子ども会安全会法案、来年の通常国会に提出

| コメント(0) | トラックバック(0)

時事通信の記事はこちら


 文部科学省は4日、無認可共済を禁じた改正保険業法により、事業継続が難しくなっているPTA共済などを、国や都道府県が監督・認可する「制度共済」として存続させる法案を次期通常国会に提出する方針を決めた。
 PTA共済をめぐっては、自民、公明両党が前通常国会に存続支援法案を提出したが、審議未了で廃案となっており、政府提出法案として今回、救済措置を講じることにした。

今年の通常国会で、審議未了のまま廃案となった「子ども会安全会法案」が、来年1月からの通常国会に提出されるそうです。
安心して安全会制度を続けられるための法律が、再び提案されるわけです。

しかも、前回は「議員立法」という形でしたが、今回は「政府提出」。
つまり、行政側から出される法案ということです。
国会(立法府)だけでなく、内閣(行政府)からも、この法律の必要性が認識されてきたということになります。

全国の子ども会のありようを変えるかもしれないこの法案。
今後の動向に注目していきましょう。

(はっちー)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.juniorleader.com/x/mt/mt-tb.cgi/227

コメントする

このブログ記事について

このページは、はっちーが2009年11月 4日 21:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福井県のジュニアリーダーに贈られる「Domi賞」」です。

次のブログ記事は「全国子ども会連合会、子ども会推奨マーク制度の審査受付を開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.2.3