kaeru.jpg

ジュニアリーダー 一覧

GirlsNewsの記事はこちら

4月13日、米沢市のご当地アイドル『Ai-Girls(アイガールズ)』が同市置賜総合文化センターホールで報道陣にお披露目された。

『Ai-Girls(アイガールズ)』は全国的にも珍しい立ち上げ当初から自治体が関わる社会貢献アイドルで、直江兼続公の『愛と義』をテーマに、米沢を愛してもらうため、また愛にあふれた温かい"こころ"をもって地域を元気にするボランティアアイドルグループを目指すという。一期生は昨年10月に行われたオーディションによって選ばれた小学5年生からから23歳まで社会人の女性20人で構成され、約5ヵ月間のボイストレーニング、ダンスレッスンを経て今回のお披露目を迎えた。

自己紹介を終えた後、総合プロデューサーの加藤マチャアキ氏が楽曲制作とダンス指導を手掛けたオリジナル曲『カラフルtime』を17人のメンバーが披露、リーダーの"ゆかにゃろ"こと太宰優華さん(17)は「全国に米沢の良さを伝えたい」 「元気と笑顔を届けたい」と抱負を語ってくれた、今日のお披露目会の出来については「みんな緊張したと思いますが、笑顔が練習のときよりも出ていたので良かったと思います。」とコメント。

今回はボーカルが4人体制。大人数ユニットの華といえるフォーメーションチェンジもスムーズで、4月29日に開催される米沢上杉まつりでの本格ステージデビューに向けて更なるスキルアップを目指すという彼女たち、当日は『カラフルtime』のほかカヴァー曲2曲を午前・午後のステージで披露、花笠音頭パレードにも出演予定だという。さらに5月3日にはまつり後の清掃ボランティアにも参加するという。

衣装のデザインを担当したのは地元米沢の高校生、奥山佳奈さん(17)、昨年開催された「ヨコハマファッションアワード2012」高校生の部でグランプリを受賞した実力の持ち主で、地元の伝統産業『米沢織』のブルーのシルクデニムを取り入れた衣装をデザインした。

主催の米沢市教育委員会 社会教育・体育課課長補佐の岩倉 司氏によると、「アイドルという形態によるボランティア活動を行いながら、地域の人々と交流、米沢の魅力を内外に発信し、また、社会福祉施設関係へのボランティアを自ら企画立案して進めていく予定、地域に貢献できるジュニアリーダーの育成、青少年の健全育成に寄与できるものと考えている」とのことで、米沢市は市の広報やWebページでのPR活動、練習場所の確保、活動場所の提供と調整、経費の負担の面で全面バックアップするという。

今回「米沢市協働提案制度 市民提案型協働モデル事業」に提案を採択された青少年健全育成団体であるKMAポプラフレンズ代表の塩川 智子氏は今回の提案は「歌とダンスを主体としたボランティア活動・社会貢献活動に携わる若年層の掘り起こしを目的としたアイドルユニット造りであり、またジュニアリーダー育成プログラムである」ということと「地味でつまらない活動だと思われている子供たちのボランティアに対する既成概念を変えたい」「彼女たちの笑顔と元気で愛を発信し米沢市、そして山形県を必ず元気にしていく」という目的を語った、またこの事業は毎年公募オーディションを行い今年も9月に20名の2期生を選出し1期生を追いかける形で別々にレッスンを行うという、またユニットの細分化、編成を行う展開も考えているとのことでこれらは順次発表されるとのことだ。12月には1期生・2期生合わせてクリスマスライブとして「感謝の集い」も計画されているという。

既に山形市からの出演オファーも受けているという彼女達、被災地でのステージなども考えているとのことだった。

こ、これは...新しい!!
アイドルの育成がジュニアリーダーの育成ですって!?
気になって、別の記事も探してみました。

続きを読む

沖縄タイムスの記事はこちら

春休みを利用して来県している福島県の小中学生115人が3月31日、市の豊崎美らSUNビーチでエイサーを披露した。子どもたちは市子ども会ジュニアリーダークラブや鼓衆しんかのメンバーと3日間、エイサーを練習。両団体から約30人も共演し、演舞を通じて絆を確かめ合った。

 子どもたちは同日に予定していた東日本大震災復興チャリティーイベント「第2回ウィー・アー・ワン」でエイサーを踊る予定だったが午前の荒天でイベントが中止に。

 天候が回復した午後、市などが子どもたちのために同所でバーベーキューを用意。食事後、宜保晴毅市長らを前に、人気バンド「かりゆし58」の楽曲「ゆい」に合わせて生き生きとエイサーを踊った。

 演舞を見守ったかりゆし58のメンバー、前川真悟さん(31)は「雲間から太陽が出てくるほど、すごかった。きょうはリハーサル。また来年、バンドと一緒にエイサーしよう」と呼び掛けた。前川さんは人気曲「オワリはじまり」のサビ部分を歌い上げ、子どもたちも拍手で応えた。

 郡山市立行健第二小学校の池田脩人君(8)は「エイサーは楽しい。また踊りたい」と笑顔。鼓衆しんかの比嘉良房さん(26)は「子どもたちの頑張りを表現することができて良かった」と話した。

沖縄・豊見城のジュニアリーダーは、エイサー踊りをすることで(沖縄の子ども会の方々と、ここを継続的に読んでいる方には)有名です。
今回は、福島の小中学生と、エイサーを通して絆を深めたそうです。
一つの特技を核にして、ここまで展開できるのはさすがですね。
(はっちー)

(お笑いナタリーの記事はこちら)

「第5回沖縄国際映画祭」最終日となる昨日3月30日、ビーチステージにて「KYORAKU PRESENTS ラフ&ピース ミュージックフェス」が開催された。

音楽、お笑い、ダンスを1度で堪能できるこのイベント。八重瀬町ジュニアリーダークラブによる堂々としたエイサー演舞で開幕した。MCのジャルジャルと野性爆弾が登場し、「最終日です! 後ろまでみっちりのお客さんですねー! 5時間半の長丁場ですが楽しみましょう!」と満員の会場に呼びかけた。

トップバッターはNMB48。淡いピンクの映画祭Tシャツとミニスカートというキュートな姿で登場し、会場が歓声に包まれる中「ナギイチ」など全6曲を披露した。山田菜々は「『ナギイチ』のPVは沖縄のこの場所で撮影して、初披露も沖縄だったんです!」と曲のエピソードを披露。山本彩は「PVの撮影で沖縄は何度も訪れているし、第2のホームみたいです!」と沖縄への思いを語った。

ステージの最後にはプレゼント大会を実施。江崎グリコの新キャンペーンにNMB48が起用されていることにちなんで、大阪・道頓堀にあるグリコのネオン看板より面白いポーズをしたファン5名に、NMB48のサイン入りグッズをプレゼントする。ファンたちは思いのままに面白いポーズを披露。逆立ちでポーズをとる荒技を見せる者も現れた。

NMB48のステージに続いて行われたのは「うちなーダンスちゃんぷるコーナー」。沖縄のダンサー11組がダンスを披露したほか、ゲストとして、ひとりでできるもんとEGU-SPLOSIONが参加した。ストリートダンス以外にもベリーダンスやタヒチアンダンスなど多彩なダンスで観客を魅了。「技術や構成が素晴らしい」「息がぴったり」などEGU-SPLOSIONの的確な発言に対し、野爆・ロッシーは、ベリーダンスの感想を求められ「(セクシーな衣装に対して)男心をグッとつかまれる。セクシーですね」とコメントすると、周りから「ダンスを見てくださいよ!」とツッコまれた。11組の中で大トリを務めたのはSol-T-Shine。昨年2012年にヒップホップダンスの世界選手権で優勝した実績を持つ彼女たちのパフォーマンスに、観客は圧倒された。

11組のダンスパフォーマンスが終了すると、ゲストのひとりでできるもんとEGU-SPLOSIONがBEGINの「オジー自慢のオリオンビール」に合わせてコラボレーションダンスを披露。コミカルさも織り交ぜられた迫力あるダンスパフォーマンスに、どよめきと笑いの歓声が入り乱れた。コーナーの最後には参加したダンサー全員が再登場し、ラストダンスで締めくくった。

ダンスパフォーマンスの興奮冷めやらぬ中、ジャングルポケット斉藤とスパイク小川が登場。会場から「かっこいい!」という声援が上がると斉藤は「よしもとブサイク芸人ランキング3位だよ!」と叫ぶ。2人は音楽とお笑いを融合させたバラエティ番組「バカソウル」(テレビ東京系)から生まれたユニット「サイトウ&オガワチャン」として、小川に対するセクハラを歌詞にした歌を熱唱した。

その後は再び音楽ステージに。RAM WIREのライブでは「名もない毎日」のPVのパラパラ漫画を手掛けた鉄拳が登場し「PVのオファーを頂いて曲を聴いた時、感動して泣いてしまった」とエピソードを語った。そして「名もない毎日」の演奏とともに、会場に用意されたスクリーンでPVも上映され、会場は感動に包まれた。続いては石垣島からやってきた沖縄で人気を誇るバンド・きいやま商店のライブ。沖縄独特の指笛や手拍子が鳴る中「ミルクムナリ」「ドゥマンギテ」のほか、3月7日に開港した新石垣空港PRソングとしてBEGINとコラボした楽曲「おかえり南ぬ島」を披露。広いステージを動きまわり、楽器を振り回しながらの熱いライブに観客は大いに盛り上がった。

ラストを飾ったのはかりゆし58。ボーカルの前川は「沖縄県外や海外からもたくさん来てくれているみたいでうれしい」とコメントし、ライブの最後には「オワリはじまり」を熱唱。会場全体が和やかなムードに包まれながら5時間半に及ぶステージは終了した。

なかなかメジャーなアーティストが集まる舞台の幕開けに、八重瀬町のジュニアリーダーがエイサーをしたそうです。
こういうコラボもあるのですね。
春休みですし、大いに盛り上がったことでしょう!
(はっちー)

毎日新聞の記事はこちら

 皇太子さまも出席して米ニューヨークの国連本部で6日開かれる「水と災害に関する特別会合」で、東日本大震災で被災した女子高生がスピーチをする。被災後に子供の視点を取り入れた街づくりを提言した経験を話す予定で、出発を前に4日、「10代の若い力を復興に使ってほしいというメッセージを届けたい」と抱負を語った。

 国連の舞台に立つのは宮城県立本吉響高3年、三浦ほのかさん(18)=同県南三陸町。震災で海近くにあった自宅は流され、家族で高台の保育園に避難。そこで出会ったのが、小さな子供たちの暗い表情だった。中1から子供会のジュニアリーダーだった三浦さんは「何かできるはず」と本を読んだり、一緒に歌を口ずさんだりするうち、子供たちに「校長先生」と慕われた。

 「復興にジュニアリーダーの意見を反映させたい」と仲間と話し合い、NPO法人の支援を得て小中高生にアンケートを実施。子供たちも復興に関わりたいという思いを持っていることを知り、昨年6月、まとめた提案を佐藤仁町長に手渡した。目玉は「カフェ付き公民館」で、「仮設で地区のつながりはバラバラになったが、以前のような年代を超えた人間関係ができれば」との願いを込めた。

津波にあった東日本大震災の被災地で、ジュニアリーダーが大活躍しました。
国連で、そんな1人である高校生が、国連でスピーチをしたそうです。

世界の人たちに、思いが伝わったでしょうか。
ジュニアリーダーの代表が、ニューヨークに旅立ちました。

(はっちー)

中津市ホームページの記事はこちら

 平成25年2月27日(水)、耶馬溪公民館で「耶馬溪ジュニア・リーダー」の平成24年度卒業式及び修了式が開催されました。
 式では、岡本 一富耶馬溪教育センター長より、高校3年生への"卒業証書"および中学1年生から高校2年生への"修了証書"の交付され、さらに、年間31回の学習会に21回以上参加した原 領平さん、井上 郁さん、木元 寛子さん、木元 友香さん、小河 彩音さんの5人に、精勤者表彰が贈られました。
 式終了後に開催された定例会では、一年間の反省、来年度の活動計画などの話し合いが行われました。また、今回で活動最後となった高校3年生を送る会もあり、楽しい時間を過ごすことができました。

この記事、最後には、

平成24年度の耶馬溪ジュニア・リーダーの活動に、ご協力頂きましたみなさんお世話になりました。
一年間本当にありがとうございました。(耶馬溪ジュニア・リーダー)

なんて添え書きがあったりします。

年間31回も「学習会」なるものがあるそうですが、どんなことをしているのでしょうか。
仲間の写真が晴れ晴れとしているのが印象的でした。

(はっちー)

SUUMOジャーナルの記事はこちら

株式会社LIXIL住宅研究所アイフルホームカンパニーは、経済産業省等により創設された特定非営利活動法人キッズデザイン協議会(本部:東京都港区)の会員企業として活動を行っている。
今回、東日本大震災直後の2011年からキッズデザイン協議会にてスタートした復興支援プロジェクトの一環である"子どもたちの元気プロジェクト"として11月3日(土)、4日(日)の2日間、宮城県石巻市にて開催された『キッズワークショップカーニバル in いしのまき』に出展した。

『キッズワークショップカーニバル in いしのまき』は、ワークショップへの参加により被災地の子どもたちに楽しいひと時を過ごしてもらうという目的に加え、被災地の子ども支援者(子ども会の活動、地域ボランティア活動を行っている仙台市と石巻市内の中学生、高校生の「ジュニア・リーダー」)にワークショップのノウハウを伝える機会としても位置付けられている

子ども支援者が、ワークショップの手法などを体験し、学ぶことにより、このようなイベントを一回きりでは終わらせず、その後もそれぞれの地域で子ども支援者によりプログラム提供を継続できるよう支援し、次世代育成活動に役立てることも目的としている。この考えにアイフルホームも賛同し、今回出展企業として参加した。当日はキッズデザイン協議会会員企業や受賞企業・団体により、2日間で16種類のワークショップが開催され、全体で373名の親子が参加した。

アイフルホームでは、2日間の開催の中で石を生き物に見立てることで想像力を刺激し、子どもの感性を豊かにする「仲間をつくる」、粘土に触れることで、自然に興味を持つきっかけをつくる「思い出を残す」、植物を使った遊びを体験することで、植物に興味を持つきっかけをつくる「松ぼっくりのクリスマスツリー」の3つのプログラムを実施し、3つのワークショップに107名の親子が参加した。また、4日(日)午前中には、ジュニア・リーダーの方々へワークショップ研修を行い、午後は研修を受けたジュニア・リーダーの方も参加して、ワークショップを実施した

【「キッズワークショップカーニバル in いしのまき」開催概要】
●名称:キッズワークショップカーニバル in いしのまき
●開催日:2012年11月3日(土)~4日(日)
●対象:幼稚園~高校生
●会場:石巻市大街道小学校体育館(宮城県石巻市大街道南1-3-1)
●主催:キッズデザイン協議会
●協力:キッズデザイン協議会会員各社、キッズデザイン賞受賞団体
●後援:石巻市教育委員会

ジュニアリーダーが、この機会で得られるノウハウを活用していくキーと位置づけられています。
被災地でがんばるジュニアリーダー。
応援しています。

(はっちー)

沖縄タイムスの記事はこちら

 1603年から3年間在琉した袋中上人を支えたテーラシカマグチと、念仏踊り・エイサーの結びつきを探ろうと、第1回しかまぐち祭りが9月30日、開かれた。豊見城民俗文化研究会(座安正勝会長)とうるま文化協会(宜保栄治郎会長)の主催、市観光協会が共催。字平良のテーラシカマグチの墓前でエイサーを奉納し、市中央公民館では研究家らの講演で考察を深めた。

 琉球に初めて浄土宗を伝えた袋中上人が、郷土化し教えたと考えられる念仏歌に踊りがつき、一説にはエイサーの起源となったともいわれる。豊見城村史(1964年刊)によると、その活動に加わったテーラシカマグチは、市平良の上間親方長胤(いん)やその息子の平良親方長住とされる。

 祭りでは墓前で、関係者とテーラシカマグチの末裔(まつえい)やゆかりの人々が開催を報告。地元の高良青年会、豊見城ジュニアリーダーらが勇壮にエイサーを披露し、奉納した。

 市中央公民館では、うるま文化協会会長で民俗文化研究家の宜保氏が基調講演し、作曲家の杉本信夫氏、豊見城民俗文化研究会の赤嶺秀義副会長、音楽家の喜納昌吉氏が、それぞれ研究の成果や意見を発表した。

 宜保氏は、琉球音楽の伝承に大きな足跡を残した故山内盛彬氏が著作で、袋中上人がテーラシカマグチらと共同で念仏歌を作ったと記していることを報告。「テーラシカマグチは、沖縄で袋中上人の通訳の役を果たした」と位置づけた。また、その墓は「(琉球王府の摂政を務めた)羽地朝秀の墓と同じ形をしていて、位の高い人だったと分かる」と指摘した。

 杉本氏は、県内各地で伝承される歌の音源を紹介し、エイサーの伝播(でんぱ)などを考察。赤嶺氏は「テーラシカマグチは実在の人物と検証できた。この素材を掘り起こし、大事な地域の誇りとして、光を当てていきたい」と抱負を語った。

 喜納氏は「袋中上人の帰国から3年後に琉球王朝は島津氏に侵略され、1879年には琉球処分される。このような歴史を持つ琉球の涙が一番しみこんだのがエイサーだと思う」と表現。エイサーを含む沖縄の文化運動の構築を訴えた。

豊見城のジュニアリーダーは、エイサー踊りで有名です。
何度も新聞記事となっており、写真で元気な様子を見せてくれています。
エイサーの記事に必ず「ジュニアリーダー」の文字が躍ります。

すっかり地元の名物なのでしょうね。

(はっちー)

のべおか市政だよりの動画はこちら

定例会の様子、インタビュー。
市の教育委員会はもちろん、指導者が自分の言葉でジュニアリーダーを語っているのがうれしく感じます。
8年ほど前でしょうか、延岡のリーダーさんも、このサイトに遊びにきてくれてなぁ、なんて思ったり。

子ども達と楽しそうに遊んでいる姿は、ジュニアリーダーの最大の見せ場ですね!

(はっちー)

msn産経ニュースの記事はこちら

 東京都の青少年に対する施策の推進に協力した都民に贈られる青少年健全育成功労者表彰式が18日、新宿区の都庁であった。

 小中学生の先輩役を担う地域の「ジュニアリーダー」を6年間務めた高校3年、越知丈裕君(17)や少年補導員ら60人の個人と8団体が表彰され、84人と6団体に感謝状が贈られた。

 出席した石原慎太郎知事は「ときには厳しくしかることも必要。やさしさだけでは子供は決して育たない」と強調。「社会に耐えられるような若者を育てるのが年配の仕事。皆さんの一層の活躍をお願いします」と激励した。

石原都知事の「年配」という表現からも、おそらく表彰された人は、少年補導員などの年齢層の方が多かったのでしょう。
その中で、ジュニアリーダーが知事から表彰されたことは、記者の目からも目立ったことでしょう。
おめでとう!

(はっちー)

北海民友新聞の記事はこちら

 紋別市子ども会ジュニア・シニアリーダークラブの撮影した映像作品がこのほど、国内外の小中高生が自由な感性で創作した映画を上映する「アジア国際子ども映画祭」の北海道ブロック奨励賞を受賞し、13日に市立オホーツク青年の家で表彰式が行われた。
 同映画祭は俳優の杉良太郎さんが立ち上げ、今年で6回目。今年のテーマは「あなたにとっての命」。映像作品は国内をはじめアジアの12ヵ国・地域から集められ、11月24日に兵庫・淡路島で開かれる国際大会で上映される。
 同クラブは今年8月3~5日に札幌で行った「紋別市子ども会等リーダー養成研修会」での研修風景をビデオカメラで撮影。参加した小中高生の笑顔など「命」を感じることができる場面を選び、3分間に編集して応募した。同クラブが映像コンテストに作品を応募するのは初めての試み。
 表彰式には同映画祭実行委員会の小林昇副実行委員長と川上洋介事務局長(南あわじ市教委主幹)が来紋。小林副実行委員長が同クラブ部長の古内佳代さん(興部高1年)に表彰状を手渡したほか、古内さんら子ども会関係者4人の国際大会への招待状を子ども会の指導を行っている紋別市青少年健全育成推進委員協議会の今正一会長に授与した。
 応募作品をあらかじめ鑑賞した今会長は映像中ある子どもが札幌の宿泊施設に入って発した『おばあちゃんの家の押し入れの匂いがする』の一言に感激したという。「建物の香りをこういう言葉で表現するとは思わなかった。核家族化が進んで世代間交流が薄れる中、『押し入れの匂い』の一言にはその子の家族のつながりを思い浮かべるものがあった」と語った。

北海民友新聞が紋別市を中心に発行していることが大きいのでしょうが、ネット上で紋別市のリーダークラブの活躍をよく目にします。
よく記事になるだけでなく、その内容も特筆すべきものです。

今回は、アジア国際子ども映画祭に出品!
その発想はなかなかないのではないでしょうか。
映像、ぜひ見てみたいものです。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg

最近のコメント



Powered by Movable Type 5.2.3