kaeru.jpg

稲積公園冬祭り、ジュニアリーダーも活躍(北海道)

札幌市ホームページの記事はこちら

  2月13日(土)と14日(日)に、手稲稲積公園(札幌市手稲区前田1条5丁目)において「第3回稲積公園冬祭り」が開催された。

  これは、地域の子どもたちに雪に親しんで楽しんでもらおうと、10団体で構成された冬祭り実行委員会と稲積連合町内会が協力して実施したもの。

 同公園内では区内4つの高校(札幌手稲高校、札幌稲西高校、札幌稲北高校、札幌稲雲高校)と学校法人吉田学園の学生ボランティアが参加して50人ほどが入る巨大なかまくらが作られ、中では本の読み聞かせや手品のほか、幼稚園児と小学生によるヴァイオリン・アンサンブルのコンサートが催されて多くの観衆が音色に聞き入っていた。

(中略)
  14日の10時からは、手稲区子育て支援センターによる「わいわい広場」も開催され、子どもたちが学生ボランティアと一緒に「雪ままごと」や「そり遊び」などを楽しんだほか、広大な公園敷地を利用してラフティングボートのコースが設けられ、多くの子どもたちが夢中になって遊んでいた。

 また、会場では子ども会のジュニアリーダーたちが子どもたちに、空き缶の中に牛乳などの材料を入れガムテープで密閉し雪の中を手で転がしながら冷やし固める、雪中アイスクリームの作り方を教えていた。子どもたちは4つのグループに分かれリレー形式で、缶を丁寧に転がしながら、クッキー入りやチョコチップ入りのアイスクリームを作った。出来上がったアイスクリームを試食すると「自分で作ったアイスクリームはおいしい」と笑顔を見せていた。

雪中アイスクリームって、雪国ではよく作る食べ物なのでしょうか。
関東の筆者には、ものすごく新鮮なことに映りました。
記事には写真がたくさん掲載されていますが、雪の中で楽しそうな子ども達の姿が見られました。

(はっちー)

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

地元の石狩にいたころ、手稲区のJL達と活動をしたことを思い出しました。

滝野の『青少年山の家』で、手稲区内の子ども達とJL達とで宿泊研修をしたことがあったのですが、山の斜面で米袋で滑って遊んだり、室内でレクリエーションをしたりして、とにかくとても楽しかった記憶があります。

区内のキャンプ場「カッコウの森」は、今はどうかわかりませんが、当時はJLOBのボランティアが泊まりこんで管理をしていました。
一度利用したことがあったのですが、キャンプファイヤーのスキルが乏しかった我々(石狩のJL)に、ボランティアの彼らは色々と楽しく教えてくれました。
その時に覚えたレクのひとつは、今でもオイラのオハコになっていますよ。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3