kaeru.jpg

生活リズム崩れる県内の子ども 「学力低下の遠因」

琉球新報の記事はこちら

 目白大学(東京都)の谷田貝公昭教授(保育学、教育学)と高橋弥生准教授(保育学)の研究室は7日、県子ども会育成連絡協議会(沖子連、玉寄哲永会長)の協力を得て県内小学生の保護者を対象に昨年実施した「生活習慣調査」の結果を公表した。
就寝時刻が決まっているのは児童の約25%と低く、生活リズムが崩れている結果がでた。また1989年の前回調査と比べ「生活習慣が身に付いている」状況が全体的に悪化していた。
 調査は2006年6―9月に沖子連に加盟する27市町村の児童953人(男子483人、女子470人)について、保護者に調査票を配布し回答させた。

子ども会の会員を対象としたアンケートで、こうした普遍性のある研究が行えるのは、母集団が大きく、地域に根ざした比較的色のない特色がある「子ども会」ならでは、だろう。

 項目で「生活習慣が身に付いている」割合が学年で70%を超える項目を「自立項目」とし、各学年の自立項目の数を比較。
前回調査で自立項目の数は1年生で37項目、6年生までで40項目だったのに対し、今回の調査では1年生では6項目、6年生までで14項目と、自立項目の数が大幅に減った。
自立が早まった項目はまったくなかった。

前回調査は、1989年とのこと。
つまり、17年前の子ども達との比較をして、自立項目が

     1989年   2006年
1年生 37項目 ⇒  6項目
6年生 50項目 ⇒ 14項目

...ということだ。
この間には、小学1・2年生の「社会科」と「理科」をなくして「生活科」ができ、お手伝いの大切さなども学ぶようになったりしている。
それにも関わらず、ここまで極端な結果が出てしまうというのは、どうしたことだろう。

(はっちー)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3