kaeru.jpg

子ども会 一覧

中日新聞の記事はこちら

 21日に対等合併する近江八幡市と安土町は20日、市や町として最後の日となった。同日付で任期が切れる冨士谷英正市長と大林宏町長は、行事に出席などして最後の公務に励んだ。両市町の職員たちも、土曜閉庁されたそれぞれの庁舎で新「近江八幡市」誕生に向けた引っ越し作業に追われた。

 大林町長は20日朝、防災無線のマイクを握った。「安土町は本当にどこの市町村と比べても劣ることのない優れた生活環境と思いやりのある町です」と述べ、町との別れを惜しんだ。安土保育園卒園式に出席し、28人の年長児に祝辞を述べた。その後、大林町長は、町長室の書類や名刺などを整理しながら「皆さんのおかげで5カ月半の間、町長を無事務めることができた」としみじみ話した。安土町役場正面玄関のネームプレートは、作業員によって「近江八幡市安土町総合支所」に付け替えられた。

 冨士谷市長は、市子ども会育成者大会に出席。4月25日に予定される新「近江八幡市」の市長選に立候補の準備もし、「未来に光輝くまちにしたい」と話した。
た。

合併のニュースの中に、子ども会が出てきました。
今日から、この2つの自治体は合併して新「近江八幡市」がスタートしました。
しかしながら、この合併は、大きな火種を抱えています。

詳しくは産経新聞の記事またはwikipediaを参照。

2自治体の合併が確定した(総務省から告示された)あと、合併を推進してきた安土町の前町長が合併反対派の現町長に負けてしまう。
これがたった半年前。
さらに、合併を推進してきた議会もリコールされ、選挙があったのがなんと3月15日。
合併のわずか1週間前の出来事という...。
結果、議会も合併反対が多数派になり、合併反対決議が出され、今日を迎えたわけです。

非常に大きなわだかまりがある中、迎えた合併。
こうした中で、地域活動である子ども会の連合組織は、うまくまとまっていけるのでしょうか。
もちろん、万全なのだとは思いますが、ぜひ、未来指向のまちづくりが進んでいくといいですね。

(はっちー)

滋賀県子連ホームページの記事はこちら

■全国子ども会安全会共済見舞金のご案内(安全会)
 全国子ども会安全会は、安全会会員が指導者(育成会員)管理下における子ども会活動中に生じた「事故」および子ども会活動の指導上に生じた「事故」を対象として見舞金を支給する制度です。

・対      象:
 滋賀県内の子ども会等の会員、指導者、育成者で滋賀県子ども会連合会会費を納入された方。
・会      費:
 一人年額 120円(子ども・大人同額)〔含:損害保険保険料〕
 会費一人あたり年額120円のうち、3.6円が賠償責任保険料として含まれております。
・加入申込方法:
 ダウンロードページから必要な書類をダウンロードして記入後、所属する学区・市町子連へお申し込み下さい。

今、各地の子ども会では、歓送迎会シーズンであるとともに、安全会の加入シーズンでもあります。
平成19年度に子ども会安全会が全国一律の制度となってから、3月に加入手続が必要となりました。
活動には事故やけががつきものです。
役員交代などで加入手続きがおろそかになりがちですが、忘れずに手続しましょう。

しかし、インターネット上では、こうした告知がほとんどなされていないのはいかがなものでしょうか。
全子連ホームページも、2009年の案内のままです。

おそらく一番しっかりした告知をしている滋賀県子連を今回は紹介しましたが、各地の子ども会の役員さんが困ってしまわないよう、様々な手段を使ってしっかり案内がほしいものです。

(はっちー)

日高新報の記事はこちら

 日高地方子ども会連絡会ら主催の胸キュンキャンプはこのほど、 由良町の県立白崎青少年の家で開かれ、 児童35人が参加。 さまざまな経験を通して交流を深めた。
 
 学校や男女混合の5班に分かれて活動。 夕食の水ギョーザ作り「チャオズ・コンテスト」 では、 エビの背わたをとったり、 材料をみじん切りしたり、 手でこねたりと担当に分かれてテキパキ作業。 コンソメ、 みそ、 キムチ、 トマト、 とんこつなどスープで味比べとなり、 班一丸となって取り組んでいた。 夜はキャンドルファイヤーやゲーム、 2日目の館内ラリーなどさまざまな遊びを楽しむ一方で、 掃除や片付けなどのけじめもしっかり。 ジュニアリーダーなどボランティアのサポートで、 メリハリある2日間を送り、 楽しい思い出をつくった。

和歌山県で、こんな素敵な名前のキャンプが行われたそうです。
一つ一つのプログラムの名前が面白いですね。
遊びだけでなく、掃除や後片付けもしっかり行ったということで、子ども達も、ただのお客さんではなく、一緒に行事を作る子ども会らしい体験ができたのではないでしょうか。

(はっちー)

信濃毎日新聞の記事はこちら

 松本市内の小学生が地域で取り組んでいるまちづくり活動を紹介する「第1回松本っ子まちづくりコンテスト」が28日、同市南部公民館であった。子どもの社会参加を促し、自立できる力を育てようと、市が企画。3団体があいさつや地域防災などのテーマで発表し、それぞれ「環境にやさしいまちづくり大賞」などの賞が贈られた。

(中略)

 庄内地区の「やまびこ子ども会」は、街を「探検」して地元のお年寄りなどから過去の水害の様子や地域の防災設備について教わり、地図にまとめた。筑摩小6年の望月優介君(12)は「災害の危険性が分かった」と話した。

地域の方々に聞いてまわって、地図を完成させたという「やまびこ子ども会」。
普段の生活では出会わない様々な人に出会ったのではないでしょうか。
地域の防災は、地域のつながりが大事です。
良いきっかけになったらいいですね。

(はっちー)

 「子ども会に企業が参画する...」

 こういう切り口は、発想としてなかなかなかったのではないでしょうか。
 石川県子ども会連合会の三国外喜男さんが、このたび、全国子ども会中央会議・研究大会において、こんなテーマの発表を行い、注目を集めました。

 子ども会が今後より一層の活性化するために、今まで子ども会と関連のなかった企業等と良好な連携を持つことができないかを考え、できるとすれば企業等が子ども会行事に参画することによっての効果と、その方策を探ることを目的としているそうです。

興味のある方は、ぜひ、このまま読み進めてください。
子ども会の新しい姿のヒントが隠れているかもしれません。

データ:PDF版はこちら

続きを読む

読売新聞の記事はこちら

 14日のバレンタインデーに向け、〈チョコレート商戦〉が盛り上がっている。

 泉のように液状のチョコが噴き出す機器「チョコファウンテン」を貸し出す飲食店、低価格の商品を充実させた百貨店など、不景気でも手軽に明るい気分になってもらおうという企画が目立つ。

 チョコファウンテンの貸し出しは、福井市西開発の飲食店「ZENIYA」が昨年12月から開始。店内には高さ約1メートル20の大型機器を2005年3月から置き、流れるチョコに菓子や果物をからめて来店者らに味わってもらっているが、「バレンタインデーなどに自宅でも楽しんでもらえれば」と、高さ約40センチの小型機器をレンタルしている。料金は半日で8000円。20人分相当のフランス製高級チョコ1・6キロがセットになっている。

 レンタル件数は12日までに9件だが、問い合わせは今月に入り10件以上あった。地域イベントや企業の懇親会などで利用されているという。子ども会のパーティー用に借りた同市四十谷町、会社員小野支伊子さん(36)は「子どもたちも大喜びで、また利用したい」と話していた。

 同市中央の西武福井店では特設コーナーを設け、チョコやケーキなど約2000種を販売。例年に比べて1000円以下の価格帯を充実させたほか、明るい気持ちになれるカラフルなパッケージの商品を増やした。売れ筋は300~800円という。

子ども会でバレンタインイベントとは、なかなかおしゃれな企画なのではないでしょうか。
レンタル料がチョコレート込みで20人前8000円ですから、単純計算で1人400円。

...手が届きそう!

(はっちー)

東京新聞の記事はこちら

 恒例の「川崎市子ども会連盟羽根つき大会」(市子ども会連盟主催、東京新聞・東京中日スポーツなど後援)が7日、川崎市川崎区富士見の市体育館で開かれた。各区の予選会を勝ち抜いた小中学生と母親約300人が参加し、小さな羽根を真剣に追いかけた。(酒井博章)

 お正月の遊びをもとに、市子ども会連盟が独自のルールを決めて一九五三(昭和二十八)年に始めた大会で、今回で五十八回目。開会式で有馬子ども会(宮前区)の池田亜摘さん(11)と荒木あかねさん(12)が「伝統ある大会で、正々堂々戦うことを誓います」と元気よく宣誓した。

 バドミントンに似たルールだが、羽根を自陣で二度打つことができる。小学生、中学生、お母さんの部でそれぞれ団体戦と個人戦があり、羽子板を手にした選手らがコートを駆け回った。

 六人一組が競う小学生の団体戦では渡田山王町子ども会(川崎区)が、同じ川崎区代表の渡田一丁目子ども会との接戦を制して優勝した。

 決勝は、六人が対戦を終えた時点で両チームとも三勝三敗となり、決着は大会ルールの大将戦にもつれ込んだ。渡田山王町の大将は幸田汐夏(きよか)さん(12)。一月の予選会で敗れた相手だけに「リベンジをしたい」と燃える。三セットマッチで二セット目を落としたが、仲間から「笑って」と緊張をほぐす声援を受け、しぶとく拾い続けた。勝利が決まった瞬間、仲間のもとに駆け寄って泣きじゃくり、「応援してくれたみんなのために勝てて良かった」と抱き合った。

 また、中米・ハイチ大地震の復旧支援のため、市子ども会連盟の子どもたちがお年玉を持ち寄り、十万円を東京新聞社会事業団に寄託。会場で、同連盟を代表して有馬子ども会の鏡味天音さん(9つ)と怜さん(7つ)姉妹が本紙の市川隆太川崎支局長に手渡した。

川崎では、羽根つきで、かなりの熱戦が繰り広げられたようです。
この記事からも、会場の熱気が伝わってきます。

最近、羽根つきって、皆さんの地域ではやっておられますか?
お正月にもあまり見かけないような気がします。
大会にすることで、川崎では、みんなになじみのある遊びになっているのでしょうね。

(はっちー)

静岡新聞の記事はこちら

 三島市子ども会連合会は31日、市民生涯学習センターで「子ども会フェスティバル」を開いた。子ども会活動を多くの人に知ってもらい、入会を促す目的で、児童自らの運営でゲームや工作コーナーなどを繰り広げた。
 会場には「PETボーリング」や「缶積みパズル」などのゲームやペーパークラフトなどのコーナーが設けられ、子どもたちが思い思いに参加した。
 各小学校区の代表でつくる運営委員の児童たちは人形劇「もういちどハッピーバースディ」を上演し、「親と子で絵を描く会」の作品展示なども行われた。中高生や大学生、社会人の活動リーダーたちがサポートした。

子ども会の魅力たっぷりのお祭りが開かれたようです。
ジュニアリーダーなどが小学生の運営委員をサポートしながら、お祭りを作る。
これに参加することが、ひとつの「モデル子ども会」的役割を果たしているようです。
会場に来た子たちに、子ども会の楽しさがたくさん伝わったのではないでしょうか。

(はっちー)

「埼玉県を彩る美しい景色・偉人に会いにいこうよ」

そう題した、とっても興味深いホームページがあります。
なんと、ホームページ上で、彩の国さいたま21世紀郷土かるたで遊べるのです!!

しかも、それぞれの札の場所にたどり着くまでの景色なども見られちゃうという力作。
埼玉県の子ども会・ジュニアリーダーの皆さんには、もうそれはそれはたまりません(笑)

これから市町村大会、ブロック大会、県大会が控えてる選手の皆さんには、
練習にもなる...かも!?
他の地域の方も、ぜひ一度ご覧ください!!

ホームページへすすむ

(はっちー)

毎日新聞の記事はこちら

 姫路市の子ども会でつくる市子ども会連合会の積立金で多額の使途不明金が発覚し、前会長の男性(62)と元女性事務員が計約1650万円の私的流用を認めていることが4日、分かった。2人は昨夏に退任しており、弁済の意向を示している。連合会は近く調査委員会を設置して被害額を調べるとともに、告訴するかどうか検討するという。

 連合会や前会長によると、前会長は01年に就任したが07年ごろに体調を崩して飲食店従業員を失職し、女性事務員に頼んで預金口座から金を引き出し、生活費に充てていた。その後、事務員も流用するようになったという。口座は行事中の子どもの事故などに対応できるよう積み立てていたもので、最大時には約2800万円あったという。

 昨年夏に会計担当者の指摘で使途不明金が判明し、前会長が約1150万円、元事務員が約500万円を引き出したことを認めた。前会長は「子どもたちに何かあったときに必要な金を引き出したことは申し訳ない。弁済を始めており、全額を返したい」と話している。

大変なニュースが飛び込んできました。
テレビでも取り上げられたようです。

MBS(毎日放送)の記事を見る(動画あり)

 「自分ではいけないことやと思ってますよ、もちろん」(姫路市子ども会連合会 前会長)

 (Q.なぜ無断で流用した?)
 「生活費に困っていたというかな、横領じゃない僕の場合は借用です」(姫路市子ども会連合会 前会長)

姫路市子ども会連合会には、姫路市内4万人以上の子どもらが加入し、年に640円の会費と市の補助金480万円をもとにスポーツ大会などを主催しているそうです。
積立金は最大時に2,800万円もあったということで、こんなに内部留保がある市町村子連は珍しいのではないでしょうか。
それはともかく、この積立金、「行事中の子どもの事故などに対応できるよう積み立てていたもの」というので、要するに安全会費なのかな?とも思えます。
しかし、現在の安全会制度では、お金はすぐ都道府県子連に振り込まなければならないので、安全会とは別の用途で集めたものなのでしょうか...(おかしな処理をしていれば、都道府県子連や全子連ですぐわかってしまいますし)。
詳しい方はご教授ください。

ともあれ、子ども一人ひとりから集めたお金を、このような形で着服するなど、もってのほかの行為です。
子ども会の事務局がテレビに映し出されるなんて、前代未聞なのではないでしょうか(筆者としては、書類整理の様子などが興味深いですが、それは別の話)。
今後の行方に注目です。

(はっちー)

このページの上部へ

このサイトについて

子ども会・ジュニアリーダーのポータルサイトです。
活動に関する資料、ニュースなどの情報を集めています。

埼玉の越谷市で活動しているはっちーとあにぃが運営しています。
詳しくはこちら
※子ども会・ジュニアリーダーを知りたい方はこちら


comtop.gif
仲間同士が情報交換や交流をできるSNS。ぜひ登録し仲間に加わりましょう!

RSS 2.0

ニュースのRSS

サイト内検索

最近の写真・画像

  • meeting2014.jpg
  • zenkokupho.jpg



Powered by Movable Type 5.2.3