突然ですが・・・私はJLは必要ないと思います。
子供がしっかりしているなら。

子供会を子供が自分達で動かしていけるなら良いんです。
歓送迎会もレクリエーションも運営して、あとはインリーダーも企画したらなお良い。
でもそれってちょっと厳しいでしょ?
そこで、JLはそういう運営の手伝いをしたり、インリーダーのプログラムを立てたり・・・というのが本来のJLの在るべき姿だと思います(もちろんあくまで私の考えです)。

・・・前回の「JL不要論」の最初の部分です。
私は実はここを強調したかったんですが・・・伝わりづらかったようです。
いろんな反響を受けましたが、その多くが、「なぜその議論を?」とのことでした。
というわけでその部分を突き詰めてみようと思います。

前回も書いたとおり、依頼として良く来るのは、「歓送迎会でのゲーム」、「インリーダーでのゲーム」というのが大半です(少なくとも私のところは)。
ただしそれじゃJLは単なる「ゲーム屋」です。
前にも書いたとおり単なるアクセントです。
それを子供の企画ならいいですよ。
子供会は子供のもの、子供達が立てた企画なら喜んで協力するし、単なる「ゲーム屋」でもいいですよ。
ただし最近の子供会は、実質企画を立てているのは育成会です。
育成会から依頼を受けるということは、育成会が企画を立てる段階で、JLにゲームをお願いするということです。

書いてるほうも難しくなってきそうなので話を変えて・・・
もしも子供がしっかりしてるならという話をしてみましょう。
もしも子供がしっかりしてるなら・・・
歓送迎会の企画を立てる際、プログラムを立てて、ゲームとかもどうするか決めて、「ゲームちょっと説明できないな・・・」となったら、ゲームが出来る人にお願いして、当日その人にゲームを任せると・・・

育成会が企画を立てる場合・・・やはり同じ流れ。
違うとしたらJLに自分達が出来ない部分(ゲームとかね)を手伝ってもらうくらい。

JLはこの場合育成会に、「ゲーム屋」、あるいは「便利屋」として事実上利用されていることになります。
つまり会の運営のパーツの一つでしかない。

でもそれはあまりにも幅が狭くありません?
だってゲームとかはうまくやれる人に頼めば良いじゃないですか。
JLをうまくゲームをやれる専門家としてしかとらえられないのはJLの活動幅を狭くしてる。

それから子供会と名乗るなら育成会が企画するんじゃなくて子供が企画するべきでしょ。
育成会が企画を立てるならそれは「大人会」じゃないか。

でも子供が企画を立てても、未熟な部分はありますよ。
その未熟な部分を補うために、JLが必要なんです。
ということで冒頭の文章に戻るというわけ。

JLは「ゲーム屋」としては必要ありません。
子供会をいろんな面で支える、「アドバイザー」として必要なんです。
だから子供がしっかりしてるなら、JLはいらないというわけ。

ただこれでも分かりにくそうだなぁ・・・
(トライ)