべてwordファイル):
(本文)3学期に行う手引
Aセット(継続確認書)
Bセット(退会通知書)
保護者あて通知書
写真入りクラブ案内
クラブについてQ&A
入会届

(はっちー)

中日新聞の記事はこちら

 21日に対等合併する近江八幡市と安土町は20日、市や町として最後の日となった。同日付で任期が切れる冨士谷英正市長と大林宏町長は、行事に出席などして最後の公務に励んだ。両市町の職員たちも、土曜閉庁されたそれぞれの庁舎で新「近江八幡市」誕生に向けた引っ越し作業に追われた。

 大林町長は20日朝、防災無線のマイクを握った。「安土町は本当にどこの市町村と比べても劣ることのない優れた生活環境と思いやりのある町です」と述べ、町との別れを惜しんだ。安土保育園卒園式に出席し、28人の年長児に祝辞を述べた。その後、大林町長は、町長室の書類や名刺などを整理しながら「皆さんのおかげで5カ月半の間、町長を無事務めることができた」としみじみ話した。安土町役場正面玄関のネームプレートは、作業員によって「近江八幡市安土町総合支所」に付け替えられた。

 冨士谷市長は、市子ども会育成者大会に出席。4月25日に予定される新「近江八幡市」の市長選に立候補の準備もし、「未来に光輝くまちにしたい」と話した。
た。

合併のニュースの中に、子ども会が出てきました。
今日から、この2つの自治体は合併して新「近江八幡市」がスタートしました。
しかしながら、この合併は、大きな火種を抱えています。

詳しくは産経新聞の記事またはwikipediaを参照。

2自治体の合併が確定した(総務省から告示された)あと、合併を推進してきた安土町の前町長が合併反対派の現町長に負けてしまう。
これがたった半年前。
さらに、合併を推進してきた議会もリコールされ、選挙があったのがなんと3月15日。
合併のわずか1週間前の出来事という...。
結果、議会も合併反対が多数派になり、合併反対決議が出され、今日を迎えたわけです。

非常に大きなわだかまりがある中、迎えた合併。
こうした中で、地域活動である子ども会の連合組織は、うまくまとまっていけるのでしょうか。
もちろん、万全なのだとは思いますが、ぜひ、未来指向のまちづくりが進んでいくといいですね。

(はっちー)

北海民友新聞の記事はこちら

 元紋別の海岸線の自然を楽しむ「流氷遠足」が28日、装いも新たにオホーツク流氷公園をメーン会場に開かれた。滝上、興部、雄武などからも参加したほか、一般観光客も飛び入り参加。総勢220人が「流氷はなくても自然の散策は楽しい」と快適な汗を流し合い、お昼には豚汁とカレーライスに舌鼓を打った。
 多くの市民ボランティアで組織している、流氷遠足実行委員会(若澤勝彦委員長)の主催で、今シーズンで早くも8回目。昨年は流氷が接岸し、最高のロケーションだった。流氷の上に上がったりして楽しんだが、今年は「流氷なし」。あるのは沿岸結氷の破片だけ。
 若澤委員長は「自然に触れるのが流氷遠足の目的。新しいコースで大いに楽しみましょう」と挨拶。紋別市青少年健全育成推進協議会(今正一会長)が育てているジュニア・シニアリーダークラブ(横山秀人代表)の茂手木琢也くん(潮中3年)のコーチで、準備体操も万全に行った。コースはスノーモビルで固めた 2.5キロのコース。
 海岸線に出たころに、津波注意報の連絡が入ったため、実行委員会のスタッフも緊張の表情だったが、講師に招いた青田昌秋北大教授、野鳥研究家の大館和広さんの説明にも耳を傾け、砂浜の自然を満喫。早めに高台へ戻った。
 流氷公園に到着すると、紋別スノーモビルクラブの松井利憲さんらがバナナボートの体験試乗会を開催。疾走するバナナボートに乗った児童らの歓声が上がっていた。

雪国では、他の地域では見られないような特色ある遊びや行事があります。
北海道のオホーツク地方では、2月28日に、雪の中を歩く遠足が行われたそうです。
記事で紹介されている写真を見ると、とっても寒そうですが、「快適な汗を流し合い」と記述されているところを見ると、とても良い運動になったようです。
(関東の筆者から見ると、汗をかくなど想像もつかないほどの雪景色ですが・・・)
準備体操はジュニアリーダーが担当。
紋別のリーダーさんは、地域の様々な事業で活躍しているようですね!

(はっちー)

今日は、安芸高田市のみよじぃが作成した「タイムキーパー用携帯レクプログラム」を紹介します。
ぜひ活用しましょう!!

データ:PDF版はこちら 

このサイズならポケットに入るので、使いやすいですね!

(みよじぃ)

滋賀県子連ホームページの記事はこちら

■全国子ども会安全会共済見舞金のご案内(安全会)
 全国子ども会安全会は、安全会会員が指導者(育成会員)管理下における子ども会活動中に生じた「事故」および子ども会活動の指導上に生じた「事故」を対象として見舞金を支給する制度です。

・対      象:
 滋賀県内の子ども会等の会員、指導者、育成者で滋賀県子ども会連合会会費を納入された方。
・会      費:
 一人年額 120円(子ども・大人同額)〔含:損害保険保険料〕
 会費一人あたり年額120円のうち、3.6円が賠償責任保険料として含まれております。
・加入申込方法:
 ダウンロードページから必要な書類をダウンロードして記入後、所属する学区・市町子連へお申し込み下さい。

今、各地の子ども会では、歓送迎会シーズンであるとともに、安全会の加入シーズンでもあります。
平成19年度に子ども会安全会が全国一律の制度となってから、3月に加入手続が必要となりました。
活動には事故やけががつきものです。
役員交代などで加入手続きがおろそかになりがちですが、忘れずに手続しましょう。

しかし、インターネット上では、こうした告知がほとんどなされていないのはいかがなものでしょうか。
全子連ホームページも、2009年の案内のままです。

おそらく一番しっかりした告知をしている滋賀県子連を今回は紹介しましたが、各地の子ども会の役員さんが困ってしまわないよう、様々な手段を使ってしっかり案内がほしいものです。

(はっちー)

日高新報の記事はこちら

 日高地方子ども会連絡会ら主催の胸キュンキャンプはこのほど、 由良町の県立白崎青少年の家で開かれ、 児童35人が参加。 さまざまな経験を通して交流を深めた。
 
 学校や男女混合の5班に分かれて活動。 夕食の水ギョーザ作り「チャオズ・コンテスト」 では、 エビの背わたをとったり、 材料をみじん切りしたり、 手でこねたりと担当に分かれてテキパキ作業。 コンソメ、 みそ、 キムチ、 トマト、 とんこつなどスープで味比べとなり、 班一丸となって取り組んでいた。 夜はキャンドルファイヤーやゲーム、 2日目の館内ラリーなどさまざまな遊びを楽しむ一方で、 掃除や片付けなどのけじめもしっかり。 ジュニアリーダーなどボランティアのサポートで、 メリハリある2日間を送り、 楽しい思い出をつくった。

和歌山県で、こんな素敵な名前のキャンプが行われたそうです。
一つ一つのプログラムの名前が面白いですね。
遊びだけでなく、掃除や後片付けもしっかり行ったということで、子ども達も、ただのお客さんではなく、一緒に行事を作る子ども会らしい体験ができたのではないでしょうか。

(はっちー)

最近のアニメについて、28歳の筆者が大学時代からずっと思っていることがあります。

時折見かけるアニメを見て、「自分のころとはずいぶん違うなぁ」と思うわけです。そして、寂しい。

「子ども達の見るべきアニメ、今放送されてるだろうか?」
テレビ自体、そんなによく見るわけではないですが、私の知る限り、それはほとんどありません。

というのも...

1 純粋なギャグアニメがほとんどない
 子どもが安心して見られるギャグアニメって、ほとんどないような...。
 以前は、チャンネルをひねれば赤塚不二夫や藤子、タイムボカンがあったのです。
 今、これらが流れるのは妙な時間帯(早朝5:00とか)の再放送ばかり。
 リメイクも半年程度で放送終了。
 イヤミの「シェー!!」みたいな、ナンセンスなおかしさを今の子は知らないのです。

2 名作アニメがない
 以前、19:00からTBS系で放送されていた「まんが日本昔ばなし」。
 日曜の19:30からフジ系で放送されていた「世界名作劇場」。
 何気なく、これらを見ながら育ち、少なからず感動しました。
 今、民放でこういったアニメは放送されているんでしょうか。
 名場面集で、おきまりの場面だけが流れる「フランダースの犬」。
 見るたびに空しさを感じるのは、私だけでしょうか。
 そもそも、子ども達はあの、「お涙ちょうだいの切り売り」だけを見て感動するのでしょうか。

私の育った時代、俗に言う「ゴールデンタイム」には、これらのアニメがあふれていました。
今ではバラエティ番組ばかり。アニメはすっかり隅に追いやられています。
視聴率が稼げないから、「無駄」だと切り捨てられたのでしょう。

これって、「昔はよかった」「今の若者は...」というお決まりの思考とは違うと思っています。
大げさに言えば、子ども達の発達に大きな支障をきたしているのではないでしょうか。
名作を子ども達に与えてあげられない社会。
純粋な笑いを見せてあげられない社会。

子ども達に夢がない原因のひとつが、ここにあるように思うんです。

どうでしょうか?

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3