2008年6月の記事一覧

子ども会学会・研究集会の申込みは7月1日(火)17:00までに行えば間に合います。
全国子ども会連合会事務局の「穐山(あきやま)」に、参加したい旨を伝えるか、FAXを送ってください。
入会だけなら、いつでもOKです!
電話03-5319-1741、FAX03-5319-1744

子ども会学会入会案内と研究集会の案内・申込書はこちら(pdfファイル・約950kb)

子ども会について、語って、考えてみませんか?

子ども会は今、子どもの数以上に子ども会数が減るような、大変な状況です。
子ども会をどうしたらいいか…

いろんなやり方はあります。
そして、実践して、成功したり、改善点がたくさんあったりしているところも、たくさんあるでしょう。

子ども会にあった活動財は何だろう。

もっと子ども会で使いたい遊びって何だろう。

「実技」。
子どもの笑顔に会うために、子ども会がより楽しくなる遊びを考えてみませんか?

指導者やジュニアリーダーの育成はどうしていったら良いのだろうか。
育成者の意欲を高めるにはどうしたらいいか。

「理論」。
子ども会の仕組み、組織のあり方、方向性。
マクロ的な大きな視野で子ども会の今後を考えてみませんか?

--
子ども会を熱く語り合い、子ども会をよりよくするのが「子ども会学会」です。
「学会」という名前のとおり、発表もやります。
発表して文書にまとめれば、冊子になります。
そして、全国の子ども会に、自分の子ども会論を伝えることができるのです。

難しく考える必要なんてありません。
先ほど挙げたように、

「子ども会にこんな遊びを取り入れたら、もっと子ども会が盛り上がりますよ!」

「子ども会には、育成者が複数年残れるように、資格制を入れようよ!」

そんな思いを、話し合ったり、考えたりしてみれば、それで立派な「研究」です。

さらに、「実践発表」として、
「こうした取組みをしたら、こんなに良いことがありました!」
ということを発表して、全国の子ども会に伝えることもできます。

管理人(はっちー)は設立前から関わっていますが、すごく「おいしい」場所だと思っています。

全国の子ども会が、自分の「研究」で、変わるかもしれないのですよ!

会費は6,000円です。
もしよければ、入会してみませんか?

集まりは、年に2回。
7月4日(金)?6日(日)の「研究集会」と、2月に「全国子ども会中央会議」の中で行われる「発表会」。
会費は6,000円です。

入会だけなら、いつでもOK!
この機会に、入ってみましょうよ!

なお、子ども会学会の「研究集会」が7月4日(金)?6日(日)に、東京・新宿のオリンピック記念青少年総合センターにて行われます。
参加費16,500円+宿泊費・食事代6,000円。
内容は、「子ども会の歴史」、協議(話し合い)、情報交換会などです。
管理人(はっちー)は、参加します!(2日目(土)の夜は、並行して行われるグループカウンセラー養成講座に顔を出す予定)
こちらに参加したい人は、7月1日(火)の17:00までに、全国子ども会連合会事務局に電話かFAXをしてください。

※6月30日(月)中に申し込めば間に合います!
 ぜひネットのみんなで参加しましょう。管理人のあにぃとはっちーも参加予定です。


全国子ども会連合会では、7月5日?6日の1泊2日、高校卒業以上の子ども会リーダーを対象とした「グループカウンセラー養成講座(GC講座)」の受講生を募集している。

全国子ども会連合会「グループカウンセラー養成講座」のページを見る

(ちなみに、以前作ったGC講座のPRページはこちら)

この研修は、全国各地からリーダーが集まり、名のある全子連専門委員の方々から、直接子ども会の実技や理論について学ぶことのできる大チャンスだ。

毎年4回程度開催されており、全部受講すれば全国子ども会連合会認定の「集団指導者」の資格(最初は「初級」)が取得できる
もちろん、複数年にまたがって受講することも可能だ。

7/5?6は、全子連専門委員の羽藤先生から、児童文化財を学ぶそうだ。

会場は、東京・新宿の「オリンピック記念青少年総合センター」。
参加費は、6,000円で、宿泊費1,150円と食事代が別途かかる。

■申し込みたい場合
▽携帯の方
 全国子ども会連合会(電話03-5319-1741)に「参加したいです!」と名乗り出てください。
▽PCの方
このpdfファイルの最後のページにある申込書を全国子ども会連合会に送る
FAX  03-5319-1744
メール info@kodomo-kai.or.jp

問い合わせ先
全国子ども会連合会事務局 担当:小菅・穐山
電話 03-5319-1741

(長野日報の記事はこちら

 子どもリーダーの育成で地域に密着した主体的な活動と世代を超えた仲間づくりなど行う茅野市リーダースクラブ(CLC)が、これまでの活動を認められ県子ども会育成連絡協議会から今年度の団体表彰を受けた。
CLC会長で下諏訪向陽高3年の竹村晴香さん(17)=同市本町=が27日、同市役所を訪れ牛山英彦教育長に受賞を報告した。

こうしたことが、新聞に取り上げられているのがうれしい。
筆者の代が越谷で初めてジュニアリーダーの上級資格を取得したということで、子育連の会長・副会長と一緒に教育長にあいさつに行ったときのことを思い出した。
とても緊張して、10年経った今では、何を話したかさえ覚えていない。

 竹村会長はCLCの特徴を
▽住んでいる地域以外の人と仲間づくりができる ▽学校では交われない同士が話ができる─とした。
会を通して大人から子どもまでいろいろな人と触れ合いがあり、
「発見がいっぱいある。同じ目的に向かう道がいく通りもあることを感じました」
と、自身の経験も踏まえながら学べることの多さを話した。

竹村さんは、子ども会の良さを、言葉の一つ一つにしっかり詰め込めている。

週1回集まっているという「CLC」。
様々な年代との関わりの中で、はたまた、仲間同士の議論の中から、
より多くの仲間達に、竹村さんの想いが伝わってほしいものだ。

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3