kaeru.jpg

「子ども会は本当に必要か」

子ども会って、本当に必要なものでしょうか?

無くしてしまったけれど、やはりあった方が良かった
こういう行事は続けて欲しい、
○○だから子ども会はあった方が良い、など
子ども会に関しての率直な意見を教えていただけたらと思います。

町内会と連携して、地域の安全を見守るなどは必要だと思うのですが、
様々な行事は、無くしても良いのではと感じるものがあります。

役員をしながら、葛藤の連続です。

Yahoo!知恵袋より

 


回答1

子ども会なんて必要ないです。
活発な活動を行っている!というところでも、
実際は『親が動いているだけ』であって、
主役の子供たちは何にも動いていないでしょ?

どうですか?

ましてや、町内会と連携までして行うほどの価値もないように
思うんですが。


回答2

子どもの為と言いながら、結局ズルズルと続けてる行事があると思います。
私の住んでいる場所は新しい団地ですが、自治会(子ども会)は在所の方と一緒です。
煩わしいな・・・と感じることも度々あります。
5月祭り、前日・前々日から練習。
ゴールデンウィークなので、出掛けたいと思いながら、
子ども会の行事だし・・・と、親としては、ありがた迷惑な面も。
だけど、夏祭り、クリスマス会、遠足・・・と、子どもが喜んでいる行事もたくさんあります。
なので、親の都合ばかり言ってはいけないのかな、とも思います。

私が役員になったとき、子ども会の行事で、
いろいろ動かなければいけないんだろうな・・・と実は憂鬱です。


回答3

私も必要ないというか、消えてほしいと思います!
今年、役員に当たって、うざいなぁと思う日々です。
実際、子供時代を振り返っても、子ども会なんて仕方ないから参加していただけで、
ない方が良かったのになぁと思っていた記憶があります。

新の住宅街の人たちはやめたいと思っている人が多い。なぜなら核家族が多く、
夜に町の総会に顔を出せといわれれば、旦那の帰りが遅い人は子供だけを家に残すことになる。
こんな物騒な時代に、しかも夜に!
あるいは土曜日の午後とかに呼び出されて、これまた子供だけで留守番せざるを得ない状況に
なることもある。子供が大きい子だけならわかるが、幼児がいてもおかまいなし。
地域の安全を守るより先に我が家を守らせろって感じです。
それに対して旧の住宅街の人達は、同居されてる或いは近くに親がいる為、こういう不安は
感じなくても良い。だから子を残す気苦労を知らない。しかも祭りごとが好きな人間がやけに多い。
そして文句を言ってくる人間もほぼ旧の地域の人間。
そんなに気に入らなきゃ自分らでやってくれ!といいたい。
私ら、無理してやってんだから出来ないもんは出来ないっつうの。
育児ストレスを一人抱えて踏ん張っている人が多いのに、余計なストレスを増やしたら、
変な話、虐待増えるぞ!と心配する日々でございます。


回答4

地域社会と学校が乖離してしまったのが原因です。
崩壊した地域社会に対する社会行事に矛盾を感じ葛藤するのは当然です。

1980年代以前は地域社会が学校と一体になって子供を育てるのが普通でした。
回覧板に子ども会の話題や小学校の話題も乗るのが普通でした。
お祭りや地域行事に、青年会や敬老会や消防団などとともに子供会も参加するのが当然でした。
通学路をボランティアで近所のオバサンが見守っていたり、
庭先で茶飲みながら、道行く人と話しているおじいさんが子供を叱ったりしていました。

今は、人口の流動性が高くなり、自分が生まれ育った町ならともかく、
縁もゆかりもない近くの小学校など無関心の人も多く回覧板をやめるところもあります。
いわれのない町内会費など払わないと言う人も多くいます。
子供を叱ると脅迫だとして裁判を起こされたりしています。
学校への信頼も無くなり、原因にかかわらず教師が児童を叱ると、親が怒ります。体罰も禁止です。

さまざまな矛盾が噴出しています。


回答5

大人の立場のお話はみなさんがしてくださっているので
かつて子ども会にお世話になった子供だった立場でお話させていただきます。


私が子供の頃、子ども会がありましたが
私を含め、どの子も喜んでいませんでした。
ただ、懸命にやってくれている大人に悪くて言えませんでしたが・・・。

とても忙しい中、親が無理をして役につくのを見て、
そんなことをするより家で休んで欲しいと腹立たしく思ったものです。

催し物も、子供はただ呼ばれてみんなそこに行くだけで、大人が全て仕切っているし、子供の意見は聞かないし。
子供会は近所のしがらみが強く、親同士の力関係が見えていたのも嫌でしたね。

子供についての活動は、
「学童保育」の活動の方が、子供に自主性を持たせた活動を貫いてくれたので、ずっと心に残っています。

肝試しにしても、子供たちの手作り感があって和気藹々としていました。
おばけ役の子は自分の衣装やおめんなどを工作で作って用意したりするのも楽しかったですし。
おまつりの模擬店も全て子供がお店を出したり(親付き添いでの手作りコロッケのお店もありました!)。
キャンプに行けば、そこで食べるご飯は子供が飯盒で炊いたり、おかずを作ったり。

指導してくれる大人の人にすればそちらの方が気がもめたでしょうが
いつも出しすぎないながらも、いて欲しいときにはやさしく教えてくれました。

そういう活動なら、意味があると思うのですが、
子供の気持ちが反映されない、大人主導のこども会なら不要と思います。


回答6

私自身が子供のころ(もう30年くらい前ですが・・・)
子供会の行事は楽しかったですよ。
自分の子供が子供会に入り、私が役員をしていた時も、
大変ですが子供たちのためにと思うと頑張れました。
必要かどうか、と聞かれたら、子供たちが喜んでいるなら必要、
そうでないなら不要なのではないでしょうか。
可能であるなら、子供たちに聞くのが一番いいかもしれませんね。


回答7

こども会ではないのですが、有志の大人で子供向け活動を行っている会の者です。自治体や地域のこども会ともつながっており相互協力しています。どちらかというとこども会ではもううまくやっていけないと思った人間の集団です。こども会も今の生活に合わせて変わっていくべきだと思っています。特に主婦層と共働き層、核家族層と大家族層、イベント好き層と嫌い層の双方の良いような形にするべきです。

行事は実際に活動する親や子供の希望によって決められます。現在は月一回来れる人のみの情報交換・イベント会議をベースに、児童館に1日だけどうぶつを呼び、ふれあいを楽しむどうぶつ村と、地元行事の際の出店(豚汁屋)、不定期で子供向けお料理教室や映画上映、親向け教育講座などを行っています。資金と労働力が揃えば、祭りで水風船釣り屋などを開いたりします。役員は希望制です。イベントによってや、イベント当日のみや、仕入れだけ、ニュースつくりのみなどやりたい事やできる事のみでフランクに対応して動きます。毎回会議に出ろだとか、得意でない事をやれとかは事実上無理です。人手や予算が揃わなければ行事は取りやめにします。子供が行事取りやめだけは嫌がって泣くからといって協力しにくる親もいます。忙しいからといって寄付金だけ下さる方もいます。できないならやらないがモットーで、続けてほしいなら協力するべしという方針です。子供が喜ぶ行事でも親達が無理して行うものでもないと思います。会議や打ち合わせも主婦達は昼間に、共働きは夜に、必要があれば子連れオッケーで保育担当者を付けたり、会費を出して夕飯は持ち寄り飯で食べながら会議などもします。イベント時は、子供が小さい家庭は午前だけや午後だけ、準備だけなどの仕事を割り振り、家に戻ってご飯が食べれたり、子供と一緒にイベントに参加できる時間を作ります。現在ベーススタッフは20人ぐらいが各イベントに合わせて組み合わせを変えて動いていますが、どうぶつ村イベント当日は50人くらいの当日スタッフを使います。

ただ、月1回の情報交換は非常に有効です。各年代層や地域情報、学校や施設情報や痴漢やいじめ対策の意見交換などは役に立っています。また組織名と会員網があるという事はいざという時に相互協力がすんなりいきます。「給食民営化」や「学校統廃合」などの情報交換や署名、活動などはしやすいです。活動は先細りになる事も多々ありますが、ルートを残しておくともう一度それを太くする(集合をかける)のは簡単です。会自体が解散してしまうと、会を作りなおすのにはすごいエネルギーがいります。

結論としては、会としては残しつつも、みんながやりたい事を、できる事を、イベントや会議は親の都合も考えるように変更して小規模に活動していくのが良いのではないでしょうか。


回答8

うちのマンション(新築)で皆さんが引っ越してきて自治会を作るときに子供会についてもアンケートをとりました。
結局要らないという意見が多かったみたいですよ。
だから子供会はありません。
私自身子供会は必要ないと思います。
最近の子供会は子供主導でなく親ばかりが役だとかイベントなどでやることが多く大変になってますよね。熱心な親が一生懸命になって仕切ってるような子供会は要らないです。
これじゃあまり意味がないと思います。


回答9

内容によりけりだと自分は思っています。ただ、子ども会自体は悪いことではないです。

私が子どもの頃の子ども会は本当に楽しかったし、どこかに行きたいと思ったら、近隣のお宅に呼びかけて廃品回収をしてお金を作っていました。親はかなり大変だったと思いますけど、楽しかった思い出がたくさんあります。
でも、私が住んでいる子ども会の場合、金を作る場合、町内会の祭りでバザーをするのですが、行儀の悪い子どもと挨拶もロクに出来ない親が来て、町内を回ってひったくるようにして物を持っていきます。町内会のバザーと名目がついていてもほとんどそれに名を借りた恐喝に近いものがあります。正直町内会からも補助が出ていますが、こんな子ども会なら入らせようと言う気持ちが全く起こらずうちは入れておりません。
リスクが唯一あるのは学校の方で習い事(サッカーとか合唱部とか)をやる場合、子ども会に入ってないと習うことが出来ません。
でも、うちは年の半分はコンクールにエントリーする関係でそんなもんをやっている暇がないので・・・とお断りをして関わっていません。

少なくとも遊ぶ金を作るんなら、ちゃんと働いてやれ!と思います。廃品回収とかなら文句を言うつもりはありません。バザーで町内からひったくっていって売ってんじゃネエよ・・・というのが本音。実際隣の市の子ども会なんてちゃんとそういうことをして金を捻出して行動していると聞き、そちらの子ども会についてはうらやましいと思いました。


回答10

必要なし、というかなくなって欲しいと切望します。

子ども会の役員の集まりは、夜にやることが多いです
7時から9時くらいまで。
働いてる方がいらっしゃるためか、今までのしきたりでかは わかりません。
ご主人が帰宅できない、祖父母にみてもらえない、等の人は連れてくるか、
留守番させるか になります。

連れてきた場合、お風呂や食事、(その前に済ませたとしても)寝るのは遅くなり、生活リズムが
狂いますよね
留守番の場合、子ども会というくらいだから子供は小学生以下の場合ですよね
危ないです。なにかあったらどうするのでしょう。なにかなくても子供は不安でいっぱいです。

こう考えるとなんの為の子供会なのか?わからなくなってまいりますね

矛盾してると考えます。

確かに子供は楽しい、しかしその陰ではこのように子供に影響が出ている。
そのことを考えるとなくすか縮小し、質問者様の子どもの安全を考える事だけでも
いいかと思います
ここは田舎ですので、1年中様々な行事があり、役員になってしまったら親子共に大変です。
父子家庭、外人家庭は役員はまぬがれる、しかし行事に参加する、
これも首をかしげるばかりです。

現在役員さんですか?
私は今年も来年も役員です。
お互い頑張りましょう。


回答11

地域の中での縦割り教育という位置づけであれば、活動としては良いことだと思いますが、
昨今の子ども会は『親の出る幕』が多いことに驚いています。
私自身が子どもの頃、子ども会の子供の役員(つまり6年生主体)があり、子供の役員が議案を立案し・行事の計画を立て
基本的に子供が話し合いの場(親は話し合いを見守る)を持って、それに親が手を差し伸べる...ということでした。
親も影で話し合いなどしてくれていたのでしょうが、現在のように『上げ膳据え膳』ですべて親が仕切るのでは
子供の自立・自主性...そういう側面から疑問を感じざるおえません。
子ども会は地域の子供たちのためにあるものですが、親が拘束され親が主体となり子ども会と言うよりも
子供のための保護者の会になっているようにさえ思います。
主体は子供であるはず...だと思いますので、子供の主体性がない会に意味を感じません。
地域の安全は学校のPTAでも自治体や自治会と相談と連携の場を持って、見守ること・活動することは可能です。
実際...子供の卒業した小学校では、子供会がある地区とない地区があるので、地域の安全はPTAが主体です。
子ども会の本質は何なのか
地域での子育ては重要な位置づけにあると思いますが、親の介入が何処までか
...問題はそこだと思います。


回答12

結論から言うと『あった方がいい!』です。

現在、子供会の役員をしてます。正直いって面倒くさいですけど、親同士の繋がりが深まるし、沢山の子供たちともお話できて楽しいです。
今年の夏には、会長の提案で流しそうめんをやりました。
近所の竹を切ってきたり、そうめんを大量にゆでたり、準備は大変!でも、子供たちの大喜びする顔を見たら、もうOKですね。
大人数で何かをやりとげるって所がいいんですね。
今度はキャンプなんかもいいなぁ...と思ってます。

大人が先頭きって楽しむぐらいじゃないとね。
子供は敏感だから、親がつまらないと伝わっちゃうんですね。
子ども会の主役はあくまでも子供。
その子供たちに、普段は体験できないことをさせてあげたいです。
そのための苦労なら、苦労にならないと思いますが。

私が子供のときも、子ども会の大人たちが大活躍してました。
キャンプ、肝試し大会、お寺での宿泊体験、ドッジボール大会、芋煮会など...。
どの行事も楽しかったですね。


--


ちなみに、質問者の方は回答5をこの質問の「ベストアンサー」に選んでいます。

思うに、

 大人は「子ども会だから」と忙しい中強制的にやらされ。
 子どもも「子ども会だから」と休みの日に集められてお菓子だけ与えられて。

で、誰もが

 「何のためにやっているのかわからない」
 「今までやってきたことだからやってるだけ」

そんな子ども会が多いのではないでしょうか。

これじゃ、誰だってイヤになります。

子ども会って、もっと楽しいもののハズですよね...。
子どもも大人も心から楽しめる子ども会にしていくためには、どうしたらよいのでしょう?
改めて、みなさん考えてみましょう。

(あにぃ)

Comments [10]

No.1

中1でジュニアリーダーに入り今年41歳、その間自分の町だけでなく様々な子ども会に関わってきました。
現在は市子連で講義させていただく機会も多くありますがその時の題名が「子ども会は必要か?」です。

子ども会の良さは(他の少年団体にない特徴)主に3点
1=異年齢集団での遊び体験
2=子ども自身が考えた行事を実現する経験
3、地域性がある

これらの良さ(特徴)を維持できる子ども会であれば必要です。
しかし、現状では子ども達が企画に参加せず、役員が企画運営をしている子ども会がほとんどで、役員は大変で子どもにとっても魅力の薄いものとなっているのが現状です。

子どもに企画?それは無理だよと多くの役員さんが言われます。しかし私は多くの研修を通じて感じるのは子どもの能力は大変高いものです。

実際、私の所属する子ども会(伊豆の国市)ではインリーダー研修会を開催し、午後からプログラム「行事を作ろう」でほとんどの単位子ども会で作り上げる事ができます。時間は3時間あまり、毎年役員さんは驚いていますが(笑)
よろしければ私の団体のHPをご覧ください。

子ども会の行事が全てそのような形で運営されるとは考えていませんが、1つでも2つでも子どもの考えた行事が実現できるのであれば、子ども会は必要でしょう。
しかし、それが出来ない子ども会では遠からず消滅していくと思います。

No.2

いずのくまさん、お久しぶりです。

> 実際、私の所属する子ども会(伊豆の国市)ではインリーダー研修会を開催し、
> 午後からプログラム「行事を作ろう」でほとんどの単位子ども会で作り上げる事ができます。
> 時間は3時間あまり、毎年役員さんは驚いていますが(笑)

これはすごいですね。
ぜひそういったプログラムを越谷でもやりたいです(笑)

私は、ジュニアリーダー活動の中で、単位子ども会に行ってゲームをすることがありますが、いつも気になるのは、高学年の子のやる気のなさ。
決まって、目が死んでるんです。

でも、中学生になって、ジュニアリーダーになると、自分達で行事を組み立てて、実践して、楽しそうにしている姿を見ます。
やっぱり、自分達で組み立てて何かができるという要素がないと、いけないのかなぁと感じるところです。
ただ、ジュニアリーダーの話し合いを見ていてもそうですが、子どもだけでやらせると、核心の話は何もしないで遊んでいるだけになってしまう時間がやたら多い。
ここが(正確に言うと、こうなってしまうとあきらめている)、難しいところだと思いますが、皆さんどうでしょうか。

No.3

はっちーさん久しぶりです。

小学生に対してはまず動機付けの話が必要だと思っています。
1、子ども会は子どもが作る会だよ。
2、その中でもインリーダー(5・6年生)の君達が中心だよ。
3、子ども会を面白くするのもつまらなくするのも君達次第です。
4、役員さんやジュニアリーダーは君達のお手伝いをする為にいるんだよ。
5、ぜひ君達の力で楽しい子ども会を作り上げてくださいね。
こんな感じで初めに子どもと役員の前で呼びかけます。
次に単子役員の説得。
役員だけを集め討議してその中で子ども会(遊び)がいかに子どもの成長過程で必要であるか話ます。
でも、大概の役員は疑心暗鬼ですね((笑)
ところが午後からの「行事を作ろう」で実際に子供たちが出来る所を見ると納得してくれます。

私が思うのは、子どもだけの研修、大人だけの研修では効果があまり無いと思います。
同時に行うことによる相乗効果が大きいですよ。

中学生は更に難しいですね。
実はジュニアリーダーの仕事はかなり高度な事を中学生に要求していますからね。

結局、やる気は教える事が出来ませんので、やる気のある子をいかに伸ばす事が出来るかに尽きるのでは?
それには、細かい注意よりも良いトコを誉めるでしょうか。

話し合いの進め方では、いくつか段階を区切り、成果を報告してもらう方法がお勧めです。
いつまでにここまでは決める、とういうような組み立てをして、シニアがそれを管理すれば良いと思います。
シニアが中高生の話し合いに出すぎると自主性・やる気が損なわれる場合があるので、その兼ね合いが難しいですね。

No.4

はじめまして、愛知のりるです。
下の子が6年生になるので、4年ぶりに「子ども会」の役員がまわってきました。
皆さんの意見、読ませていただきました。
「親が仕切ってしまう」子ども会は、役員さん次第だと思います。過去の体験から、子ども達をうまく巻き込んで、やる気を出させれば、どんどん積極的になっていくようでした。子ども達の「やってみたいもの」を考えさせて、1つでも実現させてあげると、意識が変るようです。ただ、子ども達に考えさせて、実行させるには、時間もかかります。大人がやってしまえば、すぐ終わっちゃうんですけどね。そこを、グッと我慢して見守る。どうしても大人の力が必要なときには、そっと力を貸してあげて下さい。偉そうなことを書いてしまいましたが、子ども達は大人の「やる気のない様子」もしっかり見ています。役員さんも楽しんでやっていれば、子ども達も楽しく1年が過ごせます。
「子ども会」は、大人も子供もいろいろ吸収できる場です。その地域に住んでいる子供は、誰でも加入できるんですもの。必要なものだと思いますよ。

No.5

こんにちは、読ませてもらいました。
うちの子供が通う校区内にも6つの子ども会が存在します。うちが加入してる子ども会の規約では、「全員参加」と謳われてます。子どもが楽しくて加入する分はいいのですが、うちの子は「嫌だ、辞めたい」と言ったので、3年前に退会えお申し出ました。その時に議論が白熱し、言われた言葉は「ここから、出て行け、子どもが孤立しますよ」という言葉でした。結局吊るしあげられ、潰されて今に至ってます。今年は子どもが6年生ということもあり、なんと会長になってしまいました。未だ子どもは行事に参加はしません。今年も新入生で加入拒否をした家庭がありました。「出て行け」とは本人には言いませんでしたが、会員の母親の中で「嫌なら出て行けばいいやんね?」と、言ってました。揉めて揉めて結局その家庭の子供さんは、隣の学校に行く事になりました。私はそれが許せなくて、そういう考えを持ってる人が居る集まりに自分も居るのかと思うとゾっとします。土曜日にある総会で、もう一度「全員参加」を話し合うつもりです。

No.6

かかしさんのお話は子を持つ親として良く分かります。
私の考えは市内・町内に子どもを対象とした団体がたくさんあった方が良いと思います。
それは子どもはいろんな子がいますので、子ども団体もいろんな目的や手法の団体があってその中から子どもが選べるのが子どもにとって良いと思うからです。
子ども会が他の団体と違うのは、地域性が強い事があります。地域のお祭りや行事に密接に関わっている場合が少なくないですからね。
また、学校とつながりがある場合もあります。

かかしさんの話を聞いていますと、あまりかかしさんが議論を仕掛けず、上部組織で議論してもらってはいかがでしょうか?
この様な問題はデリケートで、結果として子どもが転校せざるをえないようになってしまうのは、双方の不幸と感じますので。

No.7

田舎の小さな町で育ちました。全校生徒は当時(30年位前)100人くらい。
『子ども会』というものは無く、小学校の中に『分団会』というのがあり、地区ごとに縦割りで集まり、6年生が分団長、副分団長となり、同じ地区のこども達をまとめていました。
七夕会、クリスマス会、お楽しみ会・・・。
大人の力を借りることなく、学校の分団会の時間に、みんなで計画を立てます。
七夕会などの夕方・花火みたいなときには、大人が見に来てくれます。
そんな環境で育った私が、まず、意味が解らなかったのが、「子ども会に入る」という言葉です。そこに住むということは、そこの町の子供であって、入るとか入らないとかではないような気がして。
次に子ども会の会長をしてみて、訳がわかんなかったのは、子どもの会なのに、行事の計画・準備はすべて役員の仕事。しかもその年の役員だけ。
役員はその一年間、訳がワカランほど忙しい。役員をしたくない、仕事の関係でできない家庭は子ども会に入らない。
これは、仲良しサークルなのね!実はあんまり仲の良くないかもしれない仲良しサークル。
私の理想の子ども会は、そこに住むすべての子どもに行事の連絡をし、参加する子ども達が考える子ども会。そして、行事に参加する子ども親すべてが、世話係になる。
親・学校・地域がもっと繋がった環境。

No.8

子ども会、必要だと思ってました。
上の子は、楽しそうに行事に参加したし、
役員というか、係りをした時も
子どもたちの笑顔に癒され、楽しそうにしている姿を見て
頑張ってよかった!って本気で思っていました。

でも、身体に障害というか
支援が必要な下の子が入った時に言われたんですけど
・集団登校で、歩くのが遅いから待っていたり、追いかけたりするのは
危ないからやめてほしい(巡回のお母さんからの意見)
・早く学校に行きたいのに、その子に合わせてゆっくり歩くのは苦痛
・朝、ただでさえ早くて大変なのに、歩くのが遅い子に合わせて集合時間が早いのは嫌だ(たぶん、子供から言われたお母さんからの意見)
など、学校に行き始めて1週間で言われました。
しかも、直接言うんじゃなくて子供会の会長さんから匿名って形で。
ちなみに、集合時間は下の子が入る前と変わってないし、
歩くの遅いってわかってるから、親がついていて、遅れたら
「先に行ってね」って言ってたから、最後まで下の子と一緒に登校した子どもはいません。
待っててくれたのだって、近所の老人会の方に「待ってあげなさいよ」って言われて、嫌な顔して待っててくれただけで
自主的でもなんでもないのに。

他にも、いろいろ事情があって・・・
入らない人が増えてきてます。

今年から2年任期の役員してますが、
もし、何か言われたら役員に関しても悪いけど放棄してやめる予定です。

ただ、上の子は楽しみにしているので
一回言われただけなので我慢してみます。

支援が必要な子供を持つ親さん

コメントありがとうございます。
投稿から時間が経っている記事だったので、コメントに気付くのが遅れました。

お住まいの地域では、子ども会単位で集団登校の引率・巡回をされているのですね。
なんとなく、そのようなことを仰る方々の
「ただでさえ、(子ども会を)やりたくてやっているわけではないのに…」
というような気持ちが透けて見えるような気がします。

コメント者さんのお子さんに限らず、地域には様々な人が暮らしていますし、子どももいろんな子どもがいます。
誰もが、障碍者や要支援者にやさしい社会であるべき…と考えているはずなのに、寂しいものです。
皆が進んで関わるべきとまで言うつもりもありませんが、子ども会に限らず、自分の目の前に支援が必要な人がいるのであれば、せめて合わせてあげるくらいは当たり前にしたいものですね。

子ども会の活動では、人と人のお付き合いが良くも悪くもついて回ります。
無理解な方がいらっしゃる場にいかなければならない心中、お察しいたします。
参加されている子ども会内にどなたか、何も言わなくても(言えなくても)「そんなこと、言うことないのに…」と思っておられる方がいらっしゃればよいのですが。
子ども会活動の活性化を願い日々活動をしている者としては「そんなところに行くことないよ」とはなかなか言いにくいのですが、上のお子さんのためにと思えるところまでは頑張ってみてください。
でも、あまりご無理はされませぬよう…。

No.10

長男から10年以上関わってきましたが習い事が土日祝日にあって全く参加できないのに会費だけとられてきました。会を発足した頃から少子化はおそろしいスピードで進んでいます。親のストレスもピークです。産んだ子どもの人数分役員をやってくださいともいわれました。意味がわかりません。会の目的は子どもの健全な成長の為なのに今では目的が変わってきています。会を存続させなければいけない意義がわかりません。共働きも今では当たり前ですし、母子家庭の方も仕事の休みを強制させられてしまう程に。地域の祭りは減少してラジオ体操でさえ苦情が出る始末。本当に必要な地域に会を発足させればと思うと希望者でボーイスカウトみたいなのは、どうですか?必ずしも全地域に強制入会の子ども会を存続させなければいけないのは会費の為ですか?どうして頑張りすぎてストレスためる事になるのでしょう。出来ない事は出来ないです。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3