2009年2月の記事一覧

mixiの「☆ジュニアリーダー☆」コミュニティが1,000人を突破しました。
これを記念して、東京の高田馬場でオフ会を開きます!

...にコラボして、子ども会コミュニティセンターも同時にオフ会をします!!

4月に、東京で、みんなでお会いしませんか?
ぜひ一緒に楽しみましょう♪
参加表明は、ここで行ってください!

【注意事項】
・どなたでも参加できます。育成者・指導者の方大歓迎☆
 未成年(中高生)も参加OKです。ただし、必ず保護者の同意を得てから参加してください。
 ※2部(夜の部)は、中学生以下は参加できません。
オフ会に関する決まりに基づいて行いますので、よく読んでから参加してください。


1部(昼間の集まり) 

※中高生も参加できます。必ず保護者の同意を得てから参加してください。

開催日時
2009年04月18日(13時30分集合)
開催場所
東京都(戸山公園予定)
昼間からみんなで青空の下、レクをしたいと思いますっぴかぴか(新しい)

雨天時は要検討で、施設を借りるか、ボーリング場、カラオケなど相談したいとおもいまするんるん

2部(夜の集まり)

※高校生も参加できます(中学生以下は参加できません)。必ず保護者の同意を得て参加してください。

開催日時
2009年04月18日(17時30分)
開催場所
東京都(高田馬場駅ビックボックス口集合☆)
場所
シェーキーズ高田馬場店☆

2800円で食べ放題+ソフトドリンク飲み放題つき
2時間制です

未成年も参加できるようにノンアルコールで食べ放題のお店でみんなで楽しく話しながら情報交換や思い出話、子ども会やジュニアリーダーに関係ない話でも、盛り上がれたらいいなぁって思いますっ(^O^)/


参加表明の書き方(例)

年齢区分:(高校・大学・社会人など)
1部
→参加
2部→不参加
(※子ども会コミュニティねっとに登録してない人は、書き込み後にinfo@juniorleader.comにメールしてください)

・・・みたいに書いてください♪
さあ、どしどし参加表明お待ちしています!

先日、縁あってコミセンで春休み映画『マダガスカル2』を紹介することになり、マスコミ向け試写会でみなさんより一足早くこの春の話題作を楽しんできました♪


■あらすじ■

NYのセントラルパーク動物園から、外の世界に憧れて逃げ出したライオンのアレックス、シマウマのマーティ、キリンのメルマン、カバのグロリアの仲良し4頭組と、4匹のペンギンズたち。
思いもよらず、マダガスカル島にたどり着いてしまった大都会の人気者が、遂に帰って来る!
...いやっ!帰って来れない(?)のが、今回のお話──。
マダガスカル島からNYへ帰ろうとした4頭とその仲間たちが乗った飛行機が、燃料切れで緊急着陸。
たどり着いたのは、なんと!彼らの故郷アフリカ。
そこで、動物園に帰れない都会育ちの4頭たちがはじめて知る大自然の厳しさ、友情、愛、家族の絆──。

サバイバルできないアニマルたち──故郷のはずの大自然アフリカで戸惑う動物たちの姿は、まさに人間の現代っ子の姿と重なる。
しかし、それぞれの個性を発揮して互いに助け合い、様々な困難を乗り越え自分たちの故郷を守る動物たちの姿は、世代を超えて現代に生きる私たちに心強いエールを送ってくれる。
アフリカで生きる糧となる水場が干上がるという前作を超える危機に、4頭たちは果たして立ち向かえるのか!?

主人公は、セントラルパーク動物園の人気者ライオン、アレックス。
彼は、得意のダンスがアフリカでは通用しないことを知る。
そして家族との再会を果たすが、野生のライオンとして生きていくことの厳しさに直面する。
野生の掟では、ライオンの餌食であるはずのシマウマのマーティ。
アレックスとの友情が試された前作から、アフリカではさらにその絆を深めていく。
群れと共に走ることを夢見ていたマーティは、自分と全く同じシマウマの群れの一部となることで、アイデンティティを失い苦悩する。
おちゃめなカバのグロリアは、オスとの関係を探求する時期がきて、アフリカでそのチャンスを手に入れる。
薬大好き健康オタクのキリンのメルマンは、グロリアに対する自分の本当の気持ちに直面し、自己犠牲の精神を発揮する。
そして、「マダガスカル2」にかかせないのは、ペンギンズたち。
彼らの短編やシリーズが作られるほどに人気が沸騰。
隊長のスキッパーを筆頭に、前作よりさらに見事なチームワークを発揮する。


■感想■ ※ストーリーのネタバレがあります※

主人公のライオン・アレックスは、ダンスが大好き。
生まれ故郷のアフリカに期せずして帰り、生き別れの両親と再会します。
しかし、得意のダンスはアフリカでは通用せず、結果として父親がボスの座を追われた挙句に自分は群れから追い出されてしまいます。
アレックスは水場の水が枯れてしまった原因を探るべく危険な川の上流に向かい、父のズーバもその後を追い、最終的に2頭は人間達に囲まれて大ピンチに陥る訳ですが、そのピンチをアレックスは得意のダンスで乗り切るのです。
父のズーバは息子のダンスに対して理解がありませんでしたが、このピンチを通して息子の個性をはじめて認めます。

シマウマのマーティは自分が個性的だと思っていましたが、夢だったはずの群れの中で自分のアイデンティティに自信が持てなくなってしまいます。
親友であるアレックスにまで自分と他のシマウマ(全く見分けが付かないくらいみんなそっくりw)を間違えられてしまい、ショックを受けたマーティはアレックスとケンカ別れするハメに。
しかし、死を覚悟して川の上流へ向かうアレックスは、親友であるマーティに別れを告げるべくシマウマの群れの中に入り、ふとしたきっかけで多くのシマウマの中からマーティを見つけ出し、自分の気持ちを伝えます。
その言葉を聞いたマーティは、友とともに川の上流へと向かうのです。

病弱で健康オタクのキリンのメルマンは何故か医者になってしまいますが、自分が不治の病であると信じ込み、その上カバのグロリアに対する恋の悩みに直面してしまいます。
そんなメルマンの気持ちなど全く気づかないグロリアは、オスのカバのモトモトにモーションをかけられ、まんざらでもない様子。
絶望の底に落ちてしまったメルマンですが、マダガスカルから来たキングジュリアンに
「死ぬ気になればなんでもできる」
と言われ(そそのかされ?w)、一念発起。
グロリアとモトモトのデートの現場に乗り込んで自分の気持ちを伝えた上で、枯れ水の解決のために火山の火口に飛び込む生贄役として自ら名乗り出ます。
しかし、自分のことを本当に思ってくれているのが誰なのかをようやく悟ったグロリアは、生贄の儀式の最中にメルマンを引き止め、お互いの気持ちを確認しあうのです。

都会育ちの4頭が、慣れないアフリカの環境でそれぞれの壁にぶつかりながらも成長していく姿や、友情や親子愛の大切さを伝える内容は、子ども会の中で成長していく子どもたちやジュニアリーダーたちにとっても大事なメッセージがいっぱい詰まっているのではないでしょうか。

 

『マダガスカル2』

3月14日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!
公式サイト:http://www.madagascar.jp/
家族スキスキ♪キャンペーン:http://www.madagascar.jp/sukisuki/
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給
TM & (C)2008 DreamWorks Animation L.L.C. All Rights Reserved.

 


映画『マダガスカル2』特別試写会にご招待!今すぐチェック!
(携帯電話はこちらへ)

障害のお知らせ

2/25より当サイトのサーバにおいて障害が発生しており、下記のことが行えません。
現在復旧に向けて作業中です。
今しばらくお待ちください。


・juniorleader.comドメイン、およびjlclub.netドメインへのメール送信
→管理者宛へのメール送信、子ども会コミュニティねっとのメールでの日記更新

復旧済です

・form.juniorleader.comへのアクセス
→映画試写会応募フォームへのアクセス

復旧済です

・ring.juniorleader.comへのアクセス
→ひまわりRINGへのアクセス

→ひまわりRingのサービスは当面の間停止させていただきます。復旧の見込みは未定です。(2/27 14:50)

その他、想定外の障害が発生している可能性もございます。
お気づきの点やご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
info@juniorleader.com

mixiの「ジュニアリーダー」コミュの1000人突破を記念したオフ会に勝手にコラボする企画
「子ども会コミセンのオフ会in東京高田馬場」
のやり方について考える記事です。

「ウザい、死ね、消えろ、カス・・・。」

うちはそんな言葉は一番大嫌いです。
ま、その他に「人員削減」「内定取消」「民事再生法」も嫌いなのですが・・・。

言葉には1つ1つ重みのある事だと思います。
そう、簡単に言える言葉ではないと僕は思います。

しかしながら現実うちのチビ野球お馬鹿さんも該当していますが簡単に言ってしまう人が増えたと感じています。
一度、うちのチビ野球お馬鹿さんは兄の俺や、姉、母、更には祖母ちゃんまで暴言を吐いたことがあります。
代表でぶん殴りましたが言い訳として

「他人だって言っているし」

他人が言うから自分は良いんですか?
相手はどんな気持ちですか?

ジュニアリーダーっぽく尋ねてみると

「別にそのこと関係ない・・」

言われた相手はどう受け止めるのか。真剣に説教しました。
すると弟はポロポロ涙。
二度と言わないと誓ってはいて、謝りはしたけれどまたやらかすかも知れません。

言葉の重み、大切さを真剣に感じて暴言等がなくなる社会を作っていかなければとつくづく感じました。

(ぺい)

カナロコの記事はこちら

 燃料電池自動車を通じて地球環境の大切さを学ぶイベント「日産わくわくエコスクール」が十一日、横浜市神奈川区宝町の日産横浜工場で開かれた。
同区の子ども会育成連絡協議会と工場の共催で、区の後援。
四年生以上の児童と家族の計四十二人が参加した。
(中略)

 「とても勉強になった」と小学一年の太田駿希君(6)。
兄で三年の健斗君(9)は「エンジンをかけるとき音がしなかった。すごく便利だと思った」と話していた。

子ども会と企業が一緒に行うイベントが行われたそうです。
地元の企業と一緒にイベントを行うことって、子ども会ではなかなか珍しいのではないでしょうか。
企業は企業で、地域に根ざすことを目指しているところは少なくないので、こうした取り組みは面白いですね。
(はっちー)

まず初めに言いますが、

別にゲームが嫌いだからこんな記事を作ったわけではございません

ゲームの機種も最近増えてきましたよね?!

PSPやDS等楽しいのがたくさんありますから。

私もDSは使っています。

やっぱゲームが楽しいという理由からですね。

そうなると公園はどうなるかというと

ガラ?ンとしているのが八戸の現状。

昔はそうじゃなかったのになぁ。。とブツブツ。

私の家の隣には田んぼがあり、小2まではおたまじゃくしすくいには夢中でした。

しかし今ではそんな風景一切なし。

時代は変わったといえゲームだらけの世の中じゃちょっとなぁと思うこの頃です。

実際PSPやDSは子どもに良いのかわからないのでなんともいえませんが・・。

(ぺい)

さて、今回は「引継ぎ」シリーズの第2弾!先輩後輩の距離感について私なりに書いていこうと思います。

引継ぎの際、
「次の会長は誰にする?」
とか、
「今年はどうしていく?」
とか何かしら話し合いがあると思いますが・・・
この時、OBOGとかはどうしますか?(あるいは高1が引き継ぐところは高3もOBOGと同じような立場で考えてみてください)

ここでの対処を間違えると、私はこの「引継ぎ」は失敗だと思います。
なぜか?
それは次の会長決めで影響が出るからです。

この時、OBOGの人間が介入して会長とかの役員が決まったら、この会長はどうなるでしょうか?
先輩が干渉して決めたということは、その後のその組織にそれらの先輩はずっと干渉し続けるかもしれないという不安要素を作ってしまいます。
で、会長はやりにくくなる。

結構これって嫌ですよね。
だって新役員がこういうのやりたいといっても先輩方の顔色うかがってしまうでしょ?
こういうときの先輩は成功する確率が高くない限り新しいことをやらせたくないというのが本心です。
いわゆる過保護という奴ですね。

先輩と後輩の間には程よい距離感というものがあります。
ここが危ないからといって距離を詰めてこうするべきだとなってもだめ。
かといって全く知らん振りもどうでしょう?
助けを求められた時、そしていかにも無理をしそうな時、まずは本人達がどうしたいか聞いて、その意に沿う様に、時には平のジュニアらしく動き、時にはリーダーシップを取るべき所で取るのが、最もいい距離感だと思います。

皆さんはどうでしょう?いい距離感を見つけられるといいですね。
                                                    (トライ)

新しいホームページができました☆
「子ども会の遊びデータベース」(携帯もOK!)
まだ更新途中ですが...

レクリエーションなどがたくさん詰まった場所です。
新しいレクリエーションのネタも大募集してます。
ぜひ使ってください!

なお、このホームページは、「ジュニアリーダーのレクリエーションROOM」をリニューアルしたものです。

今回は、「子ども会コミュニティねっと」に登録しており、
高校2年生で、ジュニアリーダークラブの会長をしている「ちむろ」さんの日記をこちらに載せます。

来月7日に僕の地区で地区子ども会リーダー研修会を開催します。

この研修会は、地区子ども会で次期に会長や副会長など子ども会を引っ張るリーダーになる子達を対象とした研修会です。

対象は各地区子ども会の小学3、4、5年生。
目的は次期子ども会リーダーの育成や、話し合いの進め方を事前に学習させるという事。

その研修会を我々が担当させて頂ける事に!
嬉しいことです!

実施してほしいという事柄は、

・アイスブレーク
・リーダーについての講演
・話し合いの実技指導

だそうです。

アイスブレークについてはなんら問題はありませんが、話し合いの実技指導というのはどのようにやればいいのでしょうか...?

班をいくつか作って、各班にJLを配置し、 その班で模擬話し合いを(その班の全ての子に会長役が回るように。)やってもらって、 班に配置したJLに改善点を直してもらう。
とかでいいのでしょうか?

僕の推測ですがこの方法だと、なかなかぐだぐだになってしまうような気がします。

うーん
何か良い方法はないでしょうか?

この研修会は今年が初めての試みらしく、事例がないんです。
どなたか良い意見がありましたら、コメントを頂ければ、大変助かります!

それから、リーダーについての講演ですが...。

まさかとは思っていましたが、会長の僕が担当することに。

講演のテーマがリーダーの条件なんですが、正直、僕はリーダーに条件なんてないと思います。
誰もがみんなリーダーになれる条件は持っているんだよ!
というようなことを話そうかと思います。
あとは声は大きい方がいいよとか、そのようなことを話そうかと思います。

こんな内容で、講演が成り立つか、いまから不安です...。
とりあえず、下ばかり向いていても結果は出ませんので前向きにいろいろと考えてみようと思います!


さあ、アンダーラインを引いた「話し合いの実技指導」の研修、皆さんはどんな方法が良いと思いますか?
ちむろさんも読みますので、ぜひ、コメントをお願いします!
(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3