kaeru.jpg

TRY流JL恋愛考

私はJL恋愛を多く経験した。
片想いで終わったもの、JLネットで知り合ってつきあったもの、告白されて短期間で別の男に取られてふられたもの、告白して玉砕したもの・・・結構多いほうだと思う。
そんな案外JL恋愛の多い私は、当然JL恋愛は認めるタイプである。

たいがいのJLは「JL恋愛はやめたほうがいい」と思っている。
一部の地区では「JL内恋愛は禁止」とするところがある。
なぜか?それは主に2つの理由が挙げられる。
1つは、「JL活動中に支障が出る」という理由、活動中、子供の前でイチャイチャされてはあまり印象としてよろしくない。何よりそれを見る大人の目というのも怖いものがあるし、また会議中にラブラブ状態でいられても困る。
もう1つは、「別れた後が気まずくなる」という理由、仮に別れたとなると、当然その2人の間は気まずくなる。それにより場の雰囲気が悪くなるし、さらにその雰囲気の悪さが子供の前で出たら、まずその活動は失敗すると見て良い。
となるとJL恋愛はあまりよろしくないということになる。

しかし・・・JL個人が個人的な目標として「恋愛はしない」と決めるならともかく、組織的にJL恋愛を認めないというのはどうだろうか。
その場合、極端な話をすればお互いにJLであるという条件を除けば単なる男と女である。
いちいちJLだからという理由2人の恋を妨害するということをしていることになり、邪魔された2人の気になって考えてみるとどこか悲しくもなる。
当人同士、「まぁJL同士の恋はないよね」となるなら別にいいが、相手を好きになったなら「JLだから」という理由を受け入れて恋を我慢するよりも、素直に恋愛したほうがより人間らしいと思う。JLも人間である。まずJLである前に人間である。恋愛をするなというのは、人間らしさを捨てろということに同じだと私は思うのだが・・・(笑)。

JL恋愛にはリスクは付き物である。
先程挙げた2つの理由はどう頑張っても完全に消すのはなかなか難しい。
しかし互いに「JLの時は活動が第一」という自覚があり、「JLは雰囲気が大事」ということを踏まえていれば、何かあってもそれほどダメージは無いはずである。
私の名前ではないが、JL恋愛はトライするだけの価値はあるはずである。

とはいえ、普通どおりどこでもラブラブでいられては、同じJLとしても困るから、それなりのルールはあったほうが良いだろう。
私の場合で言えば、JL恋愛中に決めていたのは、「活動中は普通に呼び合うこと」「他のJLにはあまり知られないようにすること」「仕事と恋愛を割り切ること」の3つだった。
1つ目については、活動中、付き合う前からの自分への呼び方を変えないように約束し、2つ目に関しても付き合う前にきっちり注意した(これがないと案外厄介かも)。
3つ目に関してはあくまで仕事仲間でいるときと彼氏彼女でいるときとで割り切っていた。
例えば活動中はキャンプネーム(CN)で、それ以外のときは名前、というように。
私の場合は別れた後は多少問題はあったが別れた後もマイナスイメージを残さないようにするのがJL恋愛のルールであり、JLとしての最低限の姿勢だと思う。
それができればその恋愛はまず失敗とは言えない

恐らく別れた後に「相手と気まずくなる」という理由でJL恋愛をしない人間は、絶対にJL恋愛をしないほうが良い。
そういう心配りができる自信がないからできる考えなのだと思う。
しかしそういう部分をしっかり管理できてこそ、良きJLなのではないかと思う。
相手と気まずくなるという考え方がそもそもおかしい。
JLになったからには、どんなに嫌な相手でも仲良くすべきである。
一度付き合って別れたからってその後に後味の悪さを残す人間が、人との関わりを大事にしなければならないJLをやっているということが道理に反するのではないか?
そう考えるとJL恋愛も問題なくできるJLは素晴らしいJLだと思う。
JL恋愛をしたくないと思う人間はともかく、JL恋愛をしている、あるいはしてしまったというJLは、この点はしっかり押さえるべきである。
ただし「JLで恋愛相手を見つけたい」と考えている人間はどうかと思う。
出会いを求めるだけでJLをやっているような奴にJLをやる資格はない。
私が認めるのは好きになってしまった場合だけ、である。

以上が私の考え。皆さんもそういう機会があれば、考えてみてください、JL恋愛のこと。

-----
だいぶご無沙汰していました。

最近、JL恋愛のおきてなるものができました。
そこで今回はJL恋愛について、今回は私が現在JL活動6年間をまとめた記録「TRYpressions」に掲載予定のものを一部改良してみました(改良になってるかどうかはわかりませんが・・・)

一応こんな感じで・・・ちょっと「おきて」に逆らってるかもしれませんが、私の考えです。
ただ私はあの「おきて」に経験者として賛成してます。
是非とも、「おきて」を守ってもらって、良いJL生活を送ってもらいたいです。
(トライ)

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3