2008年3月の記事一覧

全国子ども会連合会では、2月の総会で、事業計画などを決めたとのこと。

その中には、来年2月の中央会議が広島市であることや、
ブロック大会が「子どもゆめ基金に各自申請」をしているらしいことや、
「スマイルトレーニング」なる新規事業?も始まるらしいということなど、
全国子ども会連合会の動きがホームページでいろいろわかる。

(個人的に、関東大会(茨城・猿島)も東京大会(埼玉・名栗)も近所でやるんだなぁとちょっぴり驚いてみたり)

この中で、インターネットの世界に新しい風を吹き込みそうなものを発見。

4、全国子ども会「インターネット子ども会」
広報活動事業
1)期 日
  全子連ホームページにて各地の情報を適宜紹介する
2)場 所
  県(市)子連・市区町村の活動実施場所
3)内 容
  子どもたちがまちを調べた結果や意見を報告。(書き込み)

「内容」の記述によれば、子ども達がインターネットに書き込む取組みになりそう。
今年も全国子ども会連合会から、目が離せない。

ネットで申込できる事業は、どんどん「子ども会コミセン」でも紹介していくので、チェックをお忘れなく。
(はっちー)

山陰中央新報の記事はこちら

 鳥取県庁内の関係部署でつくる、米子?ソウル便利用促進対策本部会議が十八日、同県庁内であり、三月末までの緊急運航支援対策として、子ども向け春休み旅行キャンペーンを展開し、利用者増を図ることにした。

どうやら、米子→ソウル便は、冬季の搭乗率が低いと、休止になってしまいそうな感じのようだ。
そこで、春休みの「子ども向け」キャンペーンなわけだが、

 会議では、目標搭乗率が75%の夏季についても協議。団体客の減少が昨年夏季の搭乗率低下を招いたとして、地域の子ども会などを通じて利用増を図ることにした。また、同実行委は四月以降に新規パスポート取得者への五千円支援を再開する。
ここで「子ども会」が登場!

続きを読む

先日、埼玉県松伏町で「ミニまつぶし」という試みを行うことを紹介しました。
記事はこちら

ミニまつぶしの3週間前くらいに、たまたま松伏町の中央公民館の近くを通ったら、小学生を数人発見。
「もしや...」
ちょっと、立ち寄ってみました。

NEC_2445.JPG
アピールするポスターが貼ってあります。
こういうものに、「ジュニアリーダー」と書いてあると、興奮を覚えるのは私だけでしょうか(笑)

奥の会議室で、やっていました。準備会。
通りがかった大人の方に、「越谷のジュニアリーダーなのですが、興味を持ちまして...」と話しかけてみました。

すると、快く、中に招き入れてくれたのでした。

NEC_2444.JPG
子ども達も、大人たちも、「ミニまつぶし」に向けて、準備をしていました。
大人の皆さんは、当日の運営について話し合い。

子ども達は、ジュニアリーダーと一緒に、当日のシフト表を作ったり、売り上げ高をまとめる表を用意したり。
こつこつ紙に線を引いて、表を作って「できたー!」と喜んでいる子。
ジュニアリーダーにまとわりついて離れない子。
いろんな子が、楽しそうに作業をしていました。

これはまさに「子ども会」だ...
このプロセスを、はかどる・はかどらないはともかく、子どもが中心になって作業をしている姿は、子ども会の「目指している姿」そのものでした。
次の週に、ラーメンなど、「ミニまつぶし」の中で行う飲食店の練習をして、本番に臨むのだそうで。
「お昼食べてこなくていいの?ヤッター!」
などと、口々に言いながら、子ども達は帰っていきました。

職員の方ともお話したのですが、前回の記事で皆さんから指摘があったように、
この「ミニまつぶし」、ドイツあたりでやっていた「ミニ○○」を取り入れた「ミニさくら」を参考にしているそうです。
「子ども達が自分達でやる。これが大事なんですよ。」
熱く語っておられました。
その姿勢が素晴らしい。ジュニアリーダーも生き生きとしていました。

松伏町の担当の職員さん、そして、松伏町のジュニアリーダーの皆さん、ありがとうございました。
当日はいかがだったのでしょうか。
(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3